仁後真耶子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仁後真耶子」の項目を執筆しています。
現在の仁後真耶子さん
(※写真はイメージです)
かつての仁後真耶子さん

仁後 真耶子(にご まやこ、1979年12月2日- )は、日本の弟萌え声優にしてネ申。日本の農業を応援しつつ、タレに豆を漬け込んでタニシに変える事が出来る錬金術師として、最近有名になった。

人物の概要[編集]

ロリボイスもあってぽっと出の新人と思われることが多いが、実はそこいらの声優よりもキャリアがある。なんてったって、あの浅野真澄と「ガンダムガールズ」をやっていたくらい。

高槻やよいをやっているときは、遺影!うっう~夢を見てれぅ~など強烈な電波を発し、アニヲタを一気に涅槃の世界に導くが、素のオーラのなさは異常。そこいらのコンビニバイトの姉ちゃん並みに地味である。ただし、クールな毒舌は切れ味抜群であり、小娘と言って油断は出来ない。

そんな彼女はみんなからまよちょんと呼ばれているが、まよちゃんと言うと岡本真夜を思い出してしまう俺としては残念な気がしないでもない。よく見れば、どことなく、地味なところとお顔立ちがぴーなところが似てなくもない・・・とは口が裂けても言えない。わた蜂まーやまっちょちょんなどいろいろ呼び名はあるようだが、ニゴはやっぱりニゴである。本人の前でまっちょちょんと呼ぶと腕をへし折られる。

ニゴニゴでニヤニヤ[編集]

そんな彼女は、メンヘラ天使を追い出して居座ったラジオ番組で、黒春香閣下との黒の女王対決が勃発、閣下の暴走に暴言で対抗し、フリーダムな抗争が激化すると、ヲタどもを味方につけるためにネット戦略に乗り出した。ニゴニゴ動画なるワンダーランドにTOBを仕掛けて経営権の掌握に成功、多数の下僕を従えて、ついにニゴニゴ動画の女帝として君臨するにいたる。その厳しい戦いは、「平成のソロモン戦役」と呼ばれ、後の世の語り草になった。

彼女の下僕はニゴ厨と呼ばれており、朝の挨拶は「は~い、今日もニゴってる?」であるらしい。彼女がメディアで歌を歌えば、必死にぅpしては、「うっう~」「タニシができれぅ」等とタグ貼りをし、もじゃもじゃ通販から必死にCDを買いまくってひたすら注目を浴びる、それはそれは熱心な馬鹿どもである。彼らにとって、仁後はまるまるすぱぱんであり、在庫がなくなり、財産を全てつぎ込んでもなお、「フレフレがんばれ在庫をウレウレ(売れ売れ)がんばれ在庫」ともじゃもじゃ通販にハッパをかけ続けている。

そんなヲタどもを味方につけた彼女の次の目標は、「ロリコンチャート1位」である。もちろん、この場合のロリコンとは、本人が演じるやよいのことではなく、本人のショタコン属性のことである。

現在は、ナマイキなネギを振る小娘がニゴニゴ動画に進出し、多少気分を悪くされているようである。ここはビシッと序列というものをはっきりさせようと、ネギ振り娘の妹を765プロの廊下に呼び出し、きっちり〆てやったらしい。

ニゴ厨の主なストレス解消法は元気氏ねと2chのスレに書き込むことである。

料理センス[編集]

おいしいビーフストロガノフの作り方

  1. 」、を使う。 
  2. 牛のお肉を、なんかね、味が付いてるの。味付けるの。 
  3. なんかね、あんね、外できっと食べたら、食べた事があるはず。
  4. なんかね、味が濃いからね、あまり まやの好みじゃない!!
  5. あのねぇ、なんか、イメージ的にはテーブルとイスで、なんか、食べる様な感じでね。
  6. つくるのはきっと焼いてると思われる。 
  7. なんかきっとオーブンとかにも入って・・。
  8. あのさ、よくさ、映画とかの釜とかにも入ってるかもしんないなって感じ。
  9. わかんない、あっ、でもあれかも、シチューっぽいかも。```

関連項目[編集]


うっう~、高槻やよいです。この記事「仁後真耶子」は全然内容が足りないのれす。プロデューサーも私と一緒に仁後真耶子の項目を充実させましょう! (Portal:スタブ)