今井メロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

今井 メロ(いまい めろ、本名:今井 夢露、源氏名:ユユキ、1987年10月26日-)は、大阪民国出身のお笑い芸人キャバ嬢。兄はゲームタレントの成田童夢(どうむ)、弟は成田緑夢(ぐりむ)。特技であるラップスノーボードを取り入れた斬新な芸で広く知られていた。

来歴[編集]

中学卒業後、「ユユキ」の源氏名でキャバクラで働きながら細々と芸能活動を続けていたが、スノーボードハーフパイプの代表として2006年トリノオリンピックへの出場が決まったことから、にわかに全国の注目を集めた。これを好機と見るや、彼女は壮行会の場を借りて自作のラップ『夢』を披露し、全国を爆笑の渦に巻き込むことに成功する。その数日後に開催されたオリンピック本選当日には、イタ飯のドカ食いにより5kg以上もベスト体重をオーバーしていたが、体を張った芸(『メロウ720(メロウ・セブン)』)を披露し、世界的にもその名を知られることとなった。

オリンピック以後はぱたりと鳴りを潜めてしまった。しばらく安泰かと思われた「天才スポーツ馬鹿兄弟(笑)」の座もすぐに現れた亀田三兄弟にあっさりと奪われてしまった。

一発屋かと思われたが、ホテトル嬢のバイトをしながら今井メロの夜のメロスペシャル炸裂!生計を食いつなぎ2008年にはぶんか社から彼女のイメージDVDが発売される予定

…と、ここまでの記述は完全に「ネタ」のはずだったのだが、2012年になって風俗関連での勤務経験を事実と認め、自殺未遂や整形手術、レイプの過去を告白。2度の離婚歴に加え、生活保護を受けたり、子持ちの身でヌード写真を公開、アーン♥♥ビデオデビューなど、アンサイクロペディアの斜め上を行く実人生を送っている。

持ちネタ[編集]

ラップ

彼女が壮行会で披露した『夢』は「超絶ラップ」といわれ、今なおカルト的な人気を誇っている。

『夢』(詞:今井メロ)
1,2,3,4 ガンガン ズンズン グイグイ 上昇 
5,6,7,8 毎回 ビッグ キック Check yeah 
夢に描いたショータイム デカイ理想は夢じゃない 
スタート前の深呼吸 パイプショーでmaking making dream 
跳ね上がれ舞い上がれ 魔法のジュータン ボードに変えて 
フロント・バックとかっ飛ばす インディ・メソッド・720° 
戦場・炎上・技・特上 燃えた瞳が物語る 
強い味方がmellowな売り 夢に向かってフルパワー 
あの頃夢見描いた世界は 今この手の中に 
夢・感動・ファンタジー My dream トリノオリンピック
スノーボード

彼女のスノーボードの腕はセミプロ級と言われるほど高く、ネタにも多く取り入れられている。

  • メロウ720(メロウ・セブン)
空中で横に1回転半、縦に2回転、その後腰から着地し、M字開脚したままゆっくりとゴールラインまで滑り降りるというネタ。体を張った非常に危険なネタであるが、オリンピックでも披露した彼女を代表する芸であり、前述の『夢』と並んで最もよく知られている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「今井メロ」の項目を執筆しています。