付け人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「付け人」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

付け人(つ-びと)とは、相撲界における奴隷階級の一つである。

概要[編集]

相撲を始め伝統的な競技や職人の世界では、新規参入者は人権を剥奪され奴隷として服従を求められる[1]。中でも付け人は、「関取」と呼ばれる高次相撲界勤務者への専属配置が行われた奴隷を指す。

付け人は基本的に席次の低い若い力士が勤め、関取一人に対し3~10名が割り当てられる[2]。一度でも関取を経験した者は、たとえ席次が堕ちても付け人をさせられることはまず無い。多くの力士がまず関取を目指すのは、付け人の任から逃れる為である[要出典]。尚例外として、親方や立行司の付け人になる場合はある。

付け人の仕事[編集]

仕事の時間。

彼らの仕事は綱締めや荷物もち、買い物に性処理や尻拭きなど多岐に渡る。中でも重要なのが、サンドバッグになることである。仕える力士が取り組みで破れたり仮想通貨で大損をしたときなど、怒りの矛先を向けさせ自ら殴られる事でその後の取り組みに集中させ、メディアによる追求を防ぐ狙いがある。

本来付け人への暴力は「かわいがり」「指導」として扱われる為、司法的な責任に問われる事はない。ただし近年では周知の徹底が不十分であった為に警察へ通報されてしまい、暴力事件として立件されてしまうケースが多発している。相撲協会では「付け人制度は相撲界の伝統であり、未来へ向けて保護するべき」と公式サイトで周知を呼び掛けている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 雇用契約自体が存在しないことも多く、無賃金無制限の労働を課せられる場合もある。
  2. ^ 関取が出世すると、割り当て人数も増加する。横綱や縦綱は10名を越える事も。

関連項目[編集]