伊勢中川駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊勢中川駅」の項目を執筆しています。

伊勢中川駅(いせなかがわえき)とは、東西の終端にして始点である。

概要[編集]

伊勢中川駅とは、三重県松阪市にある近鉄の駅であり、横浜市のほうに中川駅があるためにわざわ伊勢を強調せざるを得なくなった悲しき駅である。近畿日本鉄道において大阪線名古屋線山田線の分岐となる主要駅であるはずなのだが、駅周辺が観光地でも商圏でもないために駅中ショップも大したラインナップがなく、土産物屋もろくにない地味な駅である。また、ホームのベンチが枕木方向に設置されてものすごく邪魔。

実際、乗り換えに使う人は多い割に伊勢中川駅で乗り降りする人は極端に少ないという本当に乗り換え専門の、できれば乗り換えせずに直接名古屋や大阪や伊勢に行きたいからただの通過駅として過ごしたいターミナルステーションって感じであり、伊勢中川駅自体が重要と思っている人は近鉄職員や鉄道オタク以外にはかなり少ない地元住人ぐらいである。

ただ地味なのは重要さを理解されないために、わざとそうしているのではないかとささやかれているのだが、どうみても負け惜しみにしか聞こえないのは気のせいか。

中川の壁[編集]

名古屋や大阪、そして伊勢志摩に通うためには伊勢中川駅を超えてはならないとされ、分岐によって急行・特急本数が半分となるため通勤通学が無謀なものとなる。特に三重県南部では特急・急行本数が大阪方面・名古屋方面に分割される中川ライン、JRに乗り換えて南紀に向かう松阪ライン、伊勢神宮観光客のためのほとんどの急行で終端になることが多い宇治山田ライン、急行打ち止めの鳥羽ライン、電車の終端となる鵜方ラインと厳密な交通格差が存在する。

文化の壁[編集]

地理的東西分割線が糸魚川を伝うフォッサマグナだとすれば、中川の壁はそのまま三重県、いや日本にとっての文化・経済の壁になっており、経済圏もこの中川を境に分割されている。実際伊賀方面は大阪文化に染まり、四日市や桑名はほぼ名古屋県扱い(そこまで名古屋名古屋していない津市も天むすを名古屋名物扱いされている)である。微妙にずれるが同じ松阪市にある松阪駅も、その境に紀州和歌山の文化にそまる南紀と、もはや独自文化圏扱いされるガラパコス伊勢志摩とを分ける壁となっている。中川周辺、そして松阪市は文化分割の壁ともなっているのだ。

つまり、ベルリンの壁とは逆に伊勢中川駅を爆破したら、東西での経済交流は消えて、文化が混ざって収集がつかなくなることが予想される。西洋のパンと日本のあんをまぜたあんパンぐらいなら問題ないが、そこにインドのカレーをかけたら大惨事となるようなものである。つまり日本文化を破壊したけりゃ伊勢中川駅を破壊すればいい。これだけで交通の要所を失って文化は混じり多様性を失い、そのくせ日本は東西に電車で行きかうことができずバラバラになるのだ。

まあこの理論は暴論ともされており、いくつか明確な反論がある。新幹線があるじゃないかと言われれば東西文化分断地の三重にないと答えるがやや苦しく、かつての大戦で旧日本軍が都市と鉄道だけ支配しても中国は機能停止しなかったことから考えてもひと駅爆破したくらいじゃ意味ないといわれれば、少なくとも三重県民は大困りだというほかない。

松阪市における伊勢中川駅[編集]

冒頭で地味地味と繰り返し、地元住人以外にはそこで降りる意味を見いだせないとDisりまくった当駅であるが、三重を形造る伊勢の国・志摩の国・伊賀の国・紀伊の国に由来する名古屋と大阪と伊勢(ついでに南紀)という三重県四大文化がまじりあわずに止まりごちゃごちゃになるのを防ぎ、そのくせ松阪市の住人は文化中継地の恩恵を受けて伊勢志摩よりのガラパコス文化を築いてきた。伊勢志摩よりというのは駅名を中川駅から名称変更を迫られた時に伊勢の国から伊勢の名をとったことから、松阪の文化がぐちゃぐちゃなのは松阪市民(ついでに伊勢志摩地方の人たちも)の中日ファンと阪神ファンと巨人ファンの割合がだいたい同じことからも察せられるだろう。

実際伊勢中川駅と松阪駅を抱えた松阪市自体の観光資源と言えばよく三重県産ということを忘れられる松阪牛(まつさかうし)と、松阪の英雄とも歌われる本居宣長の記念館ぐらいであろうか。ただ、日本国内なのにいろいろ混じりすぎて長崎のような異国情緒(大半の日本国民にとっては大阪や名古屋が混じった伊勢が混じった町なんて異国みたいなもの)あふれる街となっており、そういう意味では町すべてが異国にある迷路を増やす十字路のような観光地とも言えなくはない。そうした地味だが潜在的には魅力的な観光資源を多く抱えた松阪市ではあるが、どうも観光の決め手を欠いている難儀な町である。

関連項目[編集]