伊勢湾岸スピードウェイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


伊勢湾岸スピードウェイ(いせわんがんスピードウェイ、ISE-WANGAN SPEEDWAY)は、愛知県豊田市三重県四日市市を結ぶ、日本有数のサーキットコースである。旧名で、伊勢湾岸自動車道(いせわんがんじどうしゃどう)とも呼ばれる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊勢湾岸自動車道」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「伊勢湾岸自動車道」の項目を執筆しています。

概要[編集]

紀伊半島の付け根である大阪名古屋の間は、昔から通行量が多く、東名阪高速名神アウトストラーダも近年では渋滞が頻発して低速道路となってしまった。

又、超高規格生活道路である名四アウトバーンも輸送車両や痛車などに占拠されて名前負けしており、スピードを出せないことにイライラするようになった名古屋市民は、強引なドライビングを余儀なくされた結果、有数の重大交通事故件数を誇るようになった。

そこでドライバーが気兼ねなくスピードを出せるように建設されたのが、伊勢湾岸スピードウェイである。

歴史[編集]

名港西大橋。くすんだ赤色が目印である。
  • 1985年:「名港西大橋」の開通
    伊勢湾岸自動車道を語るのに忘れていけないのは、現在の名港トリトン(後述)の1つ、「名港西大橋」である。ちなみに長さは758(なごや)mであり、密かにそこが名古屋であることをアピールしている・・・もう少し堂々とアピ-ルしても良かったと思うが。金城埠頭飛島村間の観光スポットとして最初に建設されたが完全な不発。理由は下記通りである。
    • 初期は駐車可だったが、事故防止のため駐車や徐行が禁止された。
    • バレないように停めても海の他はコンテナぐらいしか見えない。
  • 1988年:「名港中央大橋」「名港東大橋」の開通
    名港西大橋の不発を何とか取り戻そうと、名古屋港最大の観光スポット「ガーデン埠頭」から全景が見張らせる3つの橋がやっと完成。2000年代に便利になるまでは「名港トリトン」なんてシャレた呼ばれ方なんかされておらず、「名港西大橋」「名港中央大橋」「名港東大橋」だった。結果、ガーデン埠頭の集客は多くなったものの、「橋」の通行量は不発。理由は下記通りである。
    • 走っている位置が中途半端で使えない。
    • しょせんはガーデン埠頭のためのパトロンであり、ハリボテである。
  • 1998年:「伊勢湾岸道路」の開通
    名古屋方面の名四アウトバーンまでチョットは行き易くなるものの、飛島方面から行きにくいためやっぱり不便だった。重複するが、まだ「名港トリトン」じゃない。
  • 2005年:「伊勢湾岸自動車道」の開通
    完成当初から「無駄な公共事業」とさんざん叩かれたため、ついに日本道路公団の管理下にしてもらう事に成功。結果、東名阪高速東名アウトストラーダへ接続するようになり、利便性が向上した。この頃やっと「名港トリトン」って名前が完成
  • 近い将来:「新名神スピードウェイ」との接続線化
    更なる利便性と収益を得ようと、ついには大動脈に成り上がる予定である。かつての「観光スポット」ってコンセプトはどこへやら・・・といわれていたが、2013年テーマパーク入場者数ランキングになぜかここの某PAが3位にランクインするなど方向性が変わる。ほかの東名名神のSAPAもそういう傾向がみられるようになった。

特徴[編集]

文字通り伊勢湾(と言っても名古屋港)の沿岸を通る。なおかつ急カーブが少ないため非常に快適に走ることができ、特に名港トリトンの区間は気持ちよく走れるオススメコースだ。
そのためエクストリーム・ドライビングの有名な開催場所で猛スピードで走る車が多く、時速140km前後は当たり前。道路が空いていれば時速160km以上で走る車もざらにいる。
インターチェンジから本線に入る時は猛ダッシュしないと、後ろから追突される可能性があるので注意が必要である。
なお上り線はみえ川越IC、下り線は豊田南IC手前に記念撮影カメラが取り付けられおり、ここで優秀な記録(おおむね156km/hが目安)を出したドライバーには、もれなく国から高額な記念撮影と赤い光を受けられる。

ちなみに豊田東IC~四日市JCT間ではトヨタ自動車の新車のテスト走行にも使用されており、時々走っているところを見ることができ、某試験車両の撮影プロ集団には持って来いの場所である。

主な経由地[編集]

通行中の観光スポット[編集]

観覧車から見る緑はオアシスと同じ色だ。
  • 湾岸長島パーキングエリア
    足湯が設けられているのが珍しく、売店では市価より少し高めのタオルも売ってくれる。自動車道を挟んで向こう側にはナガシマスパーランドジェットコースターを見ることができる。あとは・・・だだっ広い公園。様々な車関係のオフ会会場としてもよく利用されている。
  • ハイウェイオアシス刈谷
    当時はPAに観覧車が設けられているのが珍しかった。壮大に広がる田畑を堪能できる。また売店では魚を売っている場所もあって、魚臭い。それになぜかテーマパーク扱いされており、ディズニーリゾートとUSJに次ぎ、3位の座を同じ沿線付近にあるナガシマリゾートと入場者数で争っている。(さらに同じ沿線付近にオープンしたとても安いとは思えない入場料など相反するコンセプトのレゴランドが参入し戦国時代へ?)その前にイタリア村という自治体ができたがすぐ消滅・・・・

関連項目[編集]


ご迷惑おかけしています この伊勢湾岸自動車道は一生懸命作られましたがマスコミの評価は手抜き工事です。
優しい業者さんに補修工事をしてもらえたら国民も現場の人も喜ぶでしょう。 (Portal:スタブ)