伊坂幸太郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊坂幸太郎」の項目を執筆しています。

伊坂幸太郎(いさか こうたろう、昭和46年(1971年)5月25日-)とは、日本の小説家である。

経歴[編集]

千葉県松戸市に生まれる。幼少時から読書が好きで、いつか自分でも書きたいと思っていたものの、読書感想文など学校の作文課題では最低の評価をもらっていた。と言うのも、あまりに描写がリアルで当事者の興奮と感動をダイレクトに伝え過ぎたために「読み手を楽しませようと過剰な演出を文中各所に散りばめるあたりが非常に生意気であり、一言でいえば子供らしくない。むしろ忌々しいくらいで、{{Ugly}}にしてやりたいくらいだ」と判断されたためであった。また、周囲の友人たちも彼の書いた文章を見て「こうたろう君のかくぶんしょうは、ぼくたちにはよくわからない」として{{解読困難}}という評価を下していたため、彼はすっかり自信をなくしてしまい、自分の書く文章を人に見せるのをやめ、自分自身も心身ともに引きこもりがちになってしまった。そのため、彼の青春は千葉県立小金高等学校東北大学法学部……と、文学とはまったく関係ない学歴によって埋め尽くされることとなった。少なくとも表面上は。

そんな彼が再び自分の文章を世に出したのは大学卒業後、システムエンジニアとして働いていた時であった。2000年に後の代表作となる『オーデュポンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞したのをキッカケに小説家としてデビュー、ここへ来て自分の才能をいかんなく発揮できる……と、作家一本で食べていけると勘違いし、会社を辞めてしまった。これが大きな間違いで、受賞作で一冊本を出してそれがヒットを飛ばしたくらいで、いわゆる「印税生活」ができる(=本の印税で食べていける)などというのは中二病であり、無意味なたわごとに過ぎないのである。が、この頃はまだ作家としてデビューできた事で有頂天になっており、そんな現実などくそくらえで次々に作品を書き上げ、継続して(それなり以上の)ヒットを飛ばしたのであるが、これはまったくの運である。こんなパターンを夢見て小説家を目指すとろくな事にならないので注意が必要である。

その後『ラッシュライフ』(2002年)で評論家どもに(色々な意味で)目をつけられるようになり、『重力ピエロ』(2003年)が直木賞の品格を汚すピンジャとして騒がれる(=ノミネートされる)ようになると、問題作家として一般読者に広くその名が知られるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』(同年)で第25回吉川英治文学新人賞を受賞すると、その有頂天ぶりがますます文学界のピンジャとしてその名を馳せるようになったのであった。更に『チルドレン』『グラスホッパー』(2004年)、『死神の精度』(2005年)、『砂漠』(2006年)が直木賞候補となるが、あくまで候補は候補のままとして残念な結果に終わったが、その名前を世に知らしめるという本来の目的を達することはできたので、よしとしている。その他にも本屋大賞第1回から第4回まですべてノミネートさせ、散々焦らした挙げ句に第5回『ゴールデンスランバー』で大賞を受賞したが、その勢いで第21回山本周五郎賞まで受賞できるとは思っていなかったようだ。なお、もう名誉と称賛には食傷気味だったのか、同作が直木賞候補にノミネートされた時は「どうでもいい」として辞退している。

作風[編集]

かくして「ミステリー文学界に伊坂あり」として世に名をなした幸太郎であったが、その作風は常に「村上春樹のパクリじゃね?」と言われ続けており、本人が必死になって「違う、そんな事ない! むしろ島田荘司を心の師匠と慕っており、彼の存在なくして今の自分はありえない、なんで彼に似ていると言われないんだ!」と機会あるごとに主張し続けたが、似ていないものはあくまで似ていないのであり、やはり村上春樹のインスパイアにしか思えないのは仕様である。また、尊敬する映画監督ジャン=リュック・ゴダールや作家の先輩である夢枕獏や漫画の神様・手塚治虫などからその手法をちょいちょい拝借している(あくまで借りているのであって、パクった訳ではないというのが彼の主張である)。

また、作品舞台は自分が現在在住している仙台市であることが多いが、これは「取材のために遠くへ行くのは交通費がもったいないのと面倒だから」という理由によるものであるらしい。きっと動物占いでは小鹿タイプに違いない。また、初期の作品におけるストーリー構成はそのほとんどが勧善懲悪であるが、これは「人物描写が薄っぺらくなるものの、やはり王道で一定の需要があり、細かなことを考えなくて済むから」という理由によるらしく、非常に大雑把な人柄がにじみ出ている。ついでに、プライベートで一人息子とよく口喧嘩を繰り広げ、その口汚い罵り文句から新しい発想が浮かんでくる事があるとかないとか。また、そのまま登場人物のセリフとして流用することもある。