伊志嶺翔大

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊志嶺翔大」の項目を執筆しています。

伊志嶺・マイケル・翔大(いしみね・まいける・しょうた)は1988年生まれ千葉ロッテマリーンズに所属する屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツの選手である。

概要[編集]

小学校1年生のときに野球を始め、2年生の時にイチローからサインをもらったことをきっかけにプロの屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ選手を志すようになった。

地元の強豪校である沖縄尚学高校では甲子園で2度の代打出場に留まったが、東海大学に進学し2年生時にレギュラーとなると4年生の春までにベストナインに3回選ばれ、世界大学野球選手権では日本代表チームの主将を勤めるなど、ハンカチ世代きっての実力派である。

ヘブン状態!!

2010年度ドラフト会議の結果、ハンカチ王子のクジを外したお菓子屋さんに外れ1位で入団。しかし外野には既に幕張のご主人様OMTという不動のレギュラー2人に加え、5月に膝の怪我で離脱したもののイチローに匹敵する俊足を誇るピノ、同じく俊足でイチロー並みの守備範囲を誇るクモ男、やたらとチャンスに強い笑顔が眩しいおっさん野球少年などの若手が控えており、誰もが「また俊足型の即戦力外野手なんか獲ってどうするんだ?」と思ったことだろう。

ところが蓋を開けてみると、ピノはショートにコンバートされたもののまたもや膝を負傷し離脱、OMTは統一球に苦しみ絶不調に陥り、野球少年ご主人様は死球を受け戦線離脱してしまった。

こうしたチーム事情からレギュラーを掴むと実力を発揮し始め、6月12日の赤い貧乏球団との試合では両親と沖縄からちょっちゅ野球を観に来たおじさんの見守る前で値千金の勝ち越し3ランホームランを放ち、自身初のお立ち台に立った。
その際、故郷の沖縄から来たおねーちゃん達に囲まれバットを触られた伊志嶺は両親の目の前でヘブン状態になってしまったが、その影響か成績も上昇し2011年8月時点で打率3割、2本塁打に20個以上の盗塁を決め新人王の最有力候補である。千葉リヨー

特徴[編集]

  • あだ名は「マイケル」マイケル・ジャクソンに顔が似ているため。
  • 小さい頃はよく海に潜って魚を捕まえる野生児だった。
  • さすがにイチローや同僚のピノほどではないが、クモ男と並んで脚が速い。
  • 守備力も水準以上であり、センターを守るクモ男を中心に工藤きよたんとトリオを組んだときの外野守備力は間違いなく12球団イチ。
  • ホームランを量産するほどのパワーはないが長打も多く、シュアなバッティングで率も残せる好打者である。
  • しかし、ロッテの選手には珍しく変態ではない飛び抜けた派手さがないためか若干地味な印象を持たれがちである。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他[編集]

  • 応援歌の歌詞には「イーヤーサーサー!」「チバリヨ」沖縄の言葉が使われているほか、メロディも琉球音階をベースに作られている。カッコいい。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊志嶺翔大」の項目を執筆しています。