伊豆急行線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊豆急行線 (いずきゅうこうせん)は、静岡県伊東市の伊東駅から静岡県下田市の伊豆急下田駅を結ぶ、伊豆急行の鉄道路線である。伊豆急行鉄道の車両のほとんどが、JR伊東線に乗り入れ、熱海まで直通している為、伊東線も伊豆急行線の一部である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊豆急行線」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊豆急行」の項目を執筆しています。

概要[編集]

1950年に勃発した箱根山戦争(伊豆戦争)に勝利した五島慶太率いる東急軍が敷設した伊豆半島東部を南北に渡って走る路線である。激しい戦闘によって沿線の地形はところどころ崩壊してしまった為、隙間をぬって建設した。その結果、線路の1/3がトンネルで海沿いを走る「リゾート」路線にも関らず、ほとんど海が見えない。

開業当初は、温泉街を走る路線ということで観光客で賑わっていたが、次第に衰退していった。沿線には観光ブームに乗ってイケイケどんどんで建てられたホテルの廃墟が多数点在し、廃墟マニアにはひそかに人気の路線となっている。

伊豆急行線内の収入が先細りしている為、ボスの東急電鉄からJRへの侵略を命じられている。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):45kmちょい
  • 軌間:1000mmちょい
  • 駅数:15駅ちょい
  • 単線区間:全線。これがネック。すれ違いで特急列車を停車駅でもない駅で運転停車する為、乗客からクレーム殺到である。
  • 電化区間:全線(直流1500V・架空電車線方式)

運行形態[編集]

普通列車[編集]

伊豆急行線の普通列車のほとんどがJR領である伊東線に侵略してくる。そのくせJRの普通列車は全て伊東止まりである。無駄に豪華なリゾート車両が多いが、多くの乗客は伊東までに降りるので、伊豆急行側にとっては何のうまみもない。

特急列車[編集]

JRの特急「踊り子」や「第3文型特急」がメインで走っている。特急列車においてはJRの侵略を許してしまっている伊豆急行だが、土休日は、自社「リゾート踊り子号」を東海道線に派遣し熱海から先の侵略に成功している。最近では立川や鎌倉方面へも進出し、伊豆急行の侵略活動は留まることを知らない。

JR用の踊り子の車両が他地域の民からみて急行以下のものにしかみえないのは、伊豆急行の名前にあやかったものであり、決してJR側が手抜きしている訳ではない。

車両[編集]

8000系
主に普通列車に使われる。ボスの東急電鉄のお下がりをもらった。
2100系
愛称は「リゾート21」。伊豆急行の顔とも言うべきフラッグシップ車両。普通列車で使われているが、以前は東京駅まで乗り入れたり、新製直後には東急線を走ったこともある。1次車・2次車は100系の機器流用車であり、すでに廃車解体となっている。
3次車は「キンメ電車」となり、金目鯛のごとく赤(と白)に塗りたくられている。車体にはかなりの脂がのっており美味とされる。以前は開業50周年を記念して100系と同じカラーリングの「リゾートドルフィン号」として走っていた。イルカのマークがラッピングされていたが、伊豆半島で野生のイルカを見る機会はほとんど無く誤解を与えるデザインであった。
4次車は「黒船電車」となり、黒船をイメージして黒塗りにしたいかついデザインとなった。まさに侵略者にふさわしいデザインである。東京駅、立川駅、鎌倉駅といったJRの多くの駅に出没し侵略活動をしている。黒塗りなので運転士にも強面の者が選ばれやすい。万が一追突したら(ry
5次車は少し丸みを帯びた「アルファ・リゾート21」としてデビューしたが、現在はミトー化され「ロイヤルエクスプレス」として走っている。かつて某アニメの痛ラッピングをされたが、そのアニメがあまり流行らなかった為、話題にならなかったという黒歴史がある。最近ではJR北海道侵略応援すべく、北の大地へ出向いて興行を行ったりもしている。
3000系(2022年頃運用開始)
あの元祖走ルンですがまさかの伊豆急進出。3000系という名に改名される事が決まった。導入が報じられた当日、Twitterのトレンドに「伊豆急」というワードが載ったといえば衝撃の大きさが伺えるであろう。話題性は大したものだが、10年もしないうちに200系(下記参照)と同じような末路を辿っているかもしれない

過去の車両[編集]

100系
開業時に製造した車両。食堂車を連結したり、165系みたいな車両がいたり、カエルのラッピングをされたりといろいろカオスな電車だった。引退後は1両だけ残っていたが奇跡の復活を遂げ、動態保存車として走り回る機会を与えられた。しかし保安装置の基準に適合しなくなるとの理由から、二度目の引退を余儀なくされてしまった。
200系
JRの車両性能を測るために譲り受けた色違いのかぼちゃ。ボスの東急8000系の方が性能がいいと分かり、数年であっさり廃車になった。

関連項目[編集]