会津鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「会津鉄道」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「会津鉄道会津線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「会津鉄道」の項目を執筆しています。

会津鉄道(あいづてつどう)とは、福島県会津若松市西若松駅と福島県南会津郡南会津町会津高原尾瀬口駅を結ぶ会津線を運行している会社である。ユーモアに溢れた会社として知られ、鉄分過剰のアンサイクロペディアンにも人気の路線である。本項では運行している会津線についても記する。

会社概要[編集]

さてこの会社はいろいろと話題の第三セクター方式の会社である。1984年にまだ酷鉄だった会津線が国鉄合理化の口実の元、ゴミ箱に捨てられていようとしていたためにそれを助けるべく作られたものである。3年後に無事、会津線を転換し会津線を開業させた。現在はいろいろと頑張っており、一部区間は電化もしている。ただし本当は野岩鉄道東武鉄道から検閲により削除を行われ無理矢理やらされたとも言われている。又、国鉄JRから見捨てられた三セク路線をこよなく愛する東武鉄道からりんかい線との直通を打診された。福島県に直流の走ルンですは要らない、と断った。

会津鉄道会津線の概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「会津鉄道会津線」の項目を執筆しています。

会津線は上記の通り西若松駅と会津高原尾瀬口駅を結ぶ路線である。この路線は酷鉄時代、酷鉄にふさわしく、殆どの駅はホームだけでありとても良いサービスが行われているとは言えなかった。そこで会津線が会津鉄道として開業するにあたって、様々な改良が行われた。ただし線路は当時のままということはあまり知られていない。

車両[編集]

酷鉄線からの転換時、線路こそ保障されていたものの車両はポンコツであったために、新車を導入する必要があった。しかし金に余裕があったわけではないので、様々な経費削減が行わると同時に、手抜き車両を発想の転換により素晴らしい車両としている。

トロッコ列車につかわれる車両。
プラネタリウムをイメージした車内。何故か提灯があるが、ネタでありユーモアである。
窓ガラスを設置しない
一部の車両ではガラスを設置せずに旅客運転についている。通常なら客から苦情がくるだろうが、「会津の心地よい風を受けながら走る」というPRにより主に観光客から人気を博している。
閉店する飲食店などから畳・テーブルを買い取り、お座敷車両として運行している。JR各社はぼったくりでグリーン車料金を請求しているが、会津鉄道では整理券として300円で乗車できる。
プラネタリウムもどき車両の運行
一部車両ではトンネル走行時に電気代節約のため蛍光灯を消し、天井の蛍光塗料と提灯による明かりをネタとすることにより物珍しさから人気を博している。
宝くじ号の運行
会社が買った宝くじが偶然当たったときの賞金で車両を製造し、運行している。日本宝くじ協会の広告を貼ることにより、広告収入を得ている。
トロッコ列車の運行
本来は貨物列車につかうトロッコ車両に客を乗せて運行している。会津の自然を眺めながらのデンジャラスな乗車を楽しめ、鉄オタトレインサーファーから人気がある。
特急車両の運行
名鉄から買い取った気動車特急車両を快速列車として運行している。タダで特急車両に乗れるとあって人気がある。しかも名鉄で処分に困っていた車両なので、安く買い取ることができ、一石二鳥であった。

[編集]

会津線の一般的な駅舎。
木造駅舎。これでも新しい方である。
会津線各駅の一般的な駅長。

酷鉄時代の会津線の駅は駅舎が無かったので、会津鉄道は苦肉の策として沿線で廃屋となっていたわらぶき屋根の家を買い取り、ちょっと移動したり線路を曲げたりして駅舎とした。ところがその後、全国的にわらぶき屋根が激減したことに加え、わらぶき屋根の駅舎は非常に珍しいため、マスコミで取り上げられる程になった。囲炉裏もちゃんとあるのも人気の一因である。一部では木造の駅舎も使われているが、会津鉄道らしくないということで鉄オタからの評判は良くない。悪くも無い。といっても木造駅舎は全国的には珍しいので、やっぱり人気はある。

又、駅長を雇う金が無いので多くの駅でそこらへんのノラに管理を委託している。この方法もまた奇抜であり、観光客から人気を博している。

Nemurineko.jpg この節を書こうとしたノラネコ駅長は途中で寝てしまいました。
あとは適当に頑張ってください。(Portal:スタブ)

ダイヤなど[編集]

チョー大まかには1時間に1本、列車が運行されている。ただし、中には快速列車が紛れ込んでいるためどうでもいい駅は列車本数が減少する。

会津田島駅~会津高原尾瀬口駅間では電化されているが、変電所がへっぽこで容量に余裕が無いので、数年前のダイヤ改正時にダイヤが若干変わって大人の事情によりこの区間の列車は以前の4両から2両になっている。亀戸発着ができるようにするためだが東武王国が拒否っている。押上の仇を亀戸で討つという発想がないことを嘆いている。

廃止されずに残った理由[編集]

鉄オタの非難の的になることが多い国鉄再建法が出された当時、会津線は只見線の支線のようなものであり、一部で有名な日中線と同じ運命を辿るかと思われた。ところが野岩鉄道がなんとか開業されることが決まり、東武王国から会津方面への新しい路線網が期待されたのでなんとか残ることができた。同時に当時の社長がユーモアに長けており、荒廃していた駅・車両の整備を先述の様々な方法でユーモアに改良した結果利用者が増えたことが決定打となり、現在も無事に運行されている。

その他[編集]

  • 会社設立時の社長はユーモアに満ち溢れていたので、アンサイクロペディア管理者ではないかとも言われている。
  • 車両全てが何かしらのユーアモが練りこまれているわけではないので、平凡な車両が来たからといって会津鉄道に苦情を言わないようにしましょう。
  • 寝過ごすと浅草喜多方まで連れて行かれるので、注意が必要である。なお、弥彦まで連れていかれた場合はまだ目覚めていない。アンサイクロペディアンならではの夢の途中である。何時間眠っているんだい。
  • 会津鉄道の切符は基本的にJTB等の旅行代理店でもサーバーが見つからないため購入できない。現地購入となる。
  • 山口県民や鹿児島県民がのると600%の確立で殺害されるので注意すること。

関連項目[編集]