低俗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この様な女子に向けて発言するのが基本的な使い方である。

低俗(ていぞく)とは、人物及び物体に対して発言する褒め言葉である。

使い方も多様で、この言葉だけでも十分な効果を示す。日本語の中でも古くから親しまれている言語の一つでもある。インターネットでも広く活用されており、主に2ちゃんねる等の掲示板でよく活用されている。日常の会話にも取り入れる事によって会話がはずみ、親しみが持てるようになる。漢字小学校で習う様な簡単な物なので、手紙などの文章でも書きやすいことが知られている。

低俗の文化[編集]

日本の低俗文化は、秋葉原で浸透していき、しだいに他の都道府県へと広まっていった。この低俗文化の発祥地である秋葉原では、現在も低俗な人々が日々活動を続けている。

秋葉原の低俗な人々はテレビゲームにもなる程。

低俗な人々の中には、低俗少女低俗な獣娘も存在している。この2者は共に共存し合う低俗人種だと言われている。この様に秋葉原で生まれた低俗文化は瞬く間に成長し、都市の発展にも貢献していると言えよう。

低俗人種[編集]

前述の秋葉原で低俗文化と共に進化を続けている低俗人種には、実に様々なタイプの人間が存在する。

メイド
最も代表的な低俗人種である少女。元々は屋敷ご主人様と呼ばれる雇い主の下で働くお手伝いさんであった。ヨーロッパから日本に輸入され、独自の文化を持つようになり、近頃は日本各地に喫茶店を作り出した様である。(参考 NHK
猫耳
低俗少女と共存しながら生活している人種。人間の筈だが特殊なのような耳を持つ低俗生命体。
どのような過程で誕生したのかは不明である。現在、この獣娘の生態研究が行われている。一説によると、NHKが極秘裏に作り出した人工生命体ではないかと言われている。
巫女
日本古来の低俗人種。元々は神社で働く健全な女性の事を指していたが。低俗文化の開花により、秋葉原に生息分布を増やす事となった。容姿は「かんなぎ」と呼ばれる装束を身に纏っている。こちらも独自の文化を持つようになり、巫女達の手で茶屋を開いたようである。その為か、低俗少女と縄張をめぐっての争いが絶えない状況になってしまった。この事で、巫女と低俗少女はお互いを天敵とみなしている。

低俗の社会における影響[編集]

著名な戦争まんが「はだしのゲン」にも低俗文化の影響が見られる。

低俗文化が現在の社会に浸透して行き、今や所々で低俗な物が見られるようになった。この事は、誇り高き日本独自の文化を汚すものとして軽蔑され、排除するべきだと唱える活動も行われている様である。実際に、低俗文化が社会における影響は少ないとされているが、地域住民の独断と偏見により低俗的な物に対し反対運動が日増しに強くなってきている。この事に猛反発した低俗な人々は、反対する地域住民との抗争を余儀なくされた。そこで低俗な人々は同様に低俗文化を支持するNEET名無しといった仲間を集め、遂には政府をも巻き添えにした戦争へと発展してしまった。この戦争についての記録は全く存在せず、未だに戦争の現状は不明とされている。

低俗の世界進出により、多くの事件が発生するようになった。

低俗の進出[編集]

今世紀に入ってから急激な進化を見せる低俗文化であるが、遂に海外への進出が見られるようになった。この事により、低俗文化は更なる進化を遂げるであろうと学会で発表された。しかし、この低俗の進出は多くの問題を抱えていると指摘された。まず一つ目の問題は、低俗関連の事件が増加してしまう事である。今までは日本という限られた範囲で文化が成長して行ったが、世界への進出の為、世界各地で事件が起きる可能性が高まってしまうとされ、学会でも大きく取り上げられた。二つ目は、低俗人種の繁殖による生態系の破壊である。世界各地で低俗文化が芽生えれば、そこに新たな低俗人種が誕生してしまい、生態系のバランスが大きく崩れるであろうと発表されるに至った。この事は今、日本でも問題になっており、低俗人種がこれ以上増えると地球全体の環境そのものが変化してしまうだろうと言われている。この二つの問題を抱えた低俗文化は、この先どの様に発展していくのか、それを見極める事が今の我々にとって必要な事である。

関連記事[編集]