佐々木団

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

佐々木団(ささきだん、SD)とは、阪急王国兵庫県西宮市辺りに現在構築中の「涼宮ハルヒの分裂」に登場した武闘派組織である。

概要[編集]

橘京子が涼宮ハルヒSOS団のような集団を作りたくて、SOS団員と対立する人達を集め結成した集団。ただし、肝心の団長にまるでやる気がないので、今にも分裂(自然崩壊)寸前である。

主な団員[編集]

佐々木(ささき)
くっくっが口癖の団長。
キョン中学校時代からの知り合いで、よくつるんでいた。自称、キョンの親友。愛称に「変な女」がある。
自分では凡人と言ってるけれど、明らかに市外の一流進学高校に進学した秀才
でも中学生時代の言動が一部奇矯だったり、ルー語で話したりするので、色々と誤解の種になっている。
存在自体が「分裂」序盤の最大の罠である。諸事情あってハルヒを憎んでおり、そこを橘に付け入れられてしまう。
「佐々」が苗字で「木」が名前である。
藤原(ふじわら)
未来人
パンジーが好きで、の寒い中で30分以上見つめていたりする変態な二枚目。朝比奈みくるの属する組織を倒そうとし、橘と手を組む。
読者から「ぴーをこいつが口にしてもあまり楽しくない」、「そもそも男だからどうでもいい」と言われており、恐らく4人の中では最も人気が無いと思われる。
「藤」が苗字で「原」が名前かと思われたが、「藤原とでも呼ぶがいい」等、本人の言動を見るにおそらく偽名だろう。
佐々木団のメンバーの中でキョンがもっとも嫌う男で、藤原自身もキョンは勿論、他のこの時代の人間達を見下している。ただ、この時代に自分の先祖と因縁のある人物がいる様であり、密かにその所在を調べている。
時間を自在に操る能力があると言われている
橘京子(たちばな きょうこ)
超能力者
魔道師思考宇宙破壊理論の狂信者。一見まともなだけ、たちが悪い。
必死になって朝比奈みくるを誘拐しようとして失敗したり、キョンを勧誘しようと支離滅裂な演説をぶったりした。このため、しかもこの一件でキョンは橘京子に対して強い敵意を持つ様になった。
佐々木団を結成した張本人で、佐々木を裏で操り、古泉一樹の所属する「機関」を倒そうとしている。そのため団の結束を固めようとしている。でもメンバーの選定を誤ったため、一人で空回りしている。
500円玉以上の現金を認識できない奇病に冒されている。
ファンからは「きょこたん」という愛称を付けられている。ネーミングの由来は、「ハルヒ」のファンであり2007年の「愛は地球を救う」でハルヒのコスプレで出演した中川翔子の愛称の「しょこたん」からという説がある。
周防九曜(すおう くよう)
宇宙人
広域帯宇宙存在、別名「天蓋領域」(別名のわりにあまり短くなってない)が、散々変な干渉をした挙句にこのままじゃ埒があかないことにようやく気付いて作成した。
でもクロック数が足りていないので、欠陥品。というか壊れかけ、それをカバーする為、橘と手を組む。
好物は昆布である。同じ無口の長門有希に信者が付く事を妬み、彼女(と所属する情報統合思念体)を滅ぼそうとしている。
キョンに何かしら興味があるらしく、佐々木によれば「半径2メートル以内の範囲で同時存在してみたい」と語っていたそうだが、彼に近づこうとする目的については不明。但し、「あなたの―瞳は―とても―きれいね」と言ったり、谷口をキョンと間違えて2ヶ月も付き合っていた事からすると(下記の「詳細」の中の「周防九曜」の項を参照)、恋愛目的の可能性も否定は出来ない。
キョンは他の佐々木団のメンバー同様に初対面の時から嫌悪感を抱いており、「仲良くなりたくない」との事。
ファンからは「くーちゃん」という愛称で呼ばれる事がある。

詳細[編集]

この項目では、団員の真実に迫ってみるッ!!!

佐々木[編集]

佐々木団長御尊影。橘は一日五回拝んでいる
佐々木…なのか?
隣にいるのは…

僕っ子。アニメでは森永理科小林沙苗に担当してもらいたい。

散々伏線を引かれていた人。キョンの事が好きで本当は目標高校が全然違うのにも関わらず、わざわざキョンと同じ学習塾を選んで、それを口実にキョンの自転車の後ろに乗るのを毎週のひそかな楽しみにしていた。古泉一樹の評価では「実に魅力的な女性」とのことなので、美少女と言っても間違いない筈。

現在は、キョンと将来結ばれるために必要な、人生設計を綿密に組み立てているところだ。高校進学してもキョンに目をつける女はいないだろうと甘く見て、わざと1年間離れて「これって遠距離恋愛?」とか考えていたのだが、それが裏目に出てしまい、キョンの好きな人の候補から外される。さあどうする?

古泉一樹や谷口とくっつくSSが散見されるが、書いた途端に佐々木信者からフルボッコにされるので注意が必要である。

藤原[編集]

アニメでは福山潤に担当してもらいたい。

個別項目があってもなかなか加筆してもらえないかわいそうな人。『涼宮ハルヒの陰謀』では、記憶デバイスを奪おうとしたり、誘拐事件を起こしてみたりと、色々と暗躍したが、結局失敗したのを「既定事項だ」と言い張って誤魔化した。「藤原」というのは、実は佐々木にあこがれてつけた偽名。といったように、結構可愛いところがある。本当の自由を知りたがっている。

橘京子[編集]

アニメでは清水愛に担当してもらいたい。

『涼宮ハルヒの陰謀』で、誘拐犯として初登場したときには名無しさんだった。キョン曰く、「笑顔には可愛げの成分がタップリ振りかけられている」との事なので可愛いと評しても良い筈。 若い割りに、「機関」の敵対組織の幹部を勤めるほどのやり手。佐々木の閉鎖空間に入ることができるので、異常なまでに彼女の心理状態に詳しく、信頼している。信頼しすぎているので、今にも手を出しそうだ。今にも手を出しそうだ。佐々木さん逃げてー!

周防九曜[編集]

アニメでは斎賀みつきに担当してもらいたい。

佐々木団の無口担当。彼女の場合、「――」(ダッシュ)が使われるのが特徴だ。間違えても、「……」(三点リーダー)を使ってはならない。キョンと谷口を間違えて2ヶ月付き合ってたが、最近やっと気付いて別れたお茶目さん。キョンを狙っている。長門有希を強制開放しても意思疎通をすることは出来なかった。しかし喫茶店での一軒をきっかけに、もしかすると穏健派の喜緑江美里と交戦しそうだ。涼宮ハルヒの分裂終盤にて一足先に戦いを始めた事から好戦的なのかも知れない。

他メディアへの進出[編集]

NHKの朝の連続テレビノベル「ちゅるやさん2」に宮内亮治率いる悪の組織「呂決斗団」のメンバーとして登場した事がある。ここでは佐々木団ではなく、「呂決斗団四天王」もしくは単に「四天王」と呼称・表記されている。やはり橘京子が中心になって結成されており、しかも彼女は呂決斗団の結成に於いても重要な役割を果たしていて、宮内の側近兼秘書という重要なポジションに付けられている。なお、佐々木は続編の「ちゅるやさん・ザ・ムービー」に、九曜は「ちゅるやさん3」に天蓋姐さんと共にそれぞれ再登場している。このドラマシリーズに登場した悪役の中でも非常に強力な存在である。

関連項目[編集]

Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「佐々木団」の記事を執筆しています。
団員一覧
Haruhi.jpg この項目「佐々木団」は団長に関連した書きかけ項目よ!パソコンの前に座っているSOS団員諸君!早々とこの記事に加筆しちゃいなさい。わかったわね!以上! (Portal:スタブ)