佐藤利奈

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

佐藤利奈(さとう りな、1981年5月2日 - )は、日本の声優、副業として介護士の肩書きを持つ。声優界一優しい人柄と評価され、かの小泉純一郎前総理から表彰をうけたこともある。趣味は人助け、好きなものはみんなの笑顔。また、リアル鬼ごっこの真の主人公。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐藤利奈」の項目を執筆しています。

人物詳細[編集]

1981年福岡県北九州市で生まれる。環境に恵まれ、堅気の中で健やかな幼少時代を過ごす。幼稚園に入学した頃から桐生一馬の如く正義感が強く、周りの園児たちからはりにゃ様と呼ばれていた。小学校入学直後から告白やラブレターの嵐に遭い大変迷惑していたが、性格が優しいだけに断り切れなかった。この頃から声優を目指す。中学進学後、初めて学級委員になり、生徒から高い支持を得る。高校は声優の専門学校に入学し、神のような頭脳で試験をことごとく合格して、声優になる。2008年、映画『リアル鬼ごっこ』にゲスト出演しモノほんの主人公に抜擢されたが、映画で主人公がなぜ翼なのかは検閲により削除だ。また、何気に容姿が良いが、当時は太めだった(本人談)。その当時のあだ名は「変身後のザーボン様」(理由についてはGoogleでイメージ検索しやがれ)。彼女はザーボン様と違って変身してスリムになった模様。

人望[編集]

彼女の人望はと呼んでもいいほど厚く、信頼度も非常に高い。アニメなどの収録でなにか困っている他の声優がいたら、友人で無くても、「どうしたの?」と暖かい声をかけ、いろいろと相談に乗ってあげている。佐藤曰く、「これも人助けの一つ」。ネギま!のラジオの最終回における小林ゆうの、佐藤との別れを惜しみ、感極まっている様からは佐藤の人望がうかがえるが、一部ヲタからは「これは百合の絡みであり、非常に男性を興奮させる」という指摘がなされている。

性格[編集]

非常に優しい性格で、泣いている子供がいたら「泣かないで」と声をかけアメ(コーラ味or)をあげる、など善良な行為を行う心の優しい性格だが、キレると非常に怖い。そのためかみんな佐藤を怒らせないようにしているが、佐藤本人は怒る気すら毛頭ない。それどころかみんなと仲良くしていきたいというのが佐藤の目標である。その優しさは、あの声優界のイヌ面悪魔(趣味はセクハラ)に「脚を見るくらないならいいですよ」とおかずを提供してしまうほどである。

また、二重人格者でもあり、心の奥底で「リーナ」という別の人格が眠っている。また、同じ声優であり、 みなみけで共演した、井上麻里奈にベタ惚れされており、みなみけ3話収録終了後、井上に、「今日一緒に飲みに行きませんか?」と誘われ、飲みに行き、その後酔った勢いで井上の自宅に連れ込まれた佐藤は、そこで女の子の大事なものを奪われた。麻里奈に大事なものを奪われた声優は他にも藤田咲牧野由依井ノ上奈々などがおり、みな麻里奈からの呼出しを心待ちにしながら毎日を過ごしている。

極度の愛猫家。カレー嫌い同盟に加入しているほどカレーが嫌いなことはファンや声優からはとても有名である。

お姉さんキャラ[編集]

声質とその性格からか、女性役を演じると大抵、「長女」(或いは「」)という肩書きが無条件に付いてくる。 これは現代の王道である「ツンデレ」を彼女自身があまり演じないことから、他の声優にその系統の役が回る=そうなると、バランスをとるためにお姉さんキャラが必要になる、という現象によるものではないかと思われる。

結果、現在において、彼女はデフォルトで「姉」のライセンスを取得していると言える。

なお、彼女の妹たちはかなり個性が強い。井上麻里奈茅原実里水樹奈々ささきのぞみ(×20000 ※そのうち10031人は死亡)、日高里菜戸松遥田村ゆかり花澤香菜など。

中には佐藤利奈よりも早く生まれている人もいるが誰も気にしないドラえもんにちゃっかり出ていることも無論誰も気にしない

しかし、ぴーアニメで注目を浴びたアニメうみねこのなく頃に小野大輔の妹になった。

「変態」疑惑[編集]

2008年12月31日から2009年1月1日にかけて生放送されたラジオ番組内において、手相占い師により「根が変態」という結果が暴露される。更に関智一「SEXも変態ってことですか?」という発言に対し、場の空気に流されたとはいえ「私は淡泊な方」と堂々発言。女性声優が自らの性生活について言及することは極めて異例であり、収録現場に同席していた黒猫こと藤村歩や、実はその道のエキスパートである後藤麻衣はあまりの気まずさに言葉を失っていた。この放送事故ともいうべき事態に、2ちゃんねるの佐藤スレッドが荒れるのではと懸念されたが、「佐藤利奈=エロい」と思っているスレッド住人は全くの無反応。むしろ「予想どおりだった」と好感触であり、スレッド住人の懐の深さを思わせる結果となった。ちなみに、同放送において佐藤は自らの胸が「Dカップ±1」であることを公に認めたり、疑似フ○ラを実演したりするなど、「エロい女」ぶりを存分に披露。どんなに自分が否定しても「根が変態」であることは誰の目から見ても明らかであった。 というよりも、エロゲーに出演している辺り、変態なのは明白であった。

「絶望した!佐藤さんの優しさに絶望した!」
佐藤利奈 について、神谷浩史絶望先生
「利奈ちゃんは酔うとかわいいからなあ!」
佐藤利奈 について、イヌ面の悪魔
「優しいってレベルじゃねーぞ!」
佐藤利奈 について、モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾ
「ちょっと!わたしのりにゃたんに触らないでよ」
佐藤利奈 について、井上麻里奈

その他[編集]

  • ネギ・スプリングフィールド役で知られるりにゃ。いいえ、男装の麗人説かも。まちがいないぞ。
  • やたらとイラストが上手いりにゃっち画伯。いいえ、一人じゃないから。魔法じかけは恋のライバル。まちがいないぞ。
  • 実は弟が一人さとりな。いいえ、乃木坂春香の秘密では声優ユニットにも参加。まちがいないぞ。

いいえ、ケフィアですぞ。

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「佐藤利奈」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)