保健体育

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

保健体育(ほけんたいいく)とは、性に関する知識を向上させる教科である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「体育」の項目を執筆しています。

概要[編集]

保健体育は健全な身体の発育を目的とする「体育」と、生活環境に合わせたメンタル面の育成を主眼に置く「保健」の教育を柱としている教科である。若者にとって興味のある事柄を取り扱うためか、学校教育に導入されてから現在まで生徒に高い人気を誇っており[1]、出席率や受講態度は全教科の中でもトップクラスである。

ところが、被教育者である少年らは保健体育の受講前日から発情していることが多く、彼らの目にはしばしば教科内容全体が性に結びついているように見えてしまうためか[2]、この教科の健全な教育を施すのは困難を極める。こうした現状に有識者らは「好きこそものの上手なれ」という言葉を引き合いに楽観視しており、保健体育は事実上、性教育そのものとして定義されつつある。

学習内容[編集]

近年の保健授業の風景を描写した漫画作品。予習・復習を行う生徒の割合が如実に示されている。

体育[編集]

体育科目をカリキュラムにもつ学校では、身体機能の向上という健全な目標は少年らの妄想によって隅に追いやられ、授業は教師に代わってセックス暴力が分担していることがほとんどである。[3]。これにより、生徒らが授業で得た性に関する知識を実践するとともに、集団で性欲の発散を行うという大変効率的な教育の場となっている。

詳しくは体育の項目を参照のこと。

保健[編集]

正しく性の知識を学ぶことを目的としている。生物の教科書から生徒が興味ありそうなところを横取りした科目である。そのためか生徒らによる予習復習が非常に活発であり[4]、学力の向上がめざましい教科として広く認知されている。

通常、授業で用いられるのは文部科学省検定済教科書や学校推薦の参考書ぐらいである。ところが近年、出版社らは軒並み保健教科へ興味を示しており、独自のテキストを作成する動きがみられる。中には歴史上の性文化を研究したものや、生理学・物理学によって最適な性行為を究明するといった学際的な文献もあり、学問教育の一助を担っていると有識者らは指摘する。

なお、保健の被教育者らの年齢にあわせ読みやすいテキストを作るという活動もみられ、これに対する漫画家や出版社らによる熱意は尋常ではないほどである。とくに少女向けのコミックは保健授業の追随を許さない内容となっている。

脚注[編集]

  1. ^ キンゼイ報告による。
  2. ^ キンゼイ報告による。
  3. ^ キンゼイ報告による。
  4. ^ キンゼイ報告による。

関連事項[編集]