俺以外全員ソックパペット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「俺以外全員ソックパペット」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

俺以外全員ソックパペット(おれいがいぜんいん―)とは、アンサイクロペディアンウィキペディアンが罹患する精神病の一種。この病を発症すると辺り構わず妄言を吐くようになり周囲から冷笑される。ちなみに、どんなに症状が末期的であっても健康保険は給付されない。

概要[編集]

患者(右)と管理者(左)を描いた図。

俺以外全員ソックパペットという病の存在は、英語版ウィキペディアが発足した直後から密かに囁き続けられてきた。MediaWikiの性質上、チェックユーザーでもされない限り個々のアカウント個人情報を公開することはなく、それぞれが自称する信憑性の低い情報を鵜呑みにするしかなかった。そのため、悪意をもったユーザーはすぐにこのシステムを悪用し、多重アカウントを取得してはそれぞれになりすますことで、しばしばプロジェクト全体を混乱させようとした。このようなソックパペットの蔓延とその弊害は、ウィキペディアンをして容易に疑心暗鬼に陥らせたのである。その中でも特に繊細な神経をしているような利用者は、ことあるごとに「○○は△△の靴下人形なのではないか?」と根拠もなく思い込むようになる。ここまでならば単に猜疑心が強いだけでしかなく、個人の資質である。しかし、この疑いが確信に変わってしまうと、外部の掲示板などで「○○はソックパペットだ」などと曰い始める。しかし当然、妄想でしかないわけであるから真面目に相手にされる道理はない。追い詰められて孤軍奮闘の格好となったそのユーザーは、いよいよ○○の会話ページや井戸端にまで乗り込んでありったけの妄想をぶちまけるようになってしまう。

この時点で、そのユーザーはコミュニティを疲弊させる不良ユーザーに成り果て、彼が嫌悪する憎むべきソックパペットと同列にまで落ち込んでしまったわけである。結果的にそのユーザーは、意見や正義感を全て否定され、あまつさえウィキペディアで活動することすら許されなくなる。すると、自らのアイデンティティーを全否定された彼は、そこに巨大な一つの悪意を見て取る。「俺のブロック動議に参加したやつは、全員△△の靴下人形なのではないか?」と妄想は際限なく膨らみ、一般利用者も管理者も誰も信用できなくなる。こうした悪循環を経てそのユーザーはますます孤立を深め、疑心暗鬼と被害妄想の虜となってしまうのである。

以上に述べたような病気の進行や症状は、ウィキペディアだけに留まらずアンサイクロペディアチャクウィキユアペディアも同様である。適切な治療を受けなければ、もはやその他のインターネットコミュニティでさえもまともに参加することはできなくなるだろう。

罹患過程[編集]

過程4の患者を描いた図。

一般的な俺以外全員ソックパペット罹患過程は以下のようなものである。

  1. ソックパペットによって不当な扱いを受け、マイノリティとして迫害される。この際、本当に相手がソックパペットであるかどうかは関係がない。
  2. 2ちゃんねるの専用スレッドなどで「○○と××はあいつ(管理者・一般問わず)のソックパペットだ」という書き込みを繰り返すようになる。
  3. が、そこでも住人から「妄想乙」や「撹乱乙」などと罵られ続け孤立。結果ますます追い詰められる。
  4. そして我慢の限界を超え、該当アカウントの会話ページや井戸端にまで乗り込み、ありったけの妄想をぶちまける状況にまで陥る。
  5. しかし当然ながら誰にも相手にされず、そのままリアルでも恨み言や呪いの言葉をぶつぶつ呟き始める。就寝中にうなされたり奇声を発したりするようになる。
  6. 一周回って譫妄状態になり、「○○たんは俺の嫁!」などと喚き散らす。
  7. 投稿ブロックされる。
  8. 意識レベルが極端に低下しているため、別アカウントを取得して同じことを繰り返す(以上無限ループ)。

治療[編集]

薬物療法では根本的な治療になり得ないため、荒療治が必要となる。原因の一端はパソコンスマホ、あるいはインターネットであることから、ISP携帯の契約を全て解除し、静かな山間地域などで時間をかけて療養するのが効果的である。ただし、その人の性格にも多分問題があるので、基本は二度とネット環境に戻ってこない方がよい。また辛い目に遭えば、症状がぶり返してしまい、お互いにとって不利益な結果をもたらしてしまいかねない。社会復帰する場合は、農業林業など、労働の喜びを最大限味わえる職場が望ましい。そのような環境を整えることができないならば、回線を切って首を吊るか、ネットに繋がる全ての端末をから投げ捨てるしかない。

結論[編集]

俺以外全員ソックパペットなどというものは所詮個人の妄想の産物であり、現実的にはそのようなことは絶対にあり得ない。仮に実現しようとするなら、24時間365日不眠不休でウィキペディアなどのサイトに貼り付いておらねばならない。体力的にも精神的にも人間の限界を超えてしまっているし、何よりそんなことをしても全くメリットがないのである。くだらない妄想と戯れている暇があるなら、そんな考えはさっさと捨てて、もっと有意義な時間を過ごすべきであろう────と、結論付けたいところだが、「24時間365日不眠不休でウィキペディアなどのサイトに貼り付いて」いる奇特な素性の管理者や専従者がうじゃうじゃいて、自らのソックパペットを次々に暗躍させ、無辜の一般利用者の編集を今日も妨害し、激怒させ孤立させ絶望させ続けているのだ[事実]。嗚呼、哀れな子羊たち…。

関連項目[編集]

この項目「俺以外全員ソックパペット」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)