偽通

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「偽通」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

偽通(にせつう)とは、通ぶっている人々である。別名「酢豆腐」「半可通」。

概要[編集]

日本では、古来から「通」という言葉が用いられてきた。特定の分野に関する優れた知識や能力を持つ人々を指す言葉である。例えば、「寿司通」なら寿司の業界用語やマナーをよく知っていたて新鮮なネタを食べ分けることができるような人々であったり、「温泉通」なら有効成分から牛乳の品ぞろえまで世界各地の温泉の情報を知っているような人々であったり、という具合である。そんな彼らは、カッコイイ物好きな日本人の心を刺激し、同時に憧れの対象にもなった。

そこで生まれたのが偽通である。偽通は、通ぶってわざわざ言わなくていい知識を口に出したり、知ったかぶりをしたり、自分の能力を周囲にひけらかしたりする。しかし、それを見ている人々からは最終的に通ぶっていることを見破られ、煙たがられたり、避けられたりするだけで逆効果に終わってしまう。また、実際に本物の通並みの知識や能力を有する者でも、必要以上に周囲に自分をアピールする者は偽通に分類される。

特徴[編集]

偽通の殆どは、自分は「通」であり専門的な知識を持っていると勘違いしている。そのせいか、基本的に上から目線で、周囲の人々を「素人」と馬鹿にして見下したり、自分の知識の自慢をべらべらと語り続けたりする者が多い。

また、いきなり株式市場の裏テクニックを紹介し始めたりギターについて熱く語り出したりするが、実は株式市場は昨日始めたばかりで、ギターに至っては段ボールと輪ゴムで作ったおもちゃギターを部屋に飾っているだけということもある。

流派[編集]

偽通にはさまざまな流派が存在し、それぞれの流派によってその性格や口癖が異なる。

偽グルメ通[編集]

自分が「グルメ」だと勘違いしており、デートの際に高級レストランを紹介するのはいいが、初めて行った店なのでフランス語の料理名を言い間違えるなどのハプニングが相次ぐ。メニューが外国語で書かれてあって読めない場合はあえて「一番高いのを下さい」と言うが、料金が足りなくて割り勘にしてしまい、フラれる。

また、グルメレポーターぶって以下のような発言をすることも知られている。

「お口の中でジュワーッと広がりますね。外はサクサクで中はフワフワです。幸せですこの美味しさを世界中の子供達に分けてあげたいですね。」
グルメレポーターの真似をして昨日テレビで見た表現を使ってみるが、食べ物と感想がかみ合わないことが多く、最終的には抽象的な感想になってしまい何を伝えたいのかよく分からない。
「鮮やかなワインレッドに映る星の光が輝き、瑞々しい甘みと仄かな苦みとともに華やかな香りが広がり、懐かしくどこか切ない哀愁が漂う。」
わざわざ飲んだワインの感想を詩のように伝える。わざわざ日常会話で用いられない表現を使い、長々としたポエムを披露する。
「この店なかなかいい店なんだよ。知る人ぞ知る名店ってやつ」
自分の発見を人に自慢したくて仕方ないタイプの偽グルメ通。他の人が知らない名店を知っているということに訳の分からない優越感を抱いている。
「え、このお店って席でお金払うの?」
食事の最後で化けの皮が剥がれ、無様な姿を晒す典型である。このような者は、女性が化粧直しに行った隙を突いて、スマートに三井住友VISAカードを店員に差し出し、何事も無かったように涼しい顔でいられるなんてわけが無い。小銭で脹らんだ財布を慌ててポケットから引っ張り出し、小銭を店の床に盛大にぶち撒けて店内を騒動に叩き落とすのである。

偽芸能通[編集]

芸能界に関する知識や能力をアピールしたり、何でもかんでもお笑いにつなげてボケとツッコミを強要させたりするタイプ。自分は明石家さんまの生まれ変わりではないかと信じている者もいる。偽芸能通の口癖には、以下のようなものがある。

「このCM面白いね。大流行の予感がするよ。」
CMを見るとき、一般人ならCMで宣伝されている商品の内容しか気にしないが、偽芸能通の場合はあくまでCMを「お笑いネタやアルバムのような作品の一種」と捉えているため、このような発言をする。いきなり「ここはもう少しコストを抑えられるのではないか」などと言い出す者もいる。
「そこはツッコメよ。」
この発言者は日常会話をフリートーク番組のリハーサルと勘違いしており、またあたかも自分がその司会者であるかのような気分に陥っている。「フリートークがうまい自分」をアピールするためにボケとツッコミを織り交ぜたトークを披露するが、誰にも振り向いてもらえない。この場合、「お前らはお笑いを知らないんだな」と言うのがオチである。
「ほら離婚するって言ったでしょ。」
芸能人の結婚会見を見ては「このカップル絶対うまく行かないよ」などと不吉なことを言い、偶然予想が当たった時は周囲の人々に自慢しまくる。偉そうなことを言っているが、単に「出来ちゃった婚」・「年の差カップル」・「芸人と女優の結婚」はうまくいかないという偏見を持っているだけである。

偽人材通[編集]

人材発掘タイプ。言うならば偽スカウトである。スポーツに関心を持つものが多く、自分は万年補欠だったくせに「こいつは大選手になるぞ」などと言って見せる。口癖の例としては、次のようなものが挙げられる。

「俺がスカウトだったらこの金の卵を見逃さないのになあ。」
プロ野球のドラフト会議で、どの球団も指名しなかった選手を評価する。その選手がプロになれないことが決まった途端、自分の予想が外れる可能性も外れるため口が軽くなるようである。
「俺、この歌手がブレイクする前から好きだったんだよ。処女作の『Hoge - Hoge』って歌いいよね。」
売れっ子歌手が売れる前から目を付けていた自分の目利きをアピールするために自慢するが、これは前日にウィキペディアで調べて知識を蓄えた上での発言である。
「ほらこの芸人ブレイクするって言ったでしょ。」
実際には爆笑オンエアバトルなどで数回見ただけなのに、さもお笑い界を知り尽くしてるかのように豪語する。「エンタ芸人なんかよりはるかに面白いのに」などと言って、すでに売れている芸人を馬鹿にする傾向も強い。

偽経済通[編集]

偽人材通の行動範囲をスポーツや芸能から社会経済に拡大したタイプ。いわゆる「意識高い系」が多く、「既存の経済観念は既に破綻している」「新しい概念を使いこなせる者だけが上に行ける」と言い出す。しかし実際には詐欺師予備軍でしかない。

「汗水垂らして働く時代は終わったんだ。これからはより短い時間で効率的に儲ける時代だ。」
デイトレーダーや相場師が一日数時間しか働いていないと本気で思っているが故のセリフ。株式投資や先物取引は24時間経済情報を収集し常時アンテナを研ぎ澄ませていなければいけない過酷な頭脳労働だとわかっておらず、チャラチャラした姿がPR用だと気付けない。汗水垂らすほうが、基本給出る分絶対楽[要出典]
「何でこんなちゃんとした儲け話を信じられないの? 出口までちゃんと成立している商材を疑うような人間は一生底辺だよ。」
どう考えても詐欺臭い商材を持ってきて、即断即決を求めるという無茶な行動を取る。彼らに言わせれば「損をするのが失敗じゃなく、行動しなかったのが失敗」らしいが、詐欺で身ぐるみ剥がされてホームレスまで落ちて尚「行動したから成功」と言えるのか? 所詮は世間知らずのボンボン、人間は「欲」と「悪意」で出来ていて社会には「損をする話」と「大損をする話」しかないということを知らないのである。
「金儲けが悪だっていう日本の伝統こそ悪なんだ。」
下記の偽日本通にも通じる一方的なものの考え方。そもそも「儲けすぎ」を批判する世代は団塊以降…というか戦後の悪平等教育に染まった団塊世代であり、ほかの世代はそのとばっちりを受けているだけである。昔から言う「立身出世」というのは名誉だけでなく金も込みであり、「出世して大金持ちに!!」という夢は誰もが抱き続けた夢。数が多すぎる団塊はそれが敵わず「みんな平等に中流がいい、儲けすぎる奴は敵」と傷を舐めあっていたのである。

偽日本通[編集]

寿司や日本酒、華道に茶道、その他日本に関する薀蓄を語り尽くすタイプ。洋食を食べることを極端に嫌ったり、好んで和式便所を使用したりする。以下のような口癖を持つ。

「俺、布団じゃないと寝られないんだよね。」
これは、ホテルに泊まったとき、部屋にベッドしかなかったときの発言である。せめて気分だけでも和の心を味わうため持参した浴衣を着て寝るが、ベッドの上ではだけて全裸になる。そして次の日の朝、ベッドのせいにする。
「やっぱり日本の伝統食は良いね。栄養価も高くてヘルシーだし。」
ことさらに昔の日本を美化するタイプ。「スローフード」「田舎の味」などと言って、昔の日本の食生活への回帰を目指す。実際には伝統的な日本食には栄養学的問題があり、ビタミン不足、塩分過多で脚気や脳卒中の流行を招いている。現代の日本食は近代以降に栄養学的観点を含めて改良がなされている事は、さりげなく無視されている。つーか、そこまで言うなら玄米食を実践してみろ。
「“わさび”って“わび・さび”が語源なんだよ。そう言えば日本の心ともいえる畳や抹茶もわさび色だね。」
間違った薀蓄を自慢げに語るタイプ。おそらくその場で思いついたものと思われる。周囲の「へぇー」・「そうなんだぁ」という声を求めるが、その程度の知識ではトリビアの泉に投稿しても20へぇ程度しか得られない。

偽文学通[編集]

自分が文学に通じていることをアピールしたいのはもちろんだが、読んだ小説から長文をそのまま会話に引用したり、他の偽通に比べても圧倒的な長さを誇る自慢話を延々と語り続けたり、と迷惑度は抜群である。電車の中、仕事の休憩時間、レストランの待ち時間などでは常に本を開いており、読書好きをアピールする傾向もある。

「好きな作家は誰?僕は石川淳が好きだな。あれいいよね、批判的な作風がさあ…。」
夏目漱石芥川龍之介など有名な作家は避け、あえて知名度がそれほど高くもない作家を選ぶことによって通であることを強調する。しかし、自慢話の途中に「で、石川淳の著作って何?」と挟まれても正確に答えることができずに恥をかく。
「今小説書いてるんだけどさあ、主人公がタケルという名前で、父の実家の近くに竹林があって、それにちなんでタケルと名づけられたらしく…」
自分で小説を書いていることを誇りに思い、自分の文章に酔いしれ、周囲の人間にひたすらその小説を見せる。しかし、まるでオートマティストのように自分の夢の中を書き連ねただけの文章はわかりにくい。興奮しながら文を書いているため、句読点が少なく、一文一文がやたら長くて読みにくい。また、この発言のように、予備知識のない人に自作の登場人物の薀蓄をいきなり語りだすタイプは重症である。聞いている側も耐えながらじっと聞き流すしかない。
純文学っていうと、やはりサナトリウムで交わされる男女の高尚な会話、ってのがステレオタイプだけどね。」
全然ステレオタイプではない。サナトリウムの男女がテーマになったのは、堀辰雄の小説「風立ちぬ」だけだ。元々、結核をテーマにした小説の最初は徳冨蘆花の「不如帰」で、サナトリウムの男女なんて登場しない。その後、「不如帰」の人気に続けと、結核をテーマにした二番煎じ小説が量産された。後々登場した「風立ちぬ」があまりに有名になってしまい、結核小説の典型として上書きされたため、こういう誤解をしている人間は多い。最近はスタジオジブリの映画によって、誤解がさらに広まる事になった。

偽歴史通[編集]

自分が歴史に通じている事をアピールするが、実は広さと深さの両面で知識は大した事が無い。コーエーのシミュレーションゲームをプレイした者に特にその傾向が強く、日本の戦国時代と三国志について僅かな(偏った)程度の知識しか無いのに、自分は歴史について博学であると勘違いしている。そのくせ、同じコーエーのゲームでも無双のファンを見下したりするから、始末に負えない。最近はおたく男性が歴女にモテようとしてして、付け焼き刃で歴史の知識をかじる傾向がある。これについては後述の「偽やおい(BL)通」を参照。

「コーエーの『信長の野望』シリーズの前田慶次の能力値の高さって、異常だよね?少年ジャンプの漫画にモロ影響されてる。システムソフトの『天下統一』の能力値のほうが、史実に近いと言えるね。」
自分の知識はコーエーのゲームだけじゃない、という必死のアピールであるが、早くもボロが出ている。前田慶次は史料が非常に乏しいから、後世において自由に人物像を創作できたのであって、どっちが史実に近いかなどという議論は無意味である。というか、史料豊富な戦国武将の場合でも、ゲームの能力値が史実に近いもへったくれも無いのである。つーか、"前田慶次"と呼ぶ事自体が、漫画の影響大。本名は「前田利益」(しかも異説あり)である。
諸葛亮って日本では人気高いけど、中国統一に失敗したひとりに過ぎないし、中国ではあまり人気無いよ。中国で一番人気が高いのは、抗金の名将:岳飛だね。」
自分の知識は三国志に偏っていないぞという必死のアピール。あえて孔明と呼ばず諸葛亮と呼ぶあたりでも、かなりの通を気取っている。しかし、某有名小説家の受け売りである事は明らか。「岳飛以外の抗金の名将を挙げてみろ!」と問いかければ、たちまち馬脚を現す。辛うじて答えられても、名将のひとりの韓世忠ではなくて、息子で本来ならドマイナーな人物である韓子温や、あるいは岳飛の部下に過ぎない牛皐を挙げたりして、たちまち付け焼き刃が明らかになる。
「正史の『三国志』における諸葛亮の評価が低いのは、父親を諸葛亮に処刑されている、著者の陳寿私怨が原因なんだ。」
上記よりはハイレベルと言えるが、これも付け焼き刃が明らか。陳寿が諸葛亮の評価を貶めたというのは、『晋書・陳寿伝』に書かれている事だが、清代において王鳴盛や趙翼による綿密な考証によって、事実無根と論破されている。そもそも原典である『三国志』をよく読めば、不当に貶める内容など何ひとつ書かれていないのは明らかである。

偽スポーツ通[編集]

野球やサッカーの中継を見ながら、いちいちプレーについて文句を言ったり、「この選手は最近調子がいいな。監督も起用した甲斐がある」と采配にまで口を出したりする。

「バットはもっと大切に扱うべきだ。デッドボールを当てられたからといって地面に叩きつけてはいけない」
デッドボールがあるたびに同じことを何度も言うが、自分はテレビを見ながら箸を机に叩きつけて「トンネルするなよ!」などと叫んでいるくせにこの言い様はないだろう。
「ディフェンスラインが上がりすぎだ。オフサイドを狙うのもいいが、ドリブルで抜かれてしまってはキーパーと1対1じゃないか。マークももっとしっかりするべきだ」
サッカー中継をテレビで見ているときの発言。サッカー戦術に長けていることをアピールしたいのだが、その直後、解説に「ディフェンスラインを上げる戦術は効果的です。マークにこだわらない自由な動きが魅力的ですね」とテレビ越しに真っ向から反論されてしまう。

偽水樹奈々信者[編集]

目立ちたいがために信者になろうとし、ようつべニコニコ動画水樹奈々の動画を漁る。しかし、本当の愛に欠けるのでぼろが出る。 ※信者が沸くと困るので、具体的な発言については割愛させていただく。

偽東方厨[編集]

お友達が欲しいために東方Projectに目を付けて東方厨になりきる。だが、こういう奴らは原作ゲームからではなく、ニコニコ動画のMAD動画やBGMをいじくり倒した「東方アレンジ」、Pixivの投稿イラストで知った口である。

「東方ってギャルゲーだよね。」
登場人物が幼女女の子ばかりなので、見た印象だけで決め付けている。ゲームの内容自体ではなく、しょぼいZUN絵キャラクターのグラフィックにしか興味がない、二次厨だと吐露していることに気付いていない。そもそも原作ゲームをプレイしているのかも疑わしい。
「東方は音楽も良いよね。『最終鬼畜妹フランドール・S』とかさ。」
ファンが編曲したアレンジ曲を原曲だと思い込んでいる事例。当然だが原作ゲームはプレイしていない。
早苗さんって巫女さんになる前は女子高生だったんだぜ。 」
ファンが作った二次創作ネタを公式設定だと思い込んじゃったパターン。無論、原作ゲームなんぞプレイしていない。その誤った知識を持った輩、あるいは間違いと知りつつも金儲けを企む輩が、同人活動を行ってしまい、新たな偽東方厨を生み出すと言う悪循環に陥っている。彼らは自己発電が得意なのだ。

偽やおい(BL)通[編集]

あまりに趣味がアレなので彼女ができない。その事を自覚したおたく男性が、同じおたく(腐女子)の中から彼女を作ろうとして、自分はやおいBL)の事をよく知っていて、そっちの方面の趣味に寛容だとアピールする。実際には全くの付け焼き刃の知識しかもちあわせていないため、やおい(BL)というのは男性向エロマンガの登場人物を全て男性に置き換えたものとしか理解していない。年齢制限がなされない一般向のやおい(BL)も存在するという事は、当然ながら彼らの想像の範囲外にある。また彼らの多くは童貞である事から、腐女子もまた処女だろうと期待しており、それが裏切られるケースも多い(裏切られない、つまり真に処女である腐女子の場合は、さすがのおたく男性であっても、恋愛の対象外となる容姿と性格の持ち主である)。

  • …ごめんなさいm(_ _)m 具体例は表記不可能な内容になりました。

偽アメリカ通[編集]

英語が話せる、自分はアメリカに留学したと誇示する者。話す言葉の中に英単語が多々混じっているが、実際は中学生でも知っているレベルの単語で、しかもしばしば使い方を間違っている。特に多いのは、第一人称にもかかわらず、「I アイ」ではなく「me ミー」を用いる事である。

「ヘイユー!そこの彼女!ミーといい所行かない?」
「ユーみたいなプリティーガールと知り合いになれて、ミーはとてもハッピーね!」
「アイアム偽者などノーサンキューね!」

…なお、偽アメリカ通は昭和40年代までは非常に多く見られたものの、小学生から英会話に励む現在はほぼ絶滅種である。たまに英会話を習いたての小学生にこんなのがいるが、言い換えれば中二病患者ですら、こんな痛いのはいないという事である。その最後のひとりである長嶋茂雄は、既にかなりの高齢である。

偽韓国通[編集]

韓流ブームとともに誕生したものの、短いブームの終焉と、嫌韓厨・ネットウヨによって絶滅においやられた。

  • 活動期間が極めて短いため、端的な具体例が見つからなかった事をお詫びします。

事例[編集]

これは、偽芸能通が書いた文章である。

俺、結構テレビ番組に厳しいから、あんまり好きな番組ってないんだよね。
でもさ、それでもやっぱ毎週見てる番組があるんだよ。
俺が言うんだから絶対面白いよ。君も見てみなよ。

「1分間で人生が買える深イイ話」って番組なんだけどね。
この番組今ではゴールデンだけど俺は深夜時代から見てるから。
この番組は絶対流行ると思ったね。

この前全員一致で「う〜ん」だった深イイ話あったけど、俺はあえてあの話を好評価するよ。
あの話、無限の可能性を秘めていると思う。あのストーリーで映画作ったらオスカー賞だと思う。
なんなら、俺が映画監督やってもいいんだよ。紳助と二人ならやっていける気がする。

この話マスコミに話したら俺明日からsungrassなしで外出できなくなるから絶対言うなよ。
ごめん。先週ハリウッド言ってたから発音がネイティブになっちゃったね。
rは巻き舌がポイントだぞ(正しいスペルは、sunglassesで、複数形になるし、rではなくlなのだが)。
あ、すまん。ブラピから電話かかってきたから詳しいことはまた後で。

関連項目[編集]