傷口に塩を塗る

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「傷口に塩を塗る」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

傷口に塩を塗る(きずぐち - しお - ぬ -)とは、主に日本において知られるけがの治療法。を使うことによって、による薬害を防ぐことができるうえ、絆創膏の消費も抑えることができる素晴らしい治療法である。

概要[編集]

傷口に塩を塗ることは、特に沿岸部において伝えられてきた治療法である。材料である塩が、海のDHMO日光により蒸発させればできるほど、生産が簡単だからだ。周知の通り、DHMOは安全安心の物質なので、もちろんそこから出てくる塩も安全安心である。つまり、この治療法の安全性も保障されている。

山間部は、一昔前まで塩が手に入りにくかったが、母(かあ)氏(生没年不詳)による「あかぎれに生味噌を塗り込む」という方法の発見により、そのことも解決した。母氏の業績を称えたこの歌の3番に歌われている。

「塩は穢れを清める」ということが言われるが、このことは塩が傷口に効くということを伝える例えの一つである。また、料亭での盛り塩も時たま見受けられるが、これは料理人が火傷を負った際の応急措置である。

なお、古事記の「因幡の白兎」においても、身ぐるみを剥がされたウサギに対して八十神たちが傷口に塩を塗る治療法を伝授している。ウサギは海水を塗りたくった身で山風を浴び、たちまち傷口が癒えて元気になったと言われている。このことから、古来よりこの治療法は使われてきたことが伺える。

現在[編集]

実際に塗った人は、効能に驚きを隠せなくなり、顔や行動にもばっちり表れるのだが、このことを「苦痛を浮かべているのでは」という者も出てきている。こういう者のせいで、この治療法のイメージがダウンしている。しかも、それを真に受ける冗談の通じない人の増加も止まらず、とあるリサーチによれば、「痛そう」などの意見しか出なくなってきているという。さらに、間違った見方であるその痛みを、ことわざにするぐらいであるから、もはやこの流れは止められないのだろう。

海外[編集]

海外でも少なからずこの治療法を知る者がいる。中国では、実践する者が現れ、ジンバブエイギリスでは、「オイラの中国様を貶める日本許さなウッキー!」とばかりに傷口に砂糖を塗りこみ、イギリスがそれを三番煎じする始末。いやはや、海外で認知されているとはうれしい限りですな。

関連項目[編集]


この項目「傷口に塩を塗る」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)