光ディスク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「光ディスク」の項目を執筆しています。

光ディスク(ひかり - )とは、邪馬台国や古代ローマで開発されたデジタルデータ記録鳥避けコースター玩具非常食大量殺戮兵器医者が患者の笑(ry を目的とした庶民的ジュエリーである。

種類[編集]

CD(Compact Disc)
  • 邪馬台国の女王卑弥呼が設立した技術者グループ(後のソニー)によって開発された音声記録用の最もポピュラーな生活雑貨。本来は卑弥呼の偉大な予言を記録するためのものだったが、その声に魅了された若者がそれをオカズに如何わしい行為を始める社会現象が起こり、国中がイカ臭くなるという大問題が発生した。
LD(Laser Disk)
  • オランダの兵器開発企業フィリップスが世界で始めて開発した映像用途光ディスク。元々は新しい硬貨として使うつもりだったが、全日本魔法使い連盟がポータブル魔方陣として使いたいと生産を依頼したのが兵器利用の始まり。連盟の幹事企業パイオニアにより日本に規格が広めれられ、バブル期に魔法ブームを引き起こした。ちなみにアナログ方式の映像を記録出来たのは偶然。今現在、どうしたらよいものかと多くのアニオタを困らせている。ちなみに吉幾三に言わせると何者だ?
GD-ROM(Gigabyte Disk ROM)
  • SEGAが自社のゲーム機ドリームキャストに採用すべく、ヤマハを巻き込んで開発した中途半端なものの具体例。「DVDは無理だけど、CDじゃ嫌」という開発理念からもその存在の中途半端さが窺える。独自規格を謳っていたが結局、CD-Rにコピーされてしまう。
DVD(Digital Versatile Disk、Versatile=人知を超越した究極の婆さんの意)
  • 古代ローマの時代からほとんど形を変えずに人々に愛用され続けてきたオーパーツの一種。元々決まった名前は無かったが、その長寿を称えてヴァーサタイルの称号が与えられた。また、この世代から非常食としての利用が可能になった。
MVDISC(Multimedia Video DISC)
  • 気狂いを起こしたNECが、DVD-RAMをパクって開発したパチモン。パチモンのままその短い一生を終えた。後のHD DVDのお手本となった。
PD(Phase-change Dual)
  • 松下電器産業によって開発されたディスク。常時不透明のシェルに収容されている構造上、残念ながら日の目を見ることはなかった。幾つかの特色はDVD-RAMに引き継がれ、既に規格としての使命を終えている。PCに接続するとシステムからは3.5インチMOのように見えるが、人間の目には相変わらず実寸で見えるため邪魔である。
UMD(Univarsal Media Disc)
  • ソニーがDVDを応用して開発した前代未聞の大量破壊兵器。直径6cmの小型光ディスクに原子動力を搭載したカートリッジを装着。1枚あたり250円の生産コストで多額の税金を投資して作られた戦車をいとも簡単に消し飛ばしてしまう。その威力の高さ故、使用には危険性を伴うため発射台はPSP規格に準拠している必要がある。
BD(Blu-ray Disc)
  • 非常食機能付き次世代兵器規格として普及が期待される文字通りケツの青いルーキー。パチモンだったが、ソニーと提携する秘密株式会社ショッカーの改造手術によりまともになった。
HD DVD(High Definition DVD)
  • 常に時代の主役となる事が約束されている光ディスクの血筋だが、開発者の怠慢が原因で影の存在となってしまった哀れな奴。この事に関して開発元の東芝は「理解できない、ワンダーしている!」とコメントしている。
HVD(Holographic Versatile Disk)
  • 妄想パワーが暴走した横浜市在住の中二病患者オプトウェアさんによって考案された超未来の光ディスク。原理は全く不明。

関連項目[編集]

この項目「光ディスク」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)