光素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
光素(Lightium)
一般特性
名称, 記号, 番号 光素, L, 2
分類 非金属
族, 周期 18, 1
密度 0.9 g/cm3
白色
原子特性
原子量 3 amu
原子半径 24 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「光素」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

光素(こうそ、Lightium)とは、原子番号2番のネオ元素。ネオ元素記号Lライティウムとも呼ばれる。

概要[編集]

光素は光の元とされるネオ元素である。 質量は限りなく0に近く、全ネオ元素のうちマイナスの質量を持つ燃素の次に軽い。常に超高速で動いており、その速度は約30万km/s(キロメートル毎秒)である。また、この値は相対的なものであり、観測者が動くと、(観測されることを嫌う光素は)それにしたがって速度も変わってしまうという、なんとも変わった元素である。

光素の電子構造である

発見[編集]

物理学者アインシュタインは、平行光線が遮蔽物にあたって、その影を観察したとき、明暗の境目がぼやけることを発見した。これは光が粒子であり、それらがスクリーンにあたって反射していることを意味し、光素の発見への重要な糸口となった。

ツンデレ ……見ての通り、この記事「 光素 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)