入水

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「入水」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「入水」の記事を執筆しています。

入水(じゅすい)とは、水辺で行われるレクリエーションの一つ。

概要[編集]

一緒に入水する百合カップル。

入水は読んで字の如く水に入るタイプのレクリエーションであり、息が続く限り水中に頭まで浸かって遊ぶのが特徴となる[1]。古くは古事記にも記されており[2]、また仏教に同じ読みの布施行があることもあって儀式的な意味合いが強かったが、後年になるとレジャーとしての側面が強まっていく。そもそも海に囲まれた国である日本においては盛んに行われており、元プロボクサーたこ八郎氏やウクレレ漫談家牧伸二氏、文豪太宰治[3]などが愛好家として今も有名である。

形式としては一人で行うより数名で行うもの[4]が主流で、画像のように二人の絆を深めようとして行う場合もある。上記の太宰も恋仲にあった女性と何度も入水しており、カップル入水と言えば太宰というイメージで伝わっている[要出典]

季節[編集]

入水と言えば多くは夏に行われ、水の冷たい時期にはあまり行われない傾向が強い。というのも全身を水に浸ける都合上、温度差でショック状態に陥り死亡する可能性がある[5]。また水中にいると思った以上に体力を食う上冷水は更に体力を奪うので、同行者が不調を起こした際に素早く対応出来なくなりかねない。俳句においても入水は夏の季語、健康に配慮して安全に楽しむなら、水が程よく温まった夏ごろがやはりオススメと言えるだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 大人が本気で子供のような振る舞いをする、という行動自体を楽しむもの
  2. ^ オトタチバナのエピソード。
  3. ^ 古今東西の文豪をキャラクターモチーフにしたスーパー文豪大戦こと「文豪ストレイドッグス」でも、太宰が入水したままウッカリと河を流れてくるシーンがあるほど。
  4. ^ 心を一つにして絆を強めるとされ、心中とも呼ばれる。
  5. ^ 冷水性ショック。体温調整が上手くいかない程の熱中症患者に冷水を与えたりすると、内外の温度差で起こる致死的なショック症状。

関連項目[編集]


呪
呪ってあげる

あなた様に死が訪れることを入水が無償で保証いたします
祝