全日本自治団体労働組合

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

全日本自治団体労働組合(旧・全日本痔治団体労働組合)、略称自治労(じちろう)とは、に悩む公務員のための、労働組合である。

概要[編集]

日ごろデスクワークの多い公務員は特に痔になりやすいため、労働組合の立場から職員の痔の予防または治療を支援するために、作られた団体である。本来の名前は痔治労(痔を治す労うの意味)であったが、「それはちょっと直球すぎる」などの批判があり、現在の自治労(自ら治す労うの意味)に改められた。

主な活動内容は、職員の痔に対する理解を深めるためのセミナーの開催、痔に悩む公務員がいることを広く知ってもらうためのロビー活動、痔になってしまった職員への支援、さらに痔になりやすい職場に対して職場での待遇改善要求を出す、などの活動をしている。また、公務員への楽じ朗君の普及にも努めている。

政治的には民主党(幹部の何人かが痔である可能性を指摘されている)を支持しており、組織候補(痔を経験した公務員)も送り出している。

歴史に関しては正確な資料が残っていないため不明であるが、一般的には戦後の初期のころから活動していたとされ、わりと長い歴史を持つ団体であるとされる。しかし、その歴史の長さが災いしてか自治労にはさまざまな利権がらみの問題が指摘されている。

自治労と覚書[編集]

公務員の不祥事が問題にされる中、ある省庁において職員と省庁の間に、一般の労働者には信じがたいような、労働条件に関する覚書が結ばれていることが発覚した。なおこの覚書は、独裁政治で知られる小泉純一郎(痔の患者に対して差別的であると指摘されている)によって破棄されている。その内容は主に以下のとおりである。

  • コンピューター入力の文字数は一日平均5000字まで
  • 端末の連続操作時間は45分以内
  • 45分働いたら15分休憩
  • ノルマを課してはならない

この問題を受け当時の政府与党は、度重なる公務員の不祥事は、自治労の度を越えた待遇改善要求による、職員の怠慢(痔を理由に仕事をサボるなど)が原因の一旦だと自治労を非難した。これらの批判に対して自治労は、

たしかに痔の原因は職場環境だけでなく、職員の普段の生活習慣にも原因がある。職員が痔による苦痛から職務怠慢ととられかねない行動に出たとすれば、普段から痔の予防を呼びかけている自治労にも責任はあるだろう。だが、けっして自治労だけの責任で痔が増えたわけではない。覚書に関しては、痔に悩む職員が大勢いたあの当時、自治労がそういった職場での待遇改善要求を出して、なにが悪いのかわからない。

と反論している。

自治労に入ってなくて苦労した人 [編集]

  • 五月戸零一さん…国家公務員2種。メイドハンターに任命されてしまった(断ったら南硫黄島行きだったらしい)。
  • 相原久美子さん…自治労への多大な貢献が認められ選挙に出馬、比例トップだったのでもちろん当選。
この項目「全日本自治団体労働組合」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)