全日本GT選手権

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「全日本GT選手権」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「IGT」の項目を執筆しています。

全日本GT選手権(Japan Glucose Tolerance Championship, JGTC)は、 1993年から2004年にかけて行われた早食い競争の1カテゴリーである。

イッキ飲みやわんこそば大会に類するレースであり、耐糖能の限界まで飲んで飲んで飲みまくる日本独自のレースカテゴリーであった。

2005年より国際シリーズ化し、名称もIGT(Ikki-nomi chanpionship of Glucose Tolerance)へ変更された。

概要[編集]

  • 大量の清涼飲料水を用意し、胃袋と血糖値の限界まで飲み続け、最後まで吐かなかった者が勝利者となる。
  • かつては使用飲料としてアルコール飲料が使用された(Ikkinomi Federation Grandprix)が、各地の大学の体育会で事故死者が続出したため、未成年飲酒への規制が強化され開催が不可能となった。
  • 使用飲料は非炭酸飲料と炭酸飲料に大別されている。
    • フォーミュラクラスでは、競技用飲料としてトレーランGなどの標準化されたブドウ糖液が使用される。
    • 一般的には、コカコーライッキと称される、赤い清涼飲料水メーカー製品(NHKニュースでの報道より)が使用されるものが有名である。

事故[編集]

  • 当然のことながら、糖尿病患者が参加すると死亡事故につながる危険があり、競技規定にて固く禁じられている。
    • 血糖が上がりすぎることにより血液が強酸性になる恐れがある。コーラが骨を溶かすという都市伝説は、このような事故例から生まれたものといわれる。
    • 血液がガムシロップ状になるなど、血液が酸性になる以外の理由で死亡事故につながる場合もある。

海外における同クラスの競技[編集]

  • 韓国では某宗教団体がメッコールを使用した同様の競技を実施している。コカコーラを使用するアメリカや日本の競技に比べて健康的で安全性が高いとのことだが、参加した日本のフードファイターは、なぜか難易度が非常に高いと証言している。応援団はなぜかペプシコーラの旗を振っている。
  • ドイツでの同様競技の詳細については、ミュンヘンいっきを参照のこと。ドイツらしくビールを使用するが、競技中の排尿は許可されており、1998年よりバルーンカテーテルの使用が許可された。