八束水臣津野命

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「八束水臣津野命」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国引き神話」の項目を執筆しています。

八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)とは出雲があまりにも狭いために造成工事を頼まれてもいないのにやった島引き鬼である。おじいちゃんはスサノオ。あだ名はダイダラボッチ。非常に力持ちであり、一説によると室伏広治3人分もの力があるといわれている。

以前より出雲国の狭さに閉口していた彼はあろうことか朝鮮半島の先端、新羅の三崎を「幼女の胸の様な(原文ママ)」大鋤で切り裂いて、網で引っ張って出雲の一部として大倭豊秋津島(本州)の一部にしてしまった。このとき大規模な津浪が発生し、多くの出雲の国の人たちがのみこまれてしまい、溺死してしまったこと言うまでもない。

なお一部の学説ではこの時の住民が弥生人となったという。この事が嘘でなければ今頃半島の南側の国は固有の領土とそこの住民を奪い取ったとしてその東にある島国謝罪と賠償を要求していることだろう。

その後にも調子に乗って彼は北の島々をなかったことにして本州の一部にしている。

こうして作業を終えた八束水臣津野命は阿太加夜神社疲労からをついて「意恵(ううぇー)」と吐いてしまった(これが「意宇」という地名の由来となった)。吐き気も納まってスッキリした八束水臣津野命は、島を引っ張ってきたせいで天変地異が起きた空を見て一言「八雲立つ」と言ったらしい。辛い仕事を終えた彼の目にはいつもの空もより青く澄んで見えた。

関連項目[編集]

この項目「八束水臣津野命」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)