八田ファジー区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
左より、リニア自費鉄道・近鉄・名古屋市交通局の各八田駅

八田ファジー区(はったファジーく)とは、名古屋共和国中京都を構成する特別区である。

概要[編集]

八田地区は元々、旧中川区(現:荒子区)と旧中村区(現:太閤区)の区界にある。

しかし「八田」という地名は旧中村区/旧中川区の双方に存在し、更には国が援助してくれないからリニアは自費で建設します鉄道(以下「リニア自費鉄道」)/近鉄/名古屋市交通局は以下通りそれぞれ異なる区に「八田駅」を設けている為、八田地区をどの区に配属させるのか中京都議会で議論が始まった。

  • リニア自費鉄道:八田駅 - 移築前は旧中川区→移築後は旧中村区
  • 近鉄:近鉄八田駅 - 旧中村区
  • 名古屋市交通局:八田駅 - 旧中川区

その結果、「中村区にも中川区にもならん特別区に指定すりゃ~ええやろ」と、非常に曖昧でお役所的な結論に達して可決。現在に至っている。

詳細[編集]

区名の由来[編集]

特別区名は、全て「地域名+カタカナ」と決められている。 「地域名」は元々旧中村区/旧中川区に存在した「八田」をそのまま流用している。 また「カタカナ」に関しては、旧中村区/旧中川区界に存在していた事で、曖昧を意味する「ファジー」に決定したが、区民からは「お役所的な結論で決まった区名」として中京都議会を非難し、他の中京都民からは「金山総合駅に対して規模が小さい八田総合駅」や「隣の高畑駅(荒子区)に対して市バスへの乗換えが不便」と揶揄している。

今後の計画[編集]

左下:抗議した住民に対し圧力をかける3駅代表

現状「八田総合駅」とは言えども実際は「単にリニア自費鉄道を移動しただけ」であり、前述通り金山と同じ「総合駅」とは言えないほど規模が小さくて建物自体もバラバラ。また活性している高畑駅のように縦横無尽に市バスを走らせている訳でもない。

そこでリニア自費鉄道/近鉄/名古屋市交通局の間では、3駅の完全な総合駅化を目指して駅ビル(地上156m)の建設を計画しており、現在はデザイン中。利便性向上と地域活性化を目指す。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「八田ファジー区」の項目を執筆しています。


この項目「八田町 (名古屋市)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)