八街市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「八街市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「八街市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「八街市」の項目を執筆しています。

八街市(やつがいしやちまたし)とは、千葉県で指折りの市街地を持つ市である。

概要[編集]

千葉県中央部、千葉市の北東に存在する市。人口は千葉県の中で政令指定都市、中核都市を除いた一位に至る48万5000人[不要出典]であり、面積はそれとは反比例の洞爺湖程度の74km2となっている。近年千葉県では少子高齢化が叫ばれるなか、この都市はそのジレンマを脱し、もう少しで50万人というところまで登りつめている。最近の都会の象徴であるイオンの郊外店舗があったり、千葉県の畜産試験場があるなど、より都会らしさに磨きをかけている。また八街市は交通のアクセスの良さ、計画された道路であることから高速道路が一本も走らず、治安がいいため警察署や消防署が独立して存在しない。ごく稀に起きる事件であっても佐倉市と臨時の捜査をするのみであり、とても物静かな場所と言える。

街並の推移[編集]

この八街市は明治時代、下総台地の開拓の際に縁起を込めた8番目として開拓された地域である。末広がりということでこれもまた縁起良く街の名がつくこととなり、現在の街に相応しい名前として連ねている。1872年に八街村となって以降雨後の筍のように人口が増加し、2016年には50万人まであと少しとなった。これも土地標高が40m~50mという高めの標高であり、それでもって冬はあまり寒くなく、夏も涼しいという丁度良い気候が功を奏したからである。街並みもそれに呼応し、現在ではシャッター一つ降りていない[不要出典]商店街が今日も買い物に来る主婦を誘っている。それに反してロードサイド店舗はあまり多くなく、あくまでもベッドタウンという雰囲気を残すこととなっている。

行政や産業[編集]

前述のとおり警察署や消防署は八街市にはなく、緊急時には佐倉市酒々井町と連携した方法で治安維持に努めている。またアウトドアというところに重点を置いた都市整備では、スポーツプラザがあったり運動場は市内に5ヶ所、なんと都会ながらキャンプ場まであるなど多彩なアウトドアを楽しめるようになっている。一方で郷土資料館や図書館など調べものも可能になっており、近年まれに見るハイブリッドな都市整備が営まれている。産業に目を向けると、八街市の周りの自治体で盛んな落花生はあまり生産されておらず、第一次産業の割合が他の市に比べて大きく低いというところが特徴である。千葉県の中でも落花生生産量はワーストを争っており、田舎を脱却していると言えよう。

関連項目[編集]