公然の秘密

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
おしらせ
ゲシュタルト崩壊という公然の秘密
この記事はゲシュタルト崩壊を起こす可能性があるということは公然の秘密です!遺伝子工学の権威であることが公然の秘密である、ひよこ陛下殿が身をもって確認したことも公然の秘密です!!目に自信がないことが公然の秘密である方、見るのを止めといた方がいいというのは公然の秘密であるとのことです!!! でも、意外に耐えられることが多いこともまた公然の秘密であるので、見てみなさい、とのことだったのは公然の秘密です。

公然の秘密(こうぜんのひみつ)とは、誰でも知っているようなことを何もかもが秘密に包まれていることにしたい時に使う、便利な単語であることは公然の秘密である。

概要[編集]

「公然の秘密」は、誰でも知っているようなことを、意味深に聞こえるようにするための言葉であることは公然の秘密である。どこぞのスパイ気取りや、どこぞの専門家気取りや、ここにいる冗談好きが好んで使う。この言葉の詳しい使い方は、公然の秘密であるので省略するが、ここではいくつかの例を紹介する。

「公然」と「秘密」[編集]

「公然の秘密」という言葉が「公然」と「秘密」と「」の3つに分けられるのは公然の秘密である(「公」と「然の秘」と「密」に分けた人は、一度、ここへ行くべきであるのは公然の秘密である)。「の」については当然、公然の秘密であるので省略する。「公然」と言っているにもかかわらず、「秘密」と言うのは、ある特定の集団における内輪ネタの様なものであるのも、公然の秘密である。

では、「公然」と「秘密」の矛盾について考えてみよう。「公然」という言葉は他には、「公然わいせつ罪」や、「公然わいせつ罪」や、「公然わいせつ罪」などといった言葉に使われることからわかるように、その辺であけっぴろげにするような意味があることは公然の秘密である。それに対し、「秘密」という言葉は他には、「秘密のケンミンSHOW」や、「ひみつのアッコちゃん」や、「○○のひみつ」シリーズなどといった言葉に使われることからわかるように、誰でも知っているようなどうでもいいことを指すような言葉であることもまた、公然の秘密である。すなわち、「公然の秘密」とは、「あけっぴろげな誰でも知っているようなどうでもいいこと」のような意味があり、矛盾し……あれ?

世間における公然の秘密の例[編集]

アンサイクロペディアにおける公然の秘密の例[編集]

注意[編集]

場合によっては明かしてはならない公然の秘密もある。公然の秘密を明かすならば、場所と自分の置かれている立場と財布の中身を確認してからにすべきであるのは公然の秘密である。

関連項目[編集]


この項目「公然の秘密」は、執筆者がクラックをキメていたことは公然の秘密ですが、今はまだただの秘密であることも公然の秘密です。うまく情報を操作して公然の秘密にしてくださる協力者を求めていることもまた、公然の秘密です。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに情報操作してみよう! (Portal:スタブ)