内閣官房機密費

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

SpecialSecrecy.png

Plc13120517550014-p2.jpg
特定秘密保護対象記事
この記事は内閣に監視されています!
もしこのここの情報を外部の第三者に提供した場合、極刑が課されます!
そうと分かったら黙って政府に従いましょう!
これは警告です!
Plc13120517550014-p1.jpg

内閣官房機密費(ないかくかんぼうきみつひ)とは官房長官自分の好きなことお国を守る色々なことをするために月一で支払われるカネである。

概要[編集]

戦前、つまりは天皇がスター状態だった頃※国アーイヌ・ヒットラーな国を偵察するために金庫に納められたカネである。そのカネの素は、国家予算といわれているがもしかしたらもしかするかもしれない。戦後もコレは続き、歴代首相及び、官房長官の中では存在を認めない者もいたり、存在自体を知らない、知りたくない、持ち込ませない者もいる。

自動で金庫におカネが…[編集]

この内閣官房機密費は恐るべきことに自動でお金が金庫に入れられるのである。この問題は色々な学者が研究したが未だ解決されていない。ここに今上がっている説を述べる。

  1. 官房長官がいない間に秘密結社の人が部屋に入って金庫にカネが入れられる。(普通に入れる説)
  2. その金庫は実は金のなる金庫で月一で一定額増える。(金の金庫説)
  3. 金庫の裏に隠し扉があり、その扉を開けると存在を秘匿されている人の部屋で、その人がある商売で稼いだお金を貢いでいる。(仕事人説・殺し屋説)

使い道[編集]

使い道は別に言わなくてもよい。所謂、使徒じゃあない、使途不明だ。なおこの使い道には

  1. 前述の通り、偵察の為に使われる。
  2. 自分の懐に検閲により削除
  3. ショッカーに改造されるために貢ぐ。
  4. いわゆる、賄賂に。
  5. 使徒殲滅の為に使われる。
  6. SEELEに貢がれる。
  7. 各国の要人を殺すために払われる。
  8. 自身の選挙費

今後の対応[編集]

この事から使途不明で年間、○十億円という金が使われるためミンチ党政権となった今、仕分けられる。だがな、いくら斬られようと、煮られようと、焼かれようと、喰われようと、切腹されようと、ましてや殲滅されようとなぁ、内閣官房機密費は何度でもよみがえるさ

関連項目[編集]