円町駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
高感度カメラで捕らえた回転中の円町駅の様子

円町駅(えんまちえき)とは、京都府京都市に位置する西日本旅客鉄道所有の正体不明のくるくる回るものである。名称については円 much(エンマッチ)という造語が語源であるとされている。

概要[編集]

普段はとして機能しているが、終電後の深夜から始発前の早朝にかけて回転運動を行う姿が観測されている。 十分に加速した後は等速円運動を行っていることが観測されており、その際の最大回転角速度程度であることが確認されている。また稀に空中に浮遊したり、宇宙まで飛行することもあり、原理については謎に包まれている。

浮遊する円町駅の様子

これらの回転の目的は不明であるが、一説には、清掃活動の一種ではないかとする見方もある。高速回転による遠心力と慣性力により、円町駅構内の床に散乱したゴミやクズは、近くの家電量販店に放り込まれていることがその根拠とされる。

また、深夜時間帯の運転が行われない嵯峨野線に存在していることにも、何らかの理由があると推測されている。

周辺住民の反応と観光地化[編集]

円町駅開業当初は、回転運動によりゴミなどが周辺に撒き散らされることが、周辺住民からの強い反感を買うことになった。回転を止めるようにとの署名活動も行ったが、JR西日本は「我々もどうして回っているのか分からない」などと取り合わなかった。さらに、快速列車停車駅である二条駅のすぐ近くであるのに快速列車を円町駅に停車させることについても、根強い反対意見があり、円町駅廃業運動や住民一揆が行われるなど混迷を極めていた。

一方、全国で唯一の回転駅舎であることから、全国より鉄道オタクや暇人が大勢押しかけたり、また地元観光バスの巡回ルートに入るなど、円町駅を観光資源として活かす事ができることも明らかになった。そのため、京都市では観光地化を目的として、都市計画の見直しなどが検討されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「円町駅」の項目を執筆しています。