再チャレンジ法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Shinzou.jpg
森羅万象担当大臣
安倍晋三
安倍ファミリー
安倍晴明安倍貞任安倍宗任
安倍辞任安倍寛岸信介
安倍晋太郎阿部高和
美しい国創り
防衛省集団的自衛権教育基本法
再チャレンジアベノミクス
森友学園加計学園
美し国創り内閣
ナチスの手口「産む機械」還元水
絆創膏うちわ配りドリル
令和おじさんチーム世耕
イデオロギー
美しい国愛国心
信仰
小泉純一郎森喜朗ブッシュ
統一教会創価学会
靖国神社日本会議神社本庁(神道政治連盟)
生長の家水からの伝言スピリチュアル崇教真光
支持層
ニコニコ動画経団連
拓殖大学麗澤大学(モラロジー)
新しい歴史教科書をつくる会
キーワード
ナントカ還元水責任ツボツボ
特定秘密
テロ等準備罪桜を見る会アベノマスク
  

再チャレンジ法(さいちゃれんじほう)とは、美しい国を目指す上で起こった、いろいろな改革について逝けなくなった臣民達の未来を定めた法律である。時の首相安倍晋三によって制定された。

美しい国[編集]

世界一勤勉なる日本国臣民は、美しい国を強力に推進した当時の安倍晋三首相のもと、抵抗勢力らによって引き起こされた失われた10年からの大勝利を達成した。それは、帝都には偉大なる指導者を称える像があちこちに立てられ、臣民からは喜びの声しか聞こえなくなるほどの大成果だった。しかし、改革には犠牲を伴う。それは美しい国も例外ではなかった。つまり、臣民の中には幸福すぎて、不幸を感じられない。などという酷く深刻な改革の副作用などが起こったのである。それは、やる気のない人間ユーモア欠乏症の人間の増殖という問題を引き起こしていた。そのため、美しい国の維持のための早急な対策が必要だったのである。

再チャレンジ[編集]

幸福すぎた日本人をどうすれば良いのか・・・・。それが安倍晋三にとっての最大の課題であった。そして、彼の持つ天才的な頭脳はすぐさま明瞭な答えを導き出した。それは日本人古来の生死観の復活という、さらなる美しい国的価値観の創造と促進である。現世で達成できずとも、来世ですべてが解決できる。先人の知恵はかくして現在によみがえったのである。

内容[編集]

それは、大和魂の発露としての儀式であった。つまり、日本刀のようなもの検閲により削除を正しく行えば、こちらからは美しくみえるままに邪気のみが退散されるのである。このように美しく散って逝った者には、必ず首相直筆の表彰状が送られた。

結果[編集]

再チャレンジ法の成立は臣民に希望をあたえた。かつてはなんの功績もないニートは、社会から罪人や検閲により削除のように扱われていたのだ。が、再チャレンジの実現より名誉を持ったまま逝けるようになった現在においては、いうまでもなく、幸福な社会を構成する一員になったのである。さらに、このような早急かつ適材適所に行われた改革によって国民全体のやる気はうなぎ登りであり、他の美しい国政策との相乗効果もあって、どんどん日本からニートが消え、よりいっそうの美しい国に近づいていくのであった・・・

関連項目[編集]