刀狩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

刀狩(かたながり)とは、政府ないし権力者によって、私物刃物の没収である。


日本では太閤秀吉が行った刀狩が有名であるが、それ以外にも戦後GHQが行ったもの、銃刀法改正によって抵触することになった刃物の没収などがある。殆どの刀狩は反乱、一揆、暴動の防止、治安の維持という名目で行われる。

大抵は理不尽な理由で行われる。そのためか、実際にどのくらいに治安が向上したのか具体的な統計が出た例がない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「刀狩」の項目を執筆しています。

太閤秀吉(豊臣秀吉)の刀狩[編集]

当時の広告

秀吉は土民、国人らの反乱を防止する為に刀狩を実施した。此れにより織田信長が進めていた兵農分離がより確定し、江戸時代を通じて残ることになる“武士と庶民との身分差”が決定的となった。秀吉の刀狩では、集めた刀を溶かして釘や鎹にして庶民の平和を祈る大仏や寺院を作る・・・と秀吉本人は言っていたが…朝鮮に出兵したり関ヶ原の戦いがあったり、別段豊臣政権は平和でもなんでもなかった。

GHQの刀狩[編集]

戦後、日本人の反乱や蜂起を恐れたマッカーサーは、いわゆる銃刀法を強化し、銃や日本刀を中心とした武器を没収した。しかし没収する現場の人間は日本人であり、槍を持ってきた者に対しては「あー刀じゃないから別にいい」というズッコケ収集であった。結局、大地震が起きてもコンビニで並ぶ日本人が反乱を起こす気配など全く無い為に、GHQは没収した刀剣を返還することにしたが…刀を差し出した庶民はまさか返してくれるとは思ってもいなかったため、自分の家がどういう特徴で何という銘の刀を差し出したのか詳細に覚えているものが少なく、結局本来の所有者不明のまま赤羽に現在も没収された刀が保管されている(赤羽刀)。

以降、義務教育ではこういった歴史をほとんど教えなかったため、いつの間にか日本人は、銃や刀を所持しないことを「日本人の平和精神の現れ」だと勘違いして誇りに思うようになり、あげくアメリカのことを「銃社会」などと呼んで蔑み、優越感に浸ることさえし始めた。

昭和の刀狩[編集]

1982年スズキのGSX1100Sカタナの国内仕様であった、GSX750Sが発売されたが国内市場の厳しい規制によりスクーリンも無く、大型のアップハンドルなど 輸出仕様の1100Sとは違った不細工な恰好で登場した。 当然のごとく、輸出仕様のスタイルにしたくなるのが人間。 わざわざ、1100Sのハンドルを入手し低いハンドルに交換する等したため、当然のごとく違法改造と言う事になった。その際に銭が欲しくてたまらなかった警察がGSX750Sを集中的に取り締まった為、刀狩りと呼ばれる様になった

....その後、カウルやセパレートハンドルが認可され、ちゃんとしたスタイルで発売されたという。

現代の刀狩[編集]

2008年秋葉原で、加藤智大が不当賃金労働やキモオタでモテナイことを理由として大量殺人をダガーで行った為に、マスコミを通じてダガー=殺人鬼の道具というレッテルを貼る快挙に成功した。故に2009年1月5日から、刃物のことに詳しくない世間での人気を気にする永田町の先生たちにより銃刀法が改正され、ダガーを持っている一般人がめでたく犯罪者になることになった。

犯罪者になりたくなかったら、6ケ月以内に所持しているダガーを処分しなければならない。

え?コレクション購入したときのお金?んなもの保障なんてしてくれねーんだよ!買い上げじゃあないんだ!それが刀狩だ。

備考[編集]

  • コレクターが所持するダガーのお値段は、最低、一万数千円。そこそこならば2~3万円。高価ならば数十万円。
  • 加藤智大が使用したものは中国製の安物コピー品で、コレクターが見向きもしない安物中の安物である。
  • 日本刀は安い物なら数万円、高価なものならば数百万~数千万円。


二代.jpg この項目「刀狩」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)