利用者・トーク:ARE

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

項目名闘将 星野仙一(とうしょう ほしのせんいち、1,001 stars)は、政治力を使い、北京オリンピック日本代表野球監督に就任した人物である。 ボルトフェルプス上野由紀子は彼が育てた。

星野仙一の野球理論(平成20年8月)[編集]

①投手は先発(ダル、涌井、成瀬、杉内、和田)が4回まで,中継ぎ(川上、田中)で2回、7回から9回まで藤川、岩瀬、上原。

②打者は、1番西岡、4番新井、5番稲葉、9番川崎で固定。2番・3番を荒木・青木・森野で起用し6番・7番・8番を中島、佐藤、村田+捕手(阿部、矢野、里崎)を組み合わせる。

③投手は同点か逆転するまでは交代せず、選手を信頼して投げさせる。結果打たれる。懲りずに次試合でまた起用する。打たれる。特に中日投手への拷問が好き。

④先行逃げ切りパターンとするため、打撃力を優先し、守備は誰でもどこでもよい。 たとえエラーを繰り返そうとも。その上クリンナップはブレーキ。

⑤メダル取れば、俺の手柄。選手が活躍すれば「あいつは俺が育てた」

⑥マスコミ、スポンサーの受けを気にするあまり、選手やファンには気が回らず。

⑦選手の好き嫌いが激しい。体育会系の選手を好む。お気に入りの選手とはSMパートナー。

⑧敗戦の時には「たまたま調子が悪かっただけ」と言い訳、ずっと野球が不思議でしようがなかったらしい。

星野仙一発言集[編集]

サッカーの親善試合・FC東京レアル・マドリード戦について
「サッカーはTシャツ短パンでできる競技。野球の方が厳しい」
「(レアルの人気選手である)デビッド・ベッカムよりこっち(野球)のほうが人気がある」 (03/8/5)

「スポーツ全体を応援しています」
「野球がなくなったら日本もなくなる」 (08/4/7 「カンブリア宮殿」にて)

IOCはなぜ野球を五輪から除外するのか、この地球上で年間何千万という人達の関心を揺すって
楽しませているようなスポーツ競技は野球の他にどれくらいあるだろうか。」
「そういう部分でいうとたとえば馬術ヨットセーリング)は
ほんのひとつまみの競技人口で、一体どういう人達が本当に見ているのだろうかと思う」 (08/04/23 自身HPにて)

(北京五輪、反町ジャパンの米国戦後)
報道陣に囲まれた星野監督は「おい、サッカーが負けたぞ」と嬉しそうに
(野球日本代表の東京ドームでナイター練習、その合間にテレビ中継をチェックしていた)
もともと星野監督は「この五輪で一番注目されているのは、サッカーじゃなく野球。あとは単体(個人種目)で
北島ヤワラちゃんがいるくらいでしょう。それに応えていかなくてはいけない」と語っていた。(zakzak記事より)

「今日サッカーはアメリカに負けましたけど野球はアメリカに勝ちますので 皆さん楽しみにしててください。」 (08/8/7 ZEROエンディングにて)  
→なお、試合結果は日本 2-4 アメリカ


北京での星野JAPANの敗北考察[編集]

敗因①エース不在
ダルビッシュの調子が悪かったので先発を外した。それにより他の先発陣への負担が増大。
調子が悪いという理由でダルビッシュを投げさせないのなら、何故岩瀬を起用し続けたのか
他の試合で登板させて調子を上げさせることを何故しなかったのか?

敗因②正捕手不在
予選リーグは阿部里崎が主にマスクをかぶっていたが準決勝の韓国戦で 予選リーグは1試合しか出場していない矢野がマスクをかぶった。
相手打者の癖を見るためにも予選リーグで使った捕手を使うのが常識だろうが疑問の残る起用。
そして3位決定戦は再び阿部が先発。

敗因③中継ぎ不在
投手陣はエースと抑えだけでイニングの途中から投げる本職の中継ぎが1人もいなかった。
それにより、イニング頭からの投手交代がメインになり、結果として投手交代が後手に回った。
ちなみに大野コーチは「中継ぎのスペシャリストを2~3人」を招聘することを要請したが星野仙一は無視した


敗因④守備軽視
ショート中島、レフト佐藤、サード村田。1点が致命的になる試合でこんな布陣はないだろう。
そもそも、ショートを4人代表に選ぶと言うのはいったいどういうつもりなのであろうか


敗因⑤外角を広く取るストライクゾーンへの対応の不備
村田や佐藤など外角を苦手とする選手を何故選んだのか
外角球への対応が上手い打者(中村、小笠原等)を何故選ばなかったのか
ストライクゾーンが異なるのは始まる前からわかりきっていたこと。

星野JAPANの戦闘力比較[編集]

ソフトボール上野月給17万円

岩瀬仁紀   5億4000万円
上原浩治   4億2000万円
川上憲伸   3億4000万円
藤川球児   2億8000万円
阿部慎之助  2億4000万円
稲葉篤紀   2億4000万円
矢野輝弘   2億2000万円
青木宣親   2億2000万円
和田毅     2億2000万円
ダルビッシュ有    2億円
杉内俊哉   1億9000万円
宮本慎也   1億8500万円
村田修一   1億6000万円
川崎宗則   1億5000万円
里崎智也   1億4000万円
西岡剛     1億4000万円
荒木雅博   1億3500万円
森野将彦   1億3000万円
新井貴浩   1億2300万円
中島裕之   1億1000万円
涌井秀章      8500万円
成瀬善久      7000万円
田中将大      6000万円
G.G.佐藤      3700万円


韓国スタメン年俸 (1円=10ウォン計算)
1番 センター   イ・ジョンウク   1300万円
2番 ライト     イ・ヨンギュ     900万円
3番 レフト     キム・ヒョンス   420万円
4番 ファースト   イ・スンヨプ     6億円 
5番 サード     キム・ドンジュ  7000万円
6番 指名打者   イ・デホ      3600万円
7番 セカンド    コ・ヨンミン     1200万円
8番 キャッチャー カン・ミンホ    1000万円
9番 ショート    パク・チンマン   4500万円
    ピッチャー  キム・グァンヒョン 400万円


ファッションでは岩瀬の圧勝!!!

岩瀬
グッチのシャツ(68,000円)
スラックス(不明)
アルマーニの革靴(70,000円ぐらい)
フランク・ミュラークレイジーアワー(4,550,000円)

上野
バナリパのTシャツ(1,900円)
ユニクロのジーンズ(1,900円)
トミーのサンダル(5,000円)
サマンサタバサのバッグ(5,000円ぐらい)
スウォッチ(3800円)←雑誌によると

北京でのワシ[編集]

日本-韓国 準決勝戦・・・

星野、GG、岩瀬の目にスタンドで小さな韓国旗を懸命に振る一人の少女が映った

彼らは彼女を知っている

ほんの一月前に北京視察の折に知り合った難病を背負った少女であった 彼女は母国では治療が困難なため長く北京のある病院に入院している

岩瀬「野球がすきなのかい?」
少女「うん!大好き、きっと韓国が金メダルとるわ!ニッポンは銀メダルね」
星野「はっはっはっ でも日本もそう簡単には負けられんなあ」
少女「うふふ、でも、きっと一緒に綺麗なメダルがもらえるわ・・・」
GG「そうなるといいね。。。」

彼女の余命はわずかだ。北京の過酷な日差しに耐えながら

懸命に旗を振る

ただ韓国の勝利を、金メダルを信じて・・・


北京からWBCにむけてのワシからのメッセージ[編集]

「この私に北京のリベンジをという国民の皆様の声に応えないわけにはいかない」

「この声に応えなきゃ男がすたります」

「北京では残念ながら見せられなかった日本の野球の真の実力を真の世界一を決めるWBCで国民の皆様に見せます」



一野球ファンのワシへのメッセージ[編集]

カナダに1-0の僅差で勝利した試合での
1001の第一声「ワシを殺す気か」
こういう発言が普通に出てくる時点で
日本代表を完全にワシのジャパンと勘違いしてる
ワシの金メダルのために野球しろ!な監督の下で
WBCのようなチーム一丸になれる訳が無い

WBC 選手「王監督の顔にドロを塗るわけにはいかない!!絶対に勝つ!!」
五輪 星野「ワシの顔にドロを塗るな!!男星野のために金メダル獲れ!!」

この差は大きいなんてものじゃない、次元が違いすぎる
インタビュアーがWBCと比べてチーム一丸の姿勢が
見えないって聞いてるのに星野は「選手はひとつになって一生懸命やった」
監督・コーチ陣も含めてこそのチーム一丸なのが分かってない
コイツはもう野球に関わらないで欲しい


損害状況[編集]

北京会戦における各球団被害状況まとめ

司令長官 星野
中日艦隊  正規空母:2隻沈没、重巡洋艦:1隻大破
西武艦隊  中型戦艦:1隻沈没、正規空母:1隻小破
阪神艦隊  中型戦艦:1隻大破、正規空母:1隻中破
巨人艦隊  中型戦艦:1隻大破、正規空母:1隻補修中
横浜艦隊  中型戦艦:1隻大破
福岡艦隊  正規空母:2隻中破
ハム艦隊  正規空母:1隻小破機能不全
千葉艦隊  重巡洋艦:1隻中破
東京艦隊  被害なし
楽天艦隊  被害なし
広島艦隊  呉にて待機中
大阪艦隊  資材不足にて未整備


なお、連合艦隊司令部は星野司令長官の解任を認めず続投の予定
これは旧世紀におけるミッドウェイ敗北後の南雲提督続投に勝る愚行と後の歴史書は語る

育てた人材[編集]

  • プロ野球選手全員
  • 星野利権(キックバック)

関連項目[編集]

  • 落合博満(中日の現監督で、星野に連れてこられた)
  • 岡田彰布(星野の後継者。手が出るところも似ている。が、星野と違って、今指揮している選手の半分は自分で二軍で育てた)


この項目「ARE」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)

ご注進[編集]

はじめまして。どうやらノートの使い方を根本的に間違えられてますね。サンドボックスや記事の保管場所として使う場合は貴方の利用者ページ、または貴方の利用者ページのサブページ(この場合はサンドボックスという名前のサブページ)を使うと吉です。ここはこういう風に他の利用者からメッセージを受け取るために使った方がいいですよ。--ムツケ 2008年8月24日 (日) 01:47 (JST)