利用者:ひとむら/UnBooks 人工呼吸入門

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

人工呼吸入門(じんこうこきゅうにゅうもん)とは、何らかの原因で呼吸が停止している人物を発見した際に、あわてず人工呼吸を施して呼吸を回復させる手順を記述したものである。

概要[編集]

人間の脳は呼吸が止まってから4分から6分で低酸素によるダメージを被る。処置対象者の呼吸停止から2分以内に人工呼吸を開始した場合は90%程の割合で生還するが、4分では50%、5分では25%程度と生還確率は激減する。詳しく小難しい話はWikipedia:ja:カーラーの救命曲線を参照するとして、現場に居合わせた人間(そう、君のことだ)による救急隊の到着までの数分間の人工呼吸の有無が処置対象者の生還に大きな役割を担っているのである。

手順[編集]

状況の確認[編集]

速やかな応援の要請[編集]

気道の確保[編集]

呼吸の確認[編集]

人工呼吸[編集]

処置対象者の回復の確認[編集]

処置対象者の回復後の処置[編集]

注意事項[編集]

  • 間違っても処置対象者の肺から空気を奪い去ろうとしてはいけない。