利用者:オカメ八目/記事作り方コンベンション in 第21回執筆コンテスト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

おはこんばんちは。

記事は書いているだろうか。は書いていない。

アンサイクロペディア記事を書くという栄誉を得るための一助として始まったこの企画も、4年の月日が経てばこの通り、荒野と化す体たらく。しかしながら、アンサイオワタと言われようが絶望的重かろうがmr Carlb comr back!!だろうが、記事執筆を通してアンサイクロペディアにを吹き込もうとしているMっぽい)人がまだまだいることに、私は勇気づけられた。立ち上がるなら今、道進むなら今。そう思い、今一度皆々様に助力を願う次第である。

先程(やや小声で)Mっぽいと言ったが、第21回執筆コンテストに参加された紳士淑女でこのページをご覧になっている方々はとある経緯からMであることが確定的に明らかなので、早速本題に入ろう。

このページでは記事作り方コンベンション初めての試みとして、複数、つまり執筆コンテスト参加者の方々が出品した記事について、そのネタについて幾ばくかの話をして頂く、という『カミングアウト大会』を目的としている。つまり、

  • 今回の記事のネタの説明
  • どのようにしてそのネタを思いついたか
  • 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分(フレーズ、画像、形式など)
  • 記事が完成して、そして審査員からの(大抵はモチベーションの下がる)評価を受けての感想
  • その他

を発表していただこうというわけである。

もちろんこれは執筆コンテストの記事を創っていただいた方々の好意によって成り立つ企画であり、参加は自由となっている。また、御意見・御要望には出来る限り応えるつもりであるので忌憚なく話していただきたい。

そして、これから記事を書こうとしていたり、これからのコンテストに参加しようとしていたりする方々は是非ともこれらの恥辱の努力のカタマリを読んで、参考にしていただきたいと願うばかりである。

最後に。

記事書いていないのにこんな口調ですいません

ロビー[編集]

ここから、第21回執筆コンテストに参加された方々の個別ブースとなります。こちらで行なっていただくのは上記にありましたように、今回コンテストに出展した記事のネタを解説するという、いうなれば「前銀河系で一番つまらないこと」であります。しかしそれは実は内容の柱ではなく、「そのネタをどのように発想したのか」という、記事作りの最初の段階において、これからアンサイクロペディアに参加したいと考える方々にヒントとなるようなナニカを思い思いに書き綴っていただければと思います。

御意見・御要望についてはこの項目の会話ページにてお願い致します。

寄稿の募集はひとまず終了しました
第21回執筆コンテスト及びエキシビジョンの終了に伴い、寄稿の募集も終了いたします。ご協力いただいた方々に感謝いたします。また、これ以降も寄稿していただける方は歓迎いたします。これからも記事作り方コンベンションをよろしくお願いします。 オカメ八目 (会話) 2013年2月19日 (火) 23:34 (JST)
=== 参加者名 ===
;執筆記事名(複数ある場合はこの行以降の複製をお願いします)
#今回の記事のネタの説明
#どのようにしてそのネタを思いついたか
#記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
#評価を受けての感想
#その他

[編集]

執筆記事名 この記事
  1. 今回の記事のネタの説明
    二言目にあるとおり、記事を書いていない私がさも偉そうに記事の書き方を集めるという、料理の鉄人でいうところの鹿賀丈史玉木宏でも可)的スタイルを貫き、あなたの「お前記事書いてないじゃん」というイライラ昇華していただければと思います。さすれば私も赦されると思います。お願いします。ホントに。
  2. どのようにしてそのネタを思いついたか
    すっかり寂れてしまった記事コンを運営するよう発破をかけられまして、あちこちに貼られたテンプレートを剥がすだけというのもさらに寂しいだけだなぁと感じて、執筆コンテストに参加された方々に協力をお願いしようと考えた次第です。
  3. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
  4. 評価を受けての感想
    どうでしょうか、執筆されたみなさん、読んでいただいた皆さんがどのように思われたか、また教えていただけると幸いです。

Kingdomarts711[編集]

執筆記事名

無限の猿定理
御節料理
  1. 今回のネタの説明
    • 「はい!私は以前から御社の面白い記事を拝見させて頂いていつか自分もあんな風に面白い記事がかける人材になりたいと思ってこの記事を書かせていただきました。」
  2. どのようにしてそのネタを思いついたか
    • 「はい!御社のなかでも特に、私は自己言及的なページに憧れを抱いております。ですから御社の従業員の方々の例にならい、私も無限の猿定理を書いてみましたが、やはり私には難しいものでした。御社従業員の方々の苦労や凄さを改めて体感しました。」
    • 「また、御節料理は誠に恥ずかしながら、御社のライバル企業であるウィキペディアの同名記事を参考にさせて頂きました。やはり御社は現状では記事の多さ、信頼度等でウィキペディアに勝てるとは思いません。ええ、失礼だとは重々承知しております。ですが、御社御社なりの目標を掲げていて、顧客を楽しませることにかけては業界1だと私は考えております。私は、そんな御社の良さに憧れ、入社を希望しました。さらに顧客に満足してもらえるよう、御社に入って沢山の面白い記事を書くのが私の夢です。」
  3. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
    • 「はい!私は御社のよさ、御社らしさが出るような記事になるよう努めました。ネタは天丼と呼ばれるものが私は好きです。なので御節料理の項ではそれを意識して作りました。まだまだ足りない部分や、後から『こうしておけばよかった……』となる部分も多々ありますが、私なりに精一杯考えて作りました。また、無限の猿定理は、勉強不足な点が沢山あり、自分の力の無さを痛感しましたが、御社の────具体名を出すとまずいかも知れませんが────金玉三郎様には具体的なアドバイスや出直しをして頂きました。とても感謝しております。」
  4. 評価を受けての感想
    • 「はい!私は就職活動を始めてからまだ2,3ヶ月ですが、皆さんに対等な評価を貰うことが出来、誠に感想しております。」
  5. その他
    • 「はい!御社に採用された場合、通勤に車を使いたいのですが、駐車スペースはありますか?」
    • 「あ、はい。わかりました。それではその駐車場を使用します。」
    • 「本日はどうもありがとうございました。結果を楽しみに待ちます。」
    • 後日
不採用
《理由》質問の意図を読み取って回答する能力が欠けている。また、理想を語りすぎて主張がわからない。

ゴッド渋谷[編集]

特になし。

Nishimuku2469 [編集]

執筆記事名 月見団子
  1. 今回の記事のネタの説明
    • 十五個の団子を如何にして綺麗なピラミッド型に積むか
  2. どのようにしてそのネタを思いついたか
  3. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
    • 特にありません。逆に、一切のこだわりを捨て去ってなお記事を書けることが自分の強みだと思います。
  4. 評価を受けての感想
    • 思いのほか良い評価が得られて安堵。これから大事なのは驕らないことだと思います。
  5. その他
    • 締め切り時点で3000バイト切っているという事実に気付かなかった。
    • 飾り終わったお団子は捨てないで、ちゃんと食べましょう。かなり固くなっていても、煮ればおいしく食べられることが多いです。

残りは後程--Nishimuku2469 The rogomark -featuring the second phase of school food punishment-.jpg 2013年1月30日 (水) 12:43 (JST)残りは後程--Nishimuku2469 The rogomark -featuring the second phase of school food punishment-.jpg 2013年2月1日 (金) 08:06 (JST)残りは後程--Nishimuku2469 The rogomark -featuring the second phase of school food punishment-.jpg 2013年2月4日 (月) 15:11 (JST)残りは後程--Nishimuku2469 The rogomark -featuring the second phase of school food punishment-.jpg 2013年2月9日 (土) 18:28 (JST)完結--Nishimuku2469 The rogomark -featuring the second phase of school food punishment-.jpg 2013年2月18日 (月) 08:53 (JST)

フィクミア[編集]

執筆記事名 アルミニウム
  1. 今回の記事のネタの説明
    アルミニウムの科学的・経済的特性について様々な見地からユーモラスな考察を主としている。ネタは自分が個人的にアルミについて思っているネタとウィキペディアなどを漁って手に入れた知識を分解して作った。今思えば少々真面目すぎたかな
  2. どのようにしてそのネタを思いついたか
    絶対に外せない部分とだぶるがアルミニウム本位制についてはアルミでできた一円玉が一枚1グラムで一円玉一枚作るのに平均1円かかるというのを知っていた。だから一万円札は10キロのアルミと換金できるという発想から生まれた
  3. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
    実は事前に円本位制という記事を執筆しており、円は最終的にアルミニウムである1円玉と換金できるというアルミニウム本位制という言葉を使いたかったから書いた
  4. 評価を受けての感想
    アルミニウム本位制についてもっとあればよかったとか、アルミ缶の上にあるみかんを入れて欲しかったとかあるけど、前者は説明すると自分で執筆した円本位制と丸かぶりになるし、後者はむりやり放りこんでも駄ネタ化するので入れなかった。こういうのをうまく消化できる人がコンテストで上位になるんだろうな。そして円本位制という記事を前提にしたのがいまいち低得点な原因だと自己分析してみる
  5. その他
    主催者なのにこんな微妙な記事書いてごめんなさい--フィクミア (会話) 2013年2月9日 (土) 19:46 (JST)

真ロビンソン[編集]

執筆記事名 初夢
  1. 今回の記事のネタの説明
    初夢を番組に見立てる。
  2. どのようにしてそのネタを思いついたか
    紅白の後の友人とのメールでした初夢の話をきっかけに。
  3. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
    特定の部分に固執することはありませんが、強いて言うなら七福神のくだりですかね…
  4. 評価を受けての感想
    前半がごちゃごちゃした気がしたので後半は敢えて「良い意味のバカ」を目指したのが、悪い方に出てしまったようです。勉強になりました。
  5. その他
    やはり力量が無い分久々の記事では勝負できませんね。なに?久々で無くても勝負出来てない?出来る範囲で執筆に励みたいと思います。--利用者:真ロビンソンロビンソン/- 2013年2月9日 (土) 20:41 (JST)

かぼ[編集]

執筆記事名 勝ち組地学
利用者:かぼ/執筆コンテストで優勝するにはを参照してください。

海を越えたジョニー[編集]

執筆記事名 吊り橋理論
  1. 今回の記事のネタの説明
    • 人々が知っている吊り橋理論が間違っている事を証明するという記事です。
  2. どのようにしてそのネタを思いついたか
    • Wikipediaで吊り橋理論(Wikipedia)を見ていて「独身の男が若い女の子に声かけられたら誰でも好感持つだろ…」と思った事が「吊り橋理論※ただしイケメンに限る」というアイディアにつながりました。ただ前々から吊り橋理論をネタにした記事を作りたいと思っていたので、これが記事を書こうと思ったきっかけというわけではありません。
  3. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
    • この記事で特別こだわった事は無いですが、強いて言うなら吊り橋理論を知らない人が見ても分かるようにした事かと…。(元ネタが分からない人も歓迎しますよ的な?)
  4. 評価を受けての感想
    • なんか賞もらいました。結構うれしいです。
  5. その他
    • コンテストは人の感想が聞ける数少ない機会だと思うので参加してみると面白いですよ!低い評価をつける人は自分の中でなかったことにするのが楽しむコツなのかなと…。

--海を越えたジョニー (会話) 2013年2月6日 (水) 22:40 (JST)

ジャンクルジム大帝オレ [編集]

きゃりーぱみゅぱみゅ
  1. 今回の記事のネタの説明
    Fu-min.png
    では、恥ずかしながら、拙著記事の説明をさせていただきます。
    この記事を大雑把に言ってしまえば、定義部分そのままの、きゃりーぱみゅぱみゅを魔法として捕らえて読み変えることを軸とした、ナンセンス糞記事でございます。この軸に加え、画像、正式名称のクドさ、シングル一覧等を利用し、見た目でのインパクトやふいんき作りを心掛けました。
    ただ、反省点としては、少々ナンセンスな方向に走りすぎ、ウィットの利いたユーモアとは程遠い、数回推敲している内に本気で自分の人生の意味を疑いたくなるような糞記事となってしまったことが挙げられます。また、wikipediaに書いたら怒られそうな話題も正直、「人によっては嫌悪感を覚えるだろうなあ」と自分でも微妙に思う次第であります。
  2. どのようにしてそのネタを思いついたか
    さあ、みんなで「きゃりーぱみゅぱみゅ」と大きな声で10回唱えてみよう!!
    きゃりーぱみゅぱみゅ、きゃりーぱみゅぱみゅ、きゃりーぱみゅぱみゅ、きゃりーぱみゅぱみゅ…(以下略)
    ほぅら、頭がボーっとなって、お空に大きなプリンが見えてきませんか??
     見 え ね ぇ よ ! ! 
    というわけで、音源聴いたりyoutube見ながら考えました。
    この記事に限った話ではないですが、太古の昔、とある記事の執筆中に「自分と関わりが強い事や、ある程度知っている事じゃないと書くのムズい」と痛感して以来、極力、自分がある程度知識を持っているものを題材に選ぶようにしています。今回も執筆依頼項目の中で書きやすいものを選んだつもりですが、サマソニで寝坊するなどしてまだ一度もきゃりーのライブを観ていない辺り、執筆対象にスキすぎてキレそうな程度のが持てていなかったかもです…。
  3. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
    ノリノリでポケモン光線ばりに色を変えたものの、何をしたいかよく分からなくなってきて没にしたソフィア画像。他に、顔と本体が別々のタイミングで歪む酷い失敗作などもあったけど、既にPCから削除しちゃってしまいました。こういう場があるなら、取っておけばよかったなぁ…。
    『記事自体をきゃりー的な空間にしたい』という想いが、構想としてありました。その結果、題材のイメージにあるカラフルさとヘンテコさを押し出す為、PONPONPONの動画gifやソフィアさんいじりに終始した執筆でした。もはや、文章なんて二の次。どうせ、コンテスト審査員の方々でもない限り、隅々までは読まないだろうし。思い描いていたイメージは愛生会病院のHPに近かったかったような、そうでもないような。
    可能であれば、当初構想で描いていた「透過&動く画像で、『つけまつける』PVの2匹のライオンがずっと記事下部で踊っていてウザい」「マウスポインターに変な妖精が付いてきてウザい」なども実現できれば良かったのですが、技術力と時間の不足、そして記事を推敲している段階で自分の記事に嫌気が差してきたことを理由に、断念しました。折角もったいない評価を頂いたので、時間を見つけて加筆できればと思います。
  4. 評価を受けての感想
    まずは、22本もの記事を通読し採点下さった審査員の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。総合2位、そして「ちょっとそれはいくらなんでも高すぎでは」といった点数など、身に余るご評価を頂き、ありがたいを超えて少し怖いです。正直、この記事を捨てて別の出品作品を一本書こうかと検討したぐらいにマタニティブルーだったので、こうした評価を頂けた事で、少しこの子の事が好きになれそうです。
  5. その他
    default sortや、4thシングルの発売日、生年カテ間違い(なぜ間違えた俺…)等、細部訂正下さったMori様良人様ほか皆様、ありがとうございました。

海凧[編集]

執筆記事名理学部

アメリカ軍用チョコレート

  1. 今回の記事のネタの説明
    • 「アメリカ軍用チョコレート」はアメリカが日本を支配するための道具、と言う良くあるアメリカ陰謀説とかそのへんです。「理学部」は理系離れが進んでいるようなのでわざときつい学部であるように書きました。
  1. どのようにしてそのネタを思いついたか
    • 「理学部」は前から掛けたらいいなと思っていた題材です。見ての通り自身が所属する大学の様子を描きました。「アメリカ軍用チョコレート」は名前を聞いて「ギブミーチョコレート」が出たので、GHQと結び付け後は薬物の隠語を表す「チョコ」と掛けました。
  1. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
    • 「理学部」の単位は書きたくて書きました、実際面白くも何ともないですが。「アメリカ軍用チョコレート」は薬物として深夜の公園で配られていると言った部分ですね。
  2. 評価を受けての感想
  3. その他

ぽんこつやろー[編集]

執筆記事名
  1. 今回の記事のネタの説明
    • (どうすんだよ…その場の勢いとか言えないよ…)え、えーとそうですね、神って言われてる人が結構いるんだぜ!みたいなね、あはは、はは…
  2. どのようにしてそのネタを思いついたか
    • (どうして!?え、いやそんな深い意味とか無いし…)お、お風呂入ってる時とかにね!こうね、ネタがね…
  3. 記事にする上で「絶対に外せない」とこだわった部分
    • (ネタ自体外してんのに絶対にとか無いよ!)ほら、アレです、神様なんてなるもんじゃないみたいなそういう事をね!
  4. 評価を受けての感想
    • 予想できていた評価でした、むしろブービートラップの方を出したかったけど間に合わなかった(言い訳) 凡作も凡作、後で見直しても微妙でしたごめんなさい。
  5. その他
    • 弁解の余地無し

関連項目[編集]