利用者:キッコーマソ/Uncyclopedia下ネタ記事執筆コンテスト2010/結果発表

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

師走の忙しい時期にもかかわらず参加してくださった方々・読んでくださった方々お疲れ様でした。

下ネタ記事執筆コンテスト2010、結果発表です!順位と得点は以下の通りとなります。

順位は、採点を行った採点者がつけた評点の平均により決定しました。(100点満点。なお、"max"とは各記事につけられた評点のうち、最も高いもの採点のことです。)

それでは、どうぞ!

優勝:飲むとおちんぽが生える薬

執筆者:キッコーマソ
得点 82.25点(max:95点)

優勝記事に寄せられたコメント

  • この弾けるエロス。まさにこのコンテストにふさわしい。
  • 奥深き同人の世界。
  • はっきり言います。画像には引っ張られました。(笑)

準優勝:UnBooks:耳なし芳一のはなし

執筆者:--Nana-shi
得点 81.4点(max:94点)
  • (寄せられたコメント)非常に気持ち悪く、とってもリアルな読後感に鳥肌が立つくらい素晴らしい記事です。

3位:パッケージ詐欺

執筆者:キッコーマソ
得点 79.5点(max:91点)
  • (コメント)それでも自分もパケ買いは止められない。マンガ、CDなどなど、後悔はしてますよ。

4位:レイプ推奨政策

執筆者:BCD
得点 78点(max:88点)
  • (コメント)皮肉が利いてよい風刺だと思います。何でも外国並みにすればいいものでもないでしょうに。

4位:セックスレス

執筆者:夏月CUSTOM
得点 78点(max:85点)
  • (コメント)切実な問題ですね。

6位:巨根

執筆者:--くまいち
得点 76.5点(max:84点)
  • (コメント)この視点は考えたことがなかった。ガンガンつっこんでくる(エロくないよ)内容もなかなか。

7位:産めよ、殖やせよ

執筆者:BCD
得点 76.4点(max:92点)
  • (コメント)今コンテストの中で最もお気に入りの記事なので、最も高得点をつけました。

8位:包茎心配症候群

執筆者:--くょぱ
得点 73.6点(max:78点)

9位:ルバイヤート

執筆者:Old-gamer
得点 72.8点(max:79点)

10位:クリューバー・ビューシー症候群

執筆者:ルソペソ
得点 71.2点(max:92点)


以下、10位以下となります。


11位:パンツじゃないから恥ずかしくないもん!

執筆者:九州人
得点 68.4点(max:71点)

11位:青姦

執筆者:--緑歩
得点 68.4点(max:80点)

13位:テクノブレイク

執筆者:オカメ八目
得点 68点(max:82点)

14位:AV男優

執筆者:--四天王寺前夕陽ヶ丘
得点 67.6点(max:90点)

15位:ブンガチャ節

執筆者:Old-gamer
得点 67.4点(max:72点)

15位:ボリス・ヴィアン

執筆者:--Nana-shi
得点 67.4点(max:79点)

17位:王様ゲーム

執筆者:--フィクミア
得点 67点(max:75点)

18位:野球拳

執筆者:Lemmingdead
得点 60点(max:73点)(※1人採点無し)

19位:UnBooks:S*x -a sweet memory-

執筆者:ぺしゅぺー
得点 56.4点(max:76点)

20位:第一次世界大戦

執筆者: Mr.airchair
得点 42.25点(max:50点)(※1人採点無し)

失格:ウルトラマンレナ

執筆者:--Rear-Windows
(「下ネタ記事にはあたらない」ことを理由に有効採点者4人中4人が採点しなかったため)

各記事の採点はこちらのページにて行われました。


今回は以下の方に賞が贈られます。カッコ内は対象記事の名前です。

最優秀記事賞(金賞)
キッコーマソさん(飲むとおちんぽが生える薬)
優秀記事賞(銀賞、銅賞)
Nana-shiさん(UnBooks:耳なし芳一のはなし)、キッコーマソさん(パッケージ詐欺)
準優秀記事賞(パールライト賞、3~7位)
BCDさん(レイプ推奨政策・産めよ、殖やせよ)、夏月CUSTOMさん(セックスレス)、くまいちさん(巨根)
上野クリニック賞
くょぱさん(包茎心配症候群)


主催総括[編集]

下ネタ記事執筆コンテスト2010主催のキッコーマソです。皆さま、師走の忙しい中で参加してくださってお疲れ様です。

さて振り返れば、今回のコンテストは出展記事の本当にレベルが高かったと思います。私個人としては、自分自身下ネタが大好きでこのコンテストを開いたわけですが、採点者として、いえ一読者として面白い下ネタ記事がたくさん読めて何より楽しかったです。興奮しました。

執筆者としては、まさかの主催者の優勝・3位となりましたが、嬉しい、でも素直に喜んでいいものやら(採点者としては、自分の記事は採点していないとはいえ)です。

最後に、このコンテストを立ち上げた時は正直言って人が集まるか不安だったのですが(第16回執筆コンテストとの同時開催でしたし)、執筆者も採点者も集まって下さって、無事スムーズに終わることができて幸いです。このコンテストに携わってくださって本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。またの機会がありましたら何とぞよろしくお願いします。

-- 正直、「日本中が待望した国民的アイドル」やまぐちりこのAVはパッケージ詐欺ではないかと個人的に思っているキッコーマソ」 2010年12月28日 (火) 00:38 (JST)

執筆参加者・採点参加者・その他傍観者からのコメント[編集]

(一番下の出展者として):初めての出典、結果は‥失礼いたしました。今回の出典が良い刺激となり、年末の作業の方もはかどっております。記事等についても、今後の向上に向け精進したいと思います。ありがとうございました。--Rear-Windows 2010年12月24日 (金) 10:18 (JST)

(採点者として):今回二十余点の記事出典ということで、目分量採点は難しかろうと思い採点シートを作って採点を行ってみました。採点を終わって点数を見比べてみると、記事によっては点数のばらつきが見られ、個人個人の感性・見方の違いが感じられました。
出展者の皆様、今回の結果を時には謙虚に、時には甘んじて受け止め、今後の糧といたしましょう。採点者の皆様もお疲れ様でした。--Rear-Windows 2010年12月24日 (金) 10:18 (JST)
我ながらどうも下ネタはヘタクソだなぁ、うん。まぁ、手もちのネタを2つも投下できたことを喜ぼう。Old-gamer 2010年12月24日 (金) 16:59 (JST)
正直もっと上を狙えると自惚れてました。それはともかくこの記事を書こうと思った時にいい画像があって助かりました。あとAV男優にある画像のインパクトが凄まじかったです。クリューバー・ビューシー症候群のカーセックスの画像もなかなか、なんと言ってもパッケージ詐欺の比較画像には勝てる気がしませんでした。--緑歩 2010年12月24日 (金) 19:47 (JST)
自分にはエロ記事は無理だと悟ったコンテストでした。今回一番うれしかったのは王様ゲームの関連項目に挙げた野球拳がこのコンテストで出展されたことです。結果こそどっこいどっこいで下位に沈む形となりましたが、こういうソフトエロの記事がもう少し増えればなと思った次第です。
第16回コンテストの主催としては、今回この下ネタコンテストと相互協賛という形で関わることが出来たのは大変素晴らしい経験になったと思います。自分ところで全年齢版・こっちでR18と陰(淫?)と陽のような関係でうまいこと歯車が回ったような気がします。このような機会を設けてくださった主催のキッコーマソさんを含め、このコンテストに関わった方々に感謝申し上げます。--フィクミア 2010年12月24日 (金) 22:05 (JST)
失敗して以来コンテストへの参加を敬遠していましたが、今回はどうやら自分の得意分野らしい下ネタがテーマでしたので、思い切って出展してみました。主催してくださったキッコーマソさん、待っておりました、ありがとうございました。審査員の方々から高得点を頂いたことも、本当に嬉しく思います。また、記事の中でズタズタにしたつもりの方面から特別賞を頂けたことは光栄の極みであります。ダイジョウブ、ファッションとしての包皮切除を望む人は多分いると思うよ。--くょぱ 2010年12月25日 (土) 20:23 (JST)
ネタの方向性にひねりがないのと「これ下ネタ?」というところで、厳しい点数があったわりには思ったよりいい順位でした。やはり下ネタは苦手ですね。でもチャレンジしてよかったと思いました。そういうわけで、主催者関係者みなさまお疲れ様でした--BCD 2010年12月26日 (日) 23:47 (JST)
ストレートかつ短い記事だったので、6位に入れるとは思いませんでしたが、やはり評価していただけるのは嬉しいです。今さらながら、短いコメントでした。--くまいち 2010年12月31日 (金) 17:47 (JST)
慣れない下ネタを二つも書いたせいか腹を下していました。しかし準優勝うれしい。夏月様のカムバックはもっと嬉しい。--Nana-shi 2011年1月4日 (火) 22:24 (JST)

関連項目[編集]