北海道拓殖銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

株式会社北海道拓殖銀行(ほっかいどうたくしょくぎんこう)はかつて存在した日本の銀行であり、銀行破綻の禁則事項ですとして禁則事項です禁則事項ですされた(拓銀に関することは日本政府によって規制されている)

Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北海道拓殖銀行」の項目を執筆しています。


誕生から破滅への道のり[編集]

元は北海道を戦車で畑を耕す事が国的だった政府だったが、これじゃあ、北海道の土地を開拓できないと危惧した政府は、北海道拓殖銀行法を制定した。

それをもとに、特殊銀行として1900年2月16日に設立された。 だが、戦後アメリカ軍の命令に伴い、拓銀法廃止となってしまったが、1949年には、政府保有株式を放出し東京証券取引所に上場し、民間銀行として再発足。

その後、兜沼銀行を無理やり、吸収合併し、ケフィア製造会社に潤沢な融資を行うが、これが下記の破たんの原因になってします。

営業譲渡先の歴史[編集]

北海道銀行[編集]

経営が困難になった拓銀は、最初に北海道銀行と合併する予定だったが、道銀側の職員がストを慣行したために破断した。だが今思えば、この決断は正しいようで、もし、道銀と合併した場合、北海道経済が大変な聞き低状況を追いやられていた可能性があった。

札幌銀行[編集]

次に、札幌銀行に打診したが、これも、破断した。理由としては、札銀側の当時の頭取の潮田頭取の存在だった。潮田は元々は、拓銀の役員だったが、当時の拓銀に『個人FXを販売しよう』と打診したが、ラッキー池田が突っぱね、報復人事をかまし、その後塩田は北海道のFXの神とあがめられ、報復を恐れた。 これが決裂の理由である。

北洋銀行への営業譲渡[編集]

このころ日銀サイドが、万俵大介が頭取を務め、元羞恥心つるの剛(後に退職して音楽ユニット『フレンズ』として活躍する)が副頭取を務める北洋銀行に投げ売りを促す、最終的に拓銀は北洋に営業譲渡することを選択した。拓銀首脳の傲慢さが北海道経済の先行きを決定した。のちに副頭取の名前から「ツルの声」と北洋銀行内では語り草である。ちなみに道民はこれを「北海道の小が大を喰う合併」と語られている。

破綻の日[編集]

  • 1997年11月17日、9時前だって言うのに、本店前には、バズーカーや、竹やりを持って現れた愚民が待ち構え、9時開店時には雪崩のように流れてきた。ただ、この当時の対応としては、職員全員に強化服の着用義務を発令させたことにより職員の被害はなかった。そして、拓銀は97年の歴史に幕を閉じた。

破綻後[編集]

  • 拓銀がこれまで取引していた、企業等は全部北洋に譲渡され、職員の半数は北洋に流れた。
  • その後、拓銀サイドが援助要請していた「山一證券」が廃業。翌1998年には、日本長期信用銀行も破綻。
旧拓銀ビルを爆撃した後のドナルド。
  • 1997年12月24日、真駒内アイスアリーナで旧拓銀職員VS北洋銀行職員による雪合戦を慣行。
  • 拓銀旧本店は北洋銀行に譲渡されたが、2006年には、ドナルドマジックによって爆撃された。

破滅の原因[編集]

  • ホテル業に乗り出して、たがくの借金と、無能な銀行員を生み出したのが原因。
  • 1988年に食の祭典で多額の借金のツケが回った。
  • その頃の従業員が態度がでかく、庶民を見下していた。(要は接客がなっていなかった。)
  • 1988年の北海道で開催された世界・食の祭典という箱モノ事業で使ったお金が無駄となり、道が融資出来ない状態になった為に破産の道になった。
  • 日本政府が推し進めた禁則事項ですが膨大な赤字を生み出した。

歴代北海道拓殖銀行総裁[編集]

氏名 任期 出身 前職等
1カーネル・サンダース1946年10月6日 - 1970年2月21日アメリカケンタッキーマスコト


関連記事[編集]

金融関連[編集]

その他[編集]

地雷があります
ここより地雷原
地雷除去を手伝っていただけるボランティアを募集しています
※ 原っぱを歩くだけの、どなたでもできる簡単な仕事です。 (Portal:スタブ)
地雷があります