利用者:ランダマイズ/作業所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

プレビュー機能のお知らせ[編集]

アンサイクロペディアへの投稿、ありがとうございます。今日は、ランダマイズ/作業所さんが短時間に同じ記事を何度も更新しているので、プレビュー機能の説明に参りました。

同じユーザーが同じ記事を何度も投稿すると履歴が汚れてしまいます。だから更新はある程度まとめて行うことが望ましいのですが、そうは言っても実際どんな風になるのか見直さないと不安です。
そこで編集画面の上のボタン、右から2番目のメガネマークButton preview.png ボタンを押すか、下の『プレビューを実行』というボタンを押すことで、どのように投稿されるかがわかるようになります。
これを使えば

  • マークアップ
  • リンク
  • 誤字脱字

などを防ぐことを出来るというわけなのです。 また、連続投稿を減らすを読んでみるのも一興であります。なお長い記事に対して編集競合を回避するためには、以下の方法により、競合の危険性を減らすことができる気がします。

  • {{手術中}}を利用する。
  • 節毎に編集して競合を回避する。
  • メモ帳やチラシの裏や手の平に予め記事を作成してコピペする。

また、初心者のためのガイドブックにアンサイクロペディア全体のことについて真面目半分で解説されているから、あわせて読むとさらにバカバカしくなれます。 有効に使って是非ともすばらしい記事を作成してください。


砂場[編集]

小林(こばやし)とは、[[


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミミック」の項目を執筆しています。

ミミック(Mimic)とは、として作られた殺人兵器である。

誕生の背景[編集]

これまでに存在していたトラバサミなどの物理的な罠は、非常に単調なものが多く、熟練した冒険者達はわずかな変化からでも罠の存在を見抜いてしまうためひっかかる確率が低く、罠にかかることなく安全に切り抜けられてしまうことが多かった。

こうした事態に対応すべく作られたのが宝箱型殺戮兵器「ミミック」である。

冒険者達が洞窟の奥深くまで潜ったり、天高く伸びた塔を登ったりする目的は、大抵の場合まだ見ぬ宝を追い求めているためであることが多い。このことは、2000年の初めに約1000人の冒険者達を対象に行った冒険の目的の聞き取り調査の中でも、実に70%以上の冒険者が「宝探し」と答えていることからも明白である。

こうした冒険者達の心理を突いて、宝箱に罠を潜ませようという案はこれまでも多数挙がっていた。その一つとして、宝箱の中にモンスターを潜ませて、開けた冒険者を襲わせようという試みがあった。しかしこの方法だと、長い間開けられなかった宝箱の中でモンスターが窒息死する事例が後を絶たず、結局何の役にも立たなかった所が多数であった。そこで注目されたのが、「宝箱にモンスターを潜ませるのではなく、宝箱自体をモンスターにしてしまえば良い」という案である。かくして宝箱の形をした殺戮兵器「ミミック」が開発され、アレフガルドバレンヌ帝国などの冒険者が特に多い地域を中心に、各地へと配備された。

画像保護所[編集]