利用者:七星/広東糸瓜共和国/空軍と武器

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

テンプレート:付け合わせ料理

このページでは、広東糸瓜共和国の空軍と武器について解説する。軍事について知りたい方……くわしくは広東糸瓜共和国/軍事で熟知すべし。

空軍[編集]

空軍はもともと外部への侵攻を目的として結成された。現在は防衛・侵攻戦争に使用されている。死者が少ない(2007年2月現在5人内老衰・発病2名を含む)ため、空軍への入隊希望者が多い。軍隊の49%は空軍に所属する兵。約500万人所属。

空軍は以下のように構成される。

  • 一般空軍(CA…Cantonhechima Airarmy)

ふつうの空軍。平均的な給料はCHD10000/月。

  • 特殊空軍(SCA…Special Cantonhechima Airarmy)

特殊部隊。平均的な給料はCHD12000/月。


いずれの部隊も、死亡者が少ないのに変わりはない。

武器[編集]

広東糸瓜共和国は、主に空の攻撃を得意とする。 そのため、空襲用の武器がたくさんあり、その数は123にのぼるともいわれる。 武器は基本的にコードで呼ばれている。

キチガイ系列原子爆弾[編集]

キチガイとは、戦争で広く使われている原子爆弾のことである。 コードは、KC-(番号)。2007年3月、生産が打ち切られた。

キチガイI,II[編集]

個々のページを参照のこと。

キチガイIII(KC-3)[編集]

キチガイIIIは、低コストで初期キチガイの3倍の威力を誇る原子爆弾。 この原子爆弾が使われた記憶はあまり無い。

キチガイV(KC-5)[編集]

キチガイVは、キチガイ系列の最新型九州王国に投下され、実験が成功した。

キチガイIV(KC-4)[編集]

キチガイIVは、まだその姿もあるなしもはっきりしなかった原子爆弾。 最終武器の名ともいわれるが、定かではなかった キチガイ系列原子爆弾が生産を打ち切ったため、この計画は白紙化された。

焼夷弾[編集]

焼夷弾が最近開発された。順次生産をして1000個まで増やす予定らしい。

小龍包[編集]

小龍包(しょうろんぽう)とは、初期キチガイと同じ威力を持つ焼夷弾。低コストで安く生産できる。 コストCHD1000。近いうちにAPHU加盟国へ輸出予定。 コードは(S-1)。

偵察機[編集]

偵察機は、広東糸瓜にとって最も必要な軍用機。 これがあるから、広東糸瓜は最強なのである。

MX-4002[編集]

偵察機で現在最も使用されるタイプ。 安く生産でき、迎撃ミサイルを平均5発積める。 最高速度マッハ1.92,連続飛行可能時間48時間。 コストCHD50000。

MX-4002KD[編集]

上記のジェット噴射機能つき。液体窒素や塩酸を出すこともできる。 最高速度マッハ2.51,連続飛行可能時間60時間。 コストCHD57000。

MX-4030[編集]

初の国産無人偵察機。 最高速度マッハ2.22,連続飛行可能時間56時間。 コストCHD63000。

MX-4270[編集]

偵察機史上最も素早い偵察機。 アルミ製。スモークがかかっている。 最高速度マッハ3.1415,連続飛行可能時間72時間。 コストCHD72500。

戦闘機[編集]

空の攻撃の要ともいわれる戦闘機は、広東糸瓜の自慢の物が勢揃いする。 全ての戦闘機に可変翼・カナードを装備。

VX-6280[編集]

初めて導入した戦闘機。アメリカから購入したもの。現在は20機しか残っておらず、VX-8588へすべて切り替える予定。 短/中距離用戦闘機。 最高速度マッハ1.7,連続飛行可能時間30時間。 コストCHD30000(当時)。

VX-7200[編集]

初の国産戦闘機。200000機あったが現在は40000機まで減っている。 中距離用戦闘機。 最高速度マッハ2.22,連続飛行可能時間52時間。 コストCHD50000。

VX-7600[編集]

2番目の国産戦闘機。現在119800機ある。 中/長距離用戦闘機。 最高速度マッハ2.35,連続飛行可能時間60時間。 コストCHD67000。

VX-8542[編集]

有名な戦闘機。戦争で広く使われている。レーダー,ISL機能等を搭載。 中/長距離用戦闘機。 最高速度マッハ2.52,連続飛行可能時間81時間。 コストCHD80000。

VX-8588[編集]

現在広東糸瓜共和国内で最速・最強の戦闘機。 最高速度マッハ3.45,連続飛行可能時間90時間。 コストCHD85000。

輸送機[編集]

RHA-3[編集]

輸送機。現在60機ある。 最高速度マッハ2.46,連続飛行可能時間40時間。 コストCHD85000。 30000人収容可能。(内乗務員・医者400人を含む)

SK-892[編集]

輸送機。現在120機所有。 最高速度マッハ2.5,連続飛行可能時間52時間。 コストCHD90000。 45500人収容可能。(内乗務員・医者500人を含む)

カメラ[編集]

IKE-7A[編集]

偵察に使う小型カメラ。 広東電子(KDE)製造。 コストCHD5300。

CST-9[編集]

偵察に使うビデオカメラ。 これも広東電子(KDE)製造。コストCHD6101。

CST-10[編集]

上記の改良版。 当然広東電子(KDE)製造。 コストも画質も良くなった。 コストCHD4502。

KD1[編集]

偵察用小型カメラ。 KDグループ製造。 デジタルを使用しているが、1600万画素。 コストCHD5000。

KD2[編集]

偵察用小型カメラ。 KDグループ製造。 デジタルの2000画素。 ただしKD1の得意な暗闇の中の撮影が苦手。 コストCHD5000。


この項目「七星/広東糸瓜共和国/空軍と武器」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)