利用者:山の山手線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

{{#logotipo:http://images.uncyc.org/ja/thumb/9/9e/%E6%9C%9D%E9%9D%92%E9%BE%8D%E6%AE%B4%E3%82%89%E3%82%8C_01.jpg/112px-%E6%9C%9D%E9%9D%92%E9%BE%8D%E6%AE%B4%E3%82%89%E3%82%8C_01.jpg}}

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「利用者:山の山手線」の項目を執筆しています。
この利用者は、大相撲と関係のない記事を新規作成しようとしない、カスの中のカスです。このカスが少しでもカスでなくなるには、大相撲関連以外のページの新規作成、または大相撲関連の編集で神となる、またはこの利用者ページを編集するしかありません。このカスめ!このアホアホアーホ!!!!!

山の山手線(やまのやまのてしぇん)とは、東京都在住の好角家である。SUMOUをこよなく愛する。

現在の生息状況[編集]

  • この名前ではウィキペディア等での活動に限られ、ブログ等では別のハンドルネームを用いる。ちなみに鉄道関係のサイトによく出没しているが、アンサイクロペディアで鉄道関係の記事と関与する予定は一切無い。
  • 無期限休場に入ります。このまま引退するかもしれないです。

アンサイクロペディアで作った項目[編集]

項目名 作成日 備考 項目名 作成日 備考
朝赤龍太郎 February 5th 2009 関脇 千代大海龍二 March 19th 2009 大関
白露山佑太 April 2nd 2009 前頭2 露鵬幸生 May 30th 2009 小結
若ノ鵬寿則 May 30th 2009 前頭1 若麒麟真一 June 1st 2009 前頭9
時津風部屋 June 9th 2009 時津風一門 千代白鵬大樹 June 21st 2009 前頭6
魁皇博之 July 22nd 2009 大関 猛虎浪栄 July 23rd 2009 前頭6
高見盛精彦 July 24th 2009 小結 清瀬海孝行 July 25th 2009 前頭13
琴光喜啓司 July 27th 2009 大関 豊桜俊昭 July 28th 2009 前頭5
安美錦竜児 July 29th 2009 関脇 朝黄龍明郎 January 19th 2010 架空の力士
大嶽部屋 July 6th 2010 貴乃花グループ 将司昂親 July 19th 2010 前頭8
豊真将紀行 September 5th 2010 小結 宝富士大輔 September 8th 2010 前頭10
佐田の富士哲博 September 13th 2010 前頭10 十両 February 6th 2011 十両互助会
十文字友和 May 24th 2011 前頭6 木村山守 May 30th 2011 前頭7
千代大龍秀政 July 18th 2011 十両1 安壮富士清也 July 22nd 2011 前頭13
鶴竜力三郎 July 23rd 2011 関脇 栃ノ心剛 October 29th 2011 小結
大翔湖友樹 November 3rd 2011 十両10 尾上部屋 November 20th 2011 出羽海一門
千代桜右京 November 23rd 2011 十両11 阿夢露光大 December 10th 2011 十両3
琴奨菊和弘 December 16th 2011 大関 佐渡ヶ嶽部屋 February 25th 2012 二所ノ関一門
妙義龍泰成 March 15th 2012 前頭1 垣添徹 April 7th 2012 小結
雅山哲士 August 10th 2012 大関 玉飛鳥大輔 August 28th 2012 前頭9
九重部屋 November 29th 2012 高砂一門

製作画像[編集]

千代大龍.jpg 鶴竜1.jpg 千代大龍2013.jpg

今後の展望[編集]

今後も自分としては力士に焦点を向けて生きたいと考えている。力士の項目であればウィキペディアに書かれていることを面白おかしくすることがなぜかすぐに出来るからだ。アンサイクロペディアの項目数が少なかったから参入したというのも理由のひとつである。ただ、ウィキペディアの再構築であるから、若干頭がまだ固いのではないかと考える。朝黄龍明郎の項目のみは事の一切全て架空であるから最高傑作であると今は考えている。一度は引退作として考え、しばらく隠居していたその直前は安美錦はユーモア枯渇症状が見られていた。ここに関しては後日直させていただく。なお、大関互助会の項目も自分が手直ししたり、自分が手直ししたものもいくつかあるので、そちらも見るとよい。

              • ↓この中のほとんどを私の製作したページで埋めることが目標だ。