利用者:快速急行/Sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
西海道
西海道の県旗
(県旗)
県の標語 : どげんかせんといかん!
西海道の位置
県庁所在地 福岡市
最大の都市 福岡市
知事 東国原英夫
面積
 - 総計
 - 水面積率
日本第2位
40,950.50km²
人口
 - 総計(2012年
 - 人口密度
日本第2位
13,055,931
318.82人/km²
県の花 飛梅
県の動物 黒豚
県歌 西海道道歌


西海道(さいかいどう)は、日本都道府県のうちの1つである。道庁所在地は福岡市

地理[編集]

北は対馬から南は屋久島まで(奄美群島以南は沖縄県が占領、トカラ列島は領土係争中だがどうにか西海道が実行支配)を統治する西海道は、面積は北海道に次いで国内2位、人口はなんと生意気なことについ最近まであの東京都をも抜きさって1位だった[1]。これだけ無駄にだだっ広いため、西海道にも北海道同様、7つの総合振興局(旧・支庁)がおかれている。以下、各振興局の管轄エリアごとに説明する。

福岡地区[編集]

西海道の政治経済において中心的な役割を担うエリアであり、道庁もおかれているのだが、住民の大半が西日本新聞西日本鉄道により洗脳されてしまっているため、道政は完全にこの2社(及び筑豊・筑後の893集団)の言いなりである。他の地区の人間にしてみればいい迷惑である…と言いたいところだが、ブロックネット番組を製作するテレビ基幹局なども福岡地区に集中しているので、結局他地区の住民も洗脳されている。

佐賀地区[編集]

佐賀地区の平地の約98%は田んぼによって占められている。最近になって新幹線鳥栖市に乗り入れるようになったが、新鳥栖の駅前広場はおろか、新幹線の高架下までもれなく田んぼである。もちろん振興局長公邸の庭も田んぼである。まさに「お米食べろ!!」である。某住民はこのことを「まるで弥生時代」と表現したが、むしろ戦時中の食料不足の時の方が近い。

長崎地区[編集]

原爆を落とされただけあって、平和への意識は強いと思われがちだが、某長崎出身政治家曰く原爆は「(落とされても)しょうがなかった」ものらしい。ちなみに、長崎地区本土から船の直通便が出ていない壱岐対馬がなぜ長崎地区に所属するかと言えば、長崎振興局長が当時の道知事に賄賂として禁則事項です検閲により削除などを送ったからと言われている[2]

熊本地区[編集]

熊本地区の地図。

西海道発足時からずっと道庁所在地の座を虎視眈々と狙い続けている地区。1963年の北九州市発足時に、一時的に北九州市の人口が福岡市のそれを上回ったため、「福岡vs北九州で道庁の取り合いが起こるのは確実、ならば漁父の利を狙いにいこう」と思っていたが、北九州が意外にあっさり退いてしまいあえなく断念。2012年熊本市政令指定都市に移行したため、新たな戦いが発生すると予想されている。

大分地区[編集]

とにかく温泉が多い。西海道付近の衛星写真を見ると常に大分地区周辺のみ雲がかかっているように見えるが、あれの正体は湯気である。そのあまりの蒸し暑さに、かつては「碩田」と漢字表記されていた地名が、いつしか「オーブンの中のように蒸し暑いから」という理由で「大分」(おおぶん)と書いて「おおいた」と読むようになってしまった。ならいっそ、読み方まで「おおぶん」にしちゃえばいいのに…

宮崎地区[編集]

つい最近まで佐賀地区についで2番目に影が薄い地区だったが、宮崎出身のそのまんま東あらため東国原英夫が知事となったことにより、一気に注目を浴びた。しかしそれを妬んだ他地区によって、鳥インフルエンザ口蹄疫といった家畜伝染病が持ち込まれ、宮崎の一大産業である畜産業に多大な影響を与えた。東国原氏の在任中にこの2つが両方発生したことに関しては、他の地区の妬みによる陰謀論がまことしやかに噂されている。

鹿児島地区[編集]

鹿児島地区の中央部に位置する桜島は、常に良質な火山灰や溶岩を噴き出し続けており、土地開発にも多いに役立っている。江戸時代には至る所に火山灰を散布し水はけを良くすることでを育ちにくくし、幕府に表向きの石高を低く申告していた(さつまいもがあったため飢饉にはならなかった)。大正時代には本土と桜島を連結するため、溶岩による大規模埋め立て工事も実施された。また、種子島には対沖縄県戦争の前線基地として、宇宙センターの名を借りたミサイル発射場がある。

歴史[編集]

古代[編集]

大陸から他地域より早く稲作文化を取り入れ、縄文時代を脱却した西海道は、すぐれた文明を持ち、他地域を支配することに成功した。特に顕著なのが、1世紀頃に中国から金印をもらった奴国や、3世紀頃に卑弥呼が活躍した邪魔邪馬台国などである。最近になって邪馬台国関連の物品が奈良県辺りで発掘されたって話だけど、どうせろくでもない関西人あたりが「邪馬台国はうちの近所や!」と言い張るために吉野ヶ里から強奪して埋めたんだろう…ん?こんな時間に客?誰だ?

中世[編集]

鎌倉時代に入り、元寇が西海道北岸に広く押し寄せるようになると、筑前肥前などの国同士の連携をはかる以前に、そもそも一国だけでは対処できなくなっていたので、ならば広域かつ強大な地方政府を作ろうということになり、西海道に属する9つの国(実際はそれに壱岐・対馬を加え11なのだが、詳しい事情はお察し下さい)をすべて糾合した。紫島(九州島の古い呼称)のつの国を合体させたため、国名は「九筑国(くっつくのくに)」となった。現代語の「くっつく(合体する、そこから派生して密着するなどの意味もある)」の語源がこれであることは言うまでもない。また、この国は(奥州や信州と同じ感覚で)九州と呼ばれるようになったため、現在でも西海道エリアのことをさして「九州」ということがある。

近世[編集]

安土桃山時代に入ると、歴代当主に賢君が多いことで有名な島津氏が一時的に西海道統一を成し遂げた。しかしそれも長くは続かず、豊臣秀吉によって蹂躙された挙げ句朝鮮出兵の前線基地に使われ、徳川家康が政権を取ったあとも外様大名の左遷用地に使われてしまうなど、ひどい扱いを受けていた。そのため島津氏は、西海道の威信を取り戻すため、琉球経由の密貿易で大量の資金を調達したり、公家の近衛氏との人脈を利用して篤姫を送り込んで幕府を裏から操ったりと、いろいろやってみたはいいものの、8代吉宗を最後にまともな将軍が就任していなかったため[3]、最終的には倒幕に動くことになる。

近現代[編集]

薩摩・肥前・熊本などの各藩が結束して倒幕に動いたこともあり、維新後の西海道の地位は大幅に向上した…かに見えたが、長州の陰謀のせいで、意外とそうでもなかったのが実情である。このため特に福岡地区では、「鶏口(西海道のトップ)となるも牛後(本州の末端)となるなかれ」というスローガンとともに、反山口運動が展開された。福岡はさして維新に関わっていないのに。また、西海道は第二次世界大戦中から戦後にかけて、アメリカをはじめとする連合国軍によって散々にいじめられた[4]ため、日本政府がアメリカの犬親米となった今でも西海道はアジア志向である(これを見れば一目瞭然である)。

交通[編集]

西海道新幹線[編集]

博多駅から鹿児島中央駅を結ぶ、鹿児島本線に代わる新たな大動脈である。ただ、全線開通前日に東日本大震災が発生したため、メディアでもろくに取り上げられず、道民以外には「あれ?いつの間に開通してたの?」である。ちなみに、これのせいで駅があるはずの大牟田市が大いに不便を被っているのは秘密である。また、筑後船小屋に駅ができたのは、某大物議員の企みという説があがっているが、羽犬塚や瀬高[5]も選挙区内であり、実際のところはJR西海道のお偉いさんが温泉好きだっただけである。その証拠に、建設計画のあがっている長崎ルートは武雄・嬉野両温泉を経由することになっている。

その他の在来線[編集]

田舎だからといって、西海道の地方交通線をあなどるなかれ。新幹線開通にあわせて、今やあちこちを観光特急が走っているのだ。A列車で行こう!(三角線)、指宿のたまて箱(指宿枕崎線)、海幸山幸(日南線)などあげればきりがない。最終的にはJR西海道の全線に特急を走らせる計画らしい。もっとも、特急を走らせるほどの価値すらない路線に関しては、肥薩おれんじよろしく3セク化によって「そもそもJRではない」と言い張るつもりらしいが。

私鉄・バス[編集]

一概には言い切れないが、大きく分けて親JR派(3セク鉄道が多い)と親西鉄派(バス会社が多い)に分かれる。とはいえ最近では、JRが企画・販売している「旅名人の九州満喫きっぷ」に西鉄が参加したり、逆に西鉄や産交バス(熊本地区全域を営業エリアとする、西鉄に次いで西海道下第二の巨大バス会社)が主導権を握る「SUNQパス」にJRバスが参加したりと、両派の対立は解消されつつある。これに対し、一部の専門家からは「将来的に道内全ての交通事業者を統合する[6]計画があり、両派の融和はその布石ではないか」という意見があがっている。

高速道路[編集]

道内には、関門・九州・大分・長崎・宮崎の各自動車道が存在する。ただし、福岡市内で西鉄バスによる「バスだけによる渋滞」があるように、特に九州道太宰府IC〜鳥栖JCT間[7]は「高速バスだけによる渋滞」が発生するため、実際のところは低速道路である。本当に急いでいる人は国道3号福岡南バイパスか県道17号鳥栖筑紫野道路の利用をお勧めする。

観光名所[編集]

食文化[編集]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ もっとも、明治時代には新潟県が人口トップだったぐらいだから、特に問題はないのだが。
  2. ^ 戦後すぐの対馬では、実際に福岡への管轄変更を求める動きがあった。
  3. ^ 「島津にバカ殿なし」とまで言われた薩摩藩とは大違いである。
  4. ^ 例:小倉を狙うと見せかけて長崎原爆を落とされる、西海道出身の広田弘毅重光葵東京裁判で不当判決を受ける、トカラ列島沖縄や奄美と混同されて占領される、など。
  5. ^ どちらも特急停車駅であり、羽犬塚に至っては駅のすぐ上を新幹線が通っている。
  6. ^ 実現すれば独占禁止法に抵触するのは自明だが。
  7. ^ 福岡発毎時2本以上の路線で、なおかつ当該区間を通るものだけで、長崎、佐世保、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎、大分、日田、久留米の9路線がある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「利用者:快速急行/Sandbox」の項目を執筆しています。