利用者:日野智貴/Sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

亡命記事

この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「生長の家政治連盟」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「多元王朝説」の項目を執筆しています。
「ハニワ幻人め!死ねぇ!」
日野智貴/Sandbox について、鋼鉄ジーグ

耶馬大王国(やまだいおうこく)とは日本連邦の一国。日本の天皇陛下により井真成が大王となった。Asiamap01.gif

俀国
Japan
正式国名:日本連邦九州自治区
Country of book on the sun
国の標語 : 不明
日野智貴/Sandboxの位置
公用語 九州弁
首都 設定上、筑紫
最大の都市 大宰府
指導者 不明
元首 天皇(日本連邦の一員として)
首相 井真成(名誉)谷口雅宣(事実上)
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第xx位
xxx,xxx平方km
7,9%
人口
 - 総計(xxxx年
 - 人口密度
世界第87位
xxx,xxx人
世界第xx位
0.001人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 二ギニギノミコト
一極集中制(便座上) 不明
通貨 無文銭 (通貨コード不明)
時間帯 UTC 不明 (DST: 不明)
国歌 不明
宗教 天皇教(生長の家仏教
注 : 支配してきたもの(倭国連合帝国→中華帝国→大日本帝国)

経緯[編集]

九州合衆国SGI革命軍により九州共和国になってしまった。そこで俀国の末裔が共和国首相池田大作頭の病気療養中にクーデターを起こし大宰府を占領、日本連邦の一国として再結成した国である。なお九州共和国は首都をうつしながらも政府は健在である。ただし合衆国自体は消滅した。

首相決定[編集]

何とすごいことにこの年に井真成墓誌から復活、「狂った爺の池田大作を殺せ!」と叫んだ。こういう理由で井真成が首相に任命されたのである。

政治[編集]

議会制宗教主義というありえない政治形態でもある。これは「立憲君主制自」「神聖政治」「共和政治」の3つの矛盾を解消するためにできた。ようするに選挙で選ばれた議会で国教カルトの区別をつけるというものである。これにより創価学会は「カルトの王者」と公認された。

他国との関連[編集]

友好国[編集]

敵対国[編集]

戦闘中の国[編集]

同盟国[編集]

九州紛争[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鋼鉄ジーグ」の項目を執筆しています。

考古学者・司馬遷次郎は、古代日本を支配した九州王朝が、「邪魔大王国」として復活した事を察知した。そこで(さすがに池田大作ではないが)大川隆法と組んでこの国を滅ぼそうとする。

ところが「幸福の科学ラエリアンみたいなカルトではない」などといったために起こったラエリアンが秘密兵器・ハニワ幻人オカルト星人から借用、司馬遷次郎を殺してしまう。優秀な科学者でもある彼は、死の間際、コンピュータに自身の意識と記憶を移し替える。そして池田大作と同盟を組み彼を頭部とする巨大ロボット「鋼鉄ジーグ」で戦った。つまりこの鉄人が壊れると九州共和国は終わりよって九州共和国は池田大作と同じく狂っている永遠なのである。


さらに亡命記事

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「和田家文書 (和田喜八郎)」の項目を執筆しています。
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

和田家文書(わだけぶんしょ)とは東北王朝の正史である。かつて暇な学者や新聞記者により真偽論争があったが、古田武彦八幡書店が首になったので助手に雇ってもらった人に裏切られながらも日米安保をなくしてアメリカと戦おうとする謎の左翼記者らを見事論破し真書ということになった。

代表作[編集]

この中で代表的なものが東日流外三郡誌である。

この書による歴史[編集]

九州王朝により追放された安日彦は東北ですっかり反省し、天皇九州王朝の忠誠を誓うことにした。

そして、角陽国アラスカ神威茶塚国(カムチャッカ半島)等を占領した。

現在---安部首相の大失敗[編集]

この東北王朝の末裔が安部晋三である。当然その父の安倍晋太郎もそうだ。東北王朝の伝統として大日本帝国皇帝陛下に忠誠を誓うのが日本人である」と主張、2011年には安部王家(東北王朝)と天皇家(大和王朝)が支配する美しい国日本の建国を国民に確約した。東北王朝の移民はこの人物に期待したのだが・・・あとはお察しください

結論[編集]

日本には北方領土サハリンはもちろんアラスカを支配する権利がある

関連項目[編集]

警告: 既定のソートキー「わたけふんしよ」が、その前に書かれている既定のソートキー「しやまたいおうこく」を上書きしています。

亡命wikipediaより 百済王永慶(くだらのこにきしえいきょう、生没年不詳)は、平安時代前期の女官。父は従五位上鎮守府将軍百済王教俊仁明天皇の女嬬(内侍司の下級女官)で、高子内親王の母。名は「ようきょう」とも読む。

仁明天皇の後宮に入り、皇女高子内親王(?-866年)を産んだ。従七位上に叙位されたが、詳しい消息は不明。

参考文献[編集]

警告: 既定のソートキー「くたらのこにきしえいきよう」が、その前に書かれている既定のソートキー「わたけふんしよ」を上書きしています。 mataboumei.

ハワイ王国
State of Japan
グレートハワイ及び東ミッドウェー連合共和国
United Empire of Great honshu and Northern Ainuland
国の標語 : 不明
[[Image:
ハワイ
|250px|日野智貴/Sandboxの位置]]
公用語 ハワイ語日本語、その種々の方言、絵文字、顔文字
首都 大島
最大の都市 全部田舎
指導者 不明
国王日本皇帝に任命された絶対権力者) 東伏見二世
首相 鳩海由紀夫(管海人は大沢一郎により失脚)
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第15位
141,421.356平方km
7,9%
人口
 - 総計(xxxx年
 - 人口密度
世界第15位
17,320,508人
世界第xx位
122.475人/平方km
政府 大東亜主義(親日派
国民的な英雄
建国 不明
通貨 円 (JPM)
時間帯 UTC -9 (DST: 一部地域にあり)
国歌 カメハメハ賛歌
宗教 ハワイ神道(国教)、天皇教(事実上の宗教・最大教派生長の家)及びキリスト教仏教は日本軍が広めたので特別に保護
国際電話番号 18782
注 : カメハメハ王朝時代→アメリカ傀儡国王時代→カラカウア王朝時代→東伏見王朝時代

ハワイ王国(はわいおうこく)とは大日本帝国連邦に所属する国である。つい最近まで国民の名の8割はカメハメハだったが、ややこしすぎて集団発狂し、現在は少数民族となっている。やがてカラカウア一世により革命がおこり「人名自主法」が制定され、カメハメハ族も自由に名前が付けられるようになった。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「利用者:日野智貴/Sandbox」の項目を執筆しています。

昔、カメハメハ大王によって国土および人名が統一された。しかし、それにより夫婦や親子の縁も不明になり、性犯罪や児童虐待が増え、しかも夫婦だと勘違いして警察が性犯罪を見逃したり、親の面倒を子供が「あの爺婆知りません」という始末だった。そこでアメリカ合衆国が「あそこは国王からしてみんな馬鹿だから簡単に植民地のできるだろう」と考えた。そこでハワイではアメリカの侵略を防ぐため、反カメハメハ族による革命がおこり、カメハメハ族はカラカウア一世に支配された。なにしろ「風が吹いたら遅刻して、雨が降ったらお休みだ」という学校に入っていたカメハメハ族だから、とんでもない馬鹿だったのであっという間に革命勢力に占領された。それでも植民地になるよりましである。さらに革命勢力は日本から薩摩族をハワイによんだ。そして、薩摩人はアメリカ人を散々おどした。

このままではハワイからアメリカ人が追放されてしまうそう考えたアメリカはさっそく革命を起こした。そして、なぜかアメリカ人にしか選挙権がないというとんでもない国会ができた。 しかし、カラカウア大王の要請で来た東郷平八郎東伏見一世が脅迫に来て、「なんでハワイの国会にアメリカ人しか選挙できんのだ、ここはお前らの国じゃないだろ!どんな強い国でも海戦ではあのバルチック艦隊を破った私に勝てるはずがない!」と言ったので、アメリカ人は顔面蒼白、あわてて逃げて行った。その時からハワイは大日本帝国連邦に所属したのである。


歴史[編集]

Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス

ハワイ王國は、1795年にカメハメハ壹世が全島を統一して成立した。1840年にはカメハメハ弎世により憲法を制定、立憲君主制となつて近代國家の體制を固めた。日本とハワイとの縁は古い。1867年(慶應三年)には既に日本・布哇親善協定を締結して外交關係を樹立し、翌年(明治元年)には民間移民團の第一陣153名が渡つてゐる。

一方米國は、米墨戰爭、南北戰爭を經て、愈々帝國主義的侵略に手を染めつつあつた。米西戰爭に依るキユーバ、比島、グアム等の獲得を推し進める中、ハワイの戰略的重要性も高まつてゐた。

當時、ハワイでは白人が國土の實に75%以上を保有し、政府要職も獨占してゐた。土地所有の概念が無かつたハワイで、只の様な値で土地を買ひ占められ、また近代化推進の爲にも歐米人を政府要職に就けるしか無かつた。更に歐米人の持ち込んだ淋病、天然痘等に因り、ハワイ人は百年間で人口が三十萬人から五萬人にまで激減すると云ふ危機に瀕してゐた。日本と同盟を結び、亞細亞太平洋地域に同種族の聯合を形成して白人外來勢力の擴大を阻止し、獨立を全うせむと云ふのが、當時の第七代國王デビツト・カラカウアの密かな願ひであつた。數少ない有色人種の獨立國・日本は、有色人種の星だつたのである。

1881(明治14)年3月、カラカウワ王が、世界一周旅行の途上で横浜港に到着した。日本を公式訪問した最初の外國國家元首である。日本海軍軍樂隊はハワイの國歌「ハワイ・ボノイ」を演奏して出迎へた。王は思ひも掛けぬ日本側の鄭重なもてなしと、異國の地で自身作詞の國歌を聴く事が出來た事に感激し、涙を流した。横浜港も鐵道も日本人だけで運用されて居り、何處にもハオール(ハワイ語で「白人」)を見なかつた事にも強い感銘を受けた。

カラカウア王は、邪惡極まる耶蘇宣教師に因つて禁止されてゐたフラダンスを復活させた、フラの父でもある。此の訪問の間、王は米國人の随行員等の目を盗み、日本人通譯のみを連れて深夜密かに赤坂離宮を訪れ、 明治天皇との會見を乞ふた。 明治天皇は夜中の訪問を不審に思つたが、とりあえず会見することとした。 王は日本の傳統文化と近年の國家的隆盛を賞賛した後、ハワイ王國の内憂外患の窮状を述べ、日本の協力を仰いだ。  

  • 第一に日本人移民の實現。ハワイ人の人口減少を同一種族である日本人の植民で補はうと云ふものであつた。
  • 第二に、軈ては王位を繼がせる姪のカイウラニ王女と、日本の皇族である山階宮定麿親王との婚約の申し入れ。
  • 第三に、日本・ハワイの合邦(聯邦化)。
  • 第四に、日本・ハワイ間の海底電線の敷設。
  • 第五に、日本主導に依る「アジア聯邦」の實現。

翌年、 明治天皇はカラカウア王に對し、「良友 睦仁」の御宸筆を添へた親書を特使に携えしめ婚姻の議等に就いて許可した。また移民に就いても實現した。

1884年に日本・ハワイ移民協約が締結され、官約移民が實現した。日本移民の爲の歡迎会には王自身も參加した。官製移民は1885年から1894年まで續き、計三萬人近くが渡航し、1890年迄には日系移民が人口の4割と民族別で最大の割合を占めるに至つた。

しかし、米國は之を喜ばなかつた。そして強引にハワイを我が物にせんとの姦計を巡らせた。體調を崩したカラカウア王は、醫師の薦めでサンフランシスコで療養してゐたが、渡米翌年の1891年1月20日に逝去した。予てから後繼者として指名されてゐた實妹のリリウオカラニが五十三歳で女王に即位した。

1893年1月14日、リリウオカラニ女王はハワイ人に選舉權を與へ、市民權を持たぬ白人からは選舉權を剥奪するやう憲法を變えやうとし、翌日にはイオラニ宮殿前に數千人のハワイ人が女王支持の集會を行つた。白人側は此れを機に、一氣に王制打倒に動き出した。

此の為に東郷平八郎はハワイに出兵し、邪惡極まる米國人をハワイより追放した。以てハワイは連邦に所属した。

『布哇王國史』[1]より抜粋
  • 解説
これは大日本帝国政府が作成したもので、表紙の裏には「大本営認可」「内閣法制局認可」「ハワイ王国政府認可」「皇国連邦政府認可」と言いた表記が並んでいる。「これは右に偏りすぎています」と前置きをしているアンサイクロペディアと正直さは同じであろう。
ようするに「ハワイはアメリカ合衆国のジャイアニズムの犠牲になりかけたが、東郷平八郎に助けられた」というものである。それ以上の意味はない。

政治[編集]

国王は天皇陛下に見習った完全なる制限君主であるため、ほとんど権限がない。あるいはあっても使おうとすると独裁者だ!と、国内外から批判された挙げ句に軍事クーデターにあう。(かつて大日本帝国で起こった宮城事件がよい見本)

代わりに総理大臣がものすごい権限を持っている。鳩海由紀夫の権力は日本の小沢一郎小泉純一郎に匹敵する。いや、昔のヒトラーかもしれない。

政党[編集]

このようにハワイは大小翼賛会による独裁政治が敷かれている。一方で、尖閣諸島を売った菅直人よろしく、ハワイ島を売ろうとしている管海人のような馬鹿もいる。しかし、政党というのはあまり政治に関係ないのである。

国旗[編集]

あの、馬鹿のカメハメハ一世はイギリスの国旗を見てかっこ良いと思ったのか、それもそのまま自分の国の国旗にしようとした。あわてたイギリスは、ハワイのシンボルである八本の線を急いで国旗に引いてカメハメハに渡した。こうして、ユニオンジャックに八本の線を引いたハワイの旗が完成したのだが、このことは(事実であるにもかかわらず)ここにはなぜか載っていない。真実は小説よりも奇である。(なお、念のため言っておくがこのセクションを除くとこの項目の大部分は嘘八百である)

アンサイクロペディア[編集]

ハワイにアンサイクロペディアはあるのだろうか。ウィキペディアはハワイ語版があるという話だが。

言語[編集]

日本語ハワイ語イギリス英語である。主に日本語が使用される。

その他[編集]

  • かつてはパルミラ島を保有していたが、アメリカがパルミラ島を奪ってしまった。そこで、また、*第二次世界大戦のときにはどさくさにまぎれて、アメリカからミッドウェー諸島を奪った。そのため、山本五十六の命の恩人でもある。
  • ハワイの特産物としては夏の暖かさがある。
  • サトウキビの産地でもある田園風景はアメリカ人がかつて不当に原住民から奪っていたものである。「アメリカ暴力資料館」もあるので一度見てみよう。
  • 大日本帝国イギリスととても仲が良い。とくに日本とは大日本帝国連邦加盟国だけあって友好度が高い。
    • それに対してアメリカとは仲が悪い。

脚注[編集]

  1. ^ 『皇國聯邦全史 第貮巻 布哇王國史』平成二十二年、日本教文社より「国記二千六百七十年記念再版」が出版、これはそれによる。