利用者:軽N/Sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ストライクウィッチーズ (メディアミックス版)

ストライクウィッチーズ > ストライクウィッチーズ (メディアミックス版)

この記事は、上記の親記事が長くなったために分割されて生じた記事です。このテーマについて体系的な情報を得たい場合には、上記の親記事(目次ページ)にあるリンクを順番に辿ってみてください。

この項では、「ストライクウィッチーズ」のアニメ版を除いた各作品を扱う。なお、世間を席巻している「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」の法則が一部の作品では適用されていないことを最初に記しておく。

概要[編集]

ストライクウィッチーズも参照。

小説版[編集]

アニメ版の番外編アニメ版準拠の二種類がある。当記事で小説版と言った場合、注記がない限りアニメ準拠版より先に刊行されている番外編『スオムスいらん子中隊』を指すものとする。

現時点でのアニメ版との絡みに関しては、現時点では禁則事項です。……と思いきや、アニメ版一期では穴拭智子が扶桑人形化[1]で、更にはアニメ版二期にウルスラ・ハルトマンが出張。いらん子中隊も日の目を見ることとなった。

著者はツンデレ魔法少女モノの作者だったりする。

漫画版[編集]

まるで呪われているかのように次から次へと黒歴史を積み重ねている曰くつき。キミとの絆のカタチに至っては作者と編集部のゴタゴタもあって奇跡の1話打ち切りという偉業を達成してしまった。

それでも天空の乙女たちや、蒼空の乙女のキャラも設定は完全になかったことにされたとは言え、アニメやゲームに登場していたりするので完全な黒歴史というわけでもないらしい。

その他[編集]

同人誌版
禁則事項ですの為にお蔵入り寸前企画の転用。その為、表向きは公式と言う訳では無い。
……はずが、公式も公式、アニメ二期にてマルセイユが何の前触れもなしに登場。この作品群をこよなく愛する紳士たちを驚かせた(詳しくは後述)。

小説版 (スオムスいらん子中隊シリーズ)[編集]

{{ネタバレ (小説)}} 時は1939年。ネウロイの侵攻が噂されたスオムスは、各国に救援を要請。ところが、要請に応えた国家の都合もあり、この地に送られた魔女達は各国選りすぐりの問題児ばかり。何の因果か、エリートへの道を夢見ていた穴拭智子が、この貧乏籤とも呼ぶべき扶桑皇国代表メンバーとして選出させられてしまったのである。この左遷人事に憤慨した智子は、自分の名誉を回復すべくスオムスで戦果を挙げるべく頑張る事となった。

いらん子中隊メンバー[編集]

穴拭 智子(あなぶき ともこ)(中の人中に誰もいませんよ
年齢16歳・身長160cm・扶桑皇国出身
スオムス左遷(当時の本人談)を食らった、一応本編の主人公の人。何故か女に好かれる体質であるが、本人はそれに否定的である。因みに、いつの間にかいらん子中隊の隊長になっていた。
空ではエースだが、夜間戦闘ではハルカの手により幾度と無く撃墜されている。
アニメ版一期にて扶桑人形[1]として姿だけは登場している。
迫水 ハルカ(さこみず はるか)(中の人中に誰もいませんよ
年齢14歳・身長153cm・扶桑皇国出身
の人。ガチユリ一号。小説版が無駄に百合百合してるのはほぼこいつのせい。因みに、本編のヒロイン担当なのか、拉致被害経験あり。
しかし一度智子のストライカーに細工をして、墜落させたりもした。ちなみにお咎めが無かった。これに関しては…
昼間は十二試艦上戦闘脚を使用しているが、夜間戦闘では夜間戦闘脚月光を使用している。こいつの20mm斜銃で今日も智子の下にもぐりこんで撃墜するぜ。
アニメ一期のDVD特典『秘め声CD』にて、今なおスオムスにいるよう匂わされており、節操のない危険人物として主に彼女ほどの積極性を持ち合わせていない同類に恐れられている。
エルマ・レイヴォネン(中の人中に誰もいませんよ
年齢15歳・身長162cm・スオムス出身
糸色望黒姫のフュージョン説がある、中隊最初の隊長。ガチユリ人生落伍者の掃き溜めをよく維持してくれた功労者。しかし智子が隊長になってからは気が抜けたのか、自身が人生落伍者になりつつある。
ドジっ子属性こそ持つものの、いらん子中隊の中では数少ない健常者である。
ウルスラ・ハルトマン(中の人野川さくら[2]
年齢10歳・身長148cm・カールスラント出身
エーリカ・ハルトマンの。読書中毒にして、人生落伍者一号。なお、本編の空気担当……(´・ω・) カワイソス。
因みに、アニメ版のまっとうな挙動のハルトマンの正体は彼女だとか……。
とか思っていたらアニメ二期にまさかの出演。このときは本国でストライカーをシコシコ開発していたらしい。
501に受領させた新型ストライカーユニットの欠陥のお詫びと称して本国特産の大量のジャガイモを持参して謝りにきた。
エリザベス・F・ビューリング(中の人中に誰もいませんよ
年齢18歳・身長165cm・ブリタニア出身
人生落伍者二号。以前は中東の某国外人部隊に所属していた凄腕の「[傭兵]]であり、そこでリーネのと共闘していた。
類まれな英国根性を持った御仁だが、紅茶が嫌いな非国民
希代のヘビースモーカーであり、他の隊員とはベクトルの違うおかしさを持つ。
キャサリン・オヘア(中の人中に誰もいませんよ
年齢17歳・身長167cm・リベリオン出身
人生落伍者三号。南部の田舎者で、小説版メンバー屈指のおっぱいマイスター。空母レキシントンの航空隊を全滅させたウルトラエースである。
そこではあまりにストライカーを壊す為、畏怖と憐憫と侮蔑と嘲笑を込めて”撃墜王”と呼ばれていた。しかし、スオムスに来てからはリベリアンとは思えないほど健常者な振る舞いをしている
ジュゼッピーナ・チュインニ(中の人中に誰もいませんよ
年齢16歳・ロマーニャ出身
途中出場のガチユリ二号。『能力を完全に見切り、完全にコピーできる』と言うスタンドを手に入れている[3]

いらん子中隊以外の御仁[編集]

加藤 武子(かとう たけこ)(中の人中に誰もいませんよ
扶桑皇国出身の智子の戦友。現在、カールスラントへ出向中。
ミカ・アホネン(中の人中に誰もいませんよ
スオムス出身のガチレズ娘。いらん子中隊の名付け親でもある。「ミカ? ……なんだ、女か
ハンナ・ルーデル(中の人中に誰もいませんよ[4]
カールスラント出身のチート娘。
〈戦果〉
  • 多脚戦車1000輌以上
  • ジグラット800輌以上
  • 航空兵器(撃墜)9機
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル(中の人ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
ハンナ・ルーデルのでメインキャラ唯一の男性であり、本人その人である。本人だからもちろんロリコンであり、少女に囲まれてこれ以上に無く幸せのようだ。
〈戦果〉
  • 多脚戦車800輌以上
  • ジグラット519輌
  • 航空兵器(撃墜)9機
もちろんこちらの世界でも戦果を他の娘にあげているのでもっと増える。
アーデルハイト(中の人中に誰もいませんよ
カールスラント出身のルーデルの舎弟。モデルはエルンスト・ガーデルマンと言われている。2人の化け物兄妹に振り回される苦労人
兄ルーデルの乗るJu87シュツーカが帰還時に機体が爆発できないほどバラバラになって、後ろに座っていたアーデルハイトがルーデルの遥か前方に投げ出され肋骨を三本骨折していても、妹ルーデルに「休んでいる暇はないぞアーデルハイト、出撃だ!!」と無理やりストライカーを穿され出撃させられてしまう不幸な子である。
ハッキネン(中の人中に誰もいませんよ
智子たちが所属するカウハバ基地の偉い人。モデルは恐らくミカ・ハッキネンの奥方と思われる。

漫画版 (蒼空の乙女たち)[編集]

この漫画ではいわゆる『パンツ以外の何か』というものは存在しておらず、皆普通にスカートなりズボンなりを着用している[5]。また劇中「なぜ力があるのに魔女をやらないのか」と言う質問に「パンツ見えるから」という台詞も存在しているが、私は深くは知らない。

この漫画は今の501を中心とした展開ではなく、イラストコラムの延長という意味合いが強かったような気がする。なので今の501主体とした界隈で、この漫画のメンバーは脇役をやっていることが多い…。漫画というメディアの展開で言えば一番最初であったというのに…。いや、黒歴史にならないだけましと思わなければいけないのか…?

青少年に不適切な表現があったという事で、打ち切りの憂き目を食らった。この漫画の終了の直後、いろいろあってプロジェクトは停止した[6]

紆余曲折の末再び浮上した本プロジェクトだが、まさか「パンツじゃないから~」という開き直りにも近い魔法の言葉と共に走り抜けるとは、この頃を知っている諸兄には想像もしなかった事だろう。うん、かくいう私もその一人だ。

蒼空の乙女たちの登場キャラクター[編集]

諏訪 天姫(すわ あまき)(中の人花澤香菜
何故か、アニメ最終回にゲスト参戦した新人さん。メガネキャラのお約束、ドジッ子属性を所持してたりする。
漫画では寝起きから同室の疾風にアンアン言わされて、飯炊き係をしていた。漫画自体この娘が入隊するところから始まるので、この時はまだ見習い以前のひよっこ。使い魔の能力がチート並にハイスペックだった記憶がある。
三姉妹の次女。
諏訪 真寿々(すわ ますず)(中の人中に誰もいませんよ
現在の歴史での確定事実は砂漠で飛び回っていた所が確認されている。しかし漫画内の天姫の回想では、なぜかブルー○・ウィ○スに混じって宇宙へ上がっていた。
三姉妹の長女。
諏訪 五色(すわ ごしき)(中の人中に誰もいませんよ
私が最後に覚えているのは、でかい達磨みたいなのの頭に取り残されてしまって泣き叫んでいる姿。ちなみにこの頃はまだストライカーを履けないペーペー。疾風と共に天空の乙女たちに出演している、この時点ではすでにいっぱしの○女。
三姉妹の三女。
中島 錦(なかじま にしき)(中の人三瓶由布子
天姫のパンチラをみて喜んでいた人。天姫との愛を徐々に育もうとしていたが、既に秘密の花弁は妹によって蹂躙されていた…orz
中島 疾風(なかじま はやて)(中の人中に誰もいませんよ
錦の妹、エロ女王。迫水など遠く及ばないその性欲はとどまるところを知らず、ついに作品自体にストップをかけてしまうほどの直接描写を披露した。
3話の時点で本性を表し、天姫をそのテクで朝から悦ばせたかと思えば、五色の唇を奪っていた。最終的に姉○丼まで持っていこうとしていたようだが、世間がそれを許さなかった……orz
デフォルメ絵で何とかごまかそうともしていたが、焼け石に水だったんだろうなぁ。

漫画版 (天空の乙女たち)[編集]

『蒼空の乙女たち』の反省を鑑みてか、『宮藤芳佳がウィッチとして正規の特訓を受けていたら?』と言うパラレル要素含みであるが、アニメと直結した仕様として再漫画化となった。

登場人物

竹井 醇子(たけい じゅんこ)(中の人浅野真澄
美緒の朋友である、当作品内での芳佳の師匠。どうやら、ゲーム版で登場決定となったらしい。
某所で「リバウの貴腐人」と呼ばれたことで「うほっ」が好きな人になってしまった(非公式)。その為、某所で出て来る時は「そっち系」の本を片手に薔薇談義したりする。

その他[編集]

イラストコラム版[編集]

ウィルマ・ビショップ (Wilma Bishop)(中の人中に誰もいませんよ
ブリタニア出身・年齢は39年時で16歳(44年時では退役済み)
アニメ版に登場するリネット・ビショップの実の姉で、階級は軍曹。愛称は「ウィルマ」「万年軍曹」など。一応ブリタニアにおいての撃墜王ということになっている。一応
ジジ専で、退役後50台のおっさんと結婚。動機は不明であるが、良くも悪くもその点が尖っており他の事柄が話題に挙がらない可哀相な人ではある。まぁぶっちゃけ財s禁則事項です[7]
ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン (Nikka Edvardine Katajainen) (中の人中に誰もいませんよ
スオムス出身・年齢は13歳(44年時)
階級は曹長で、スオムス時代のエイラの戦友である。通称は「ニパ」「ついてないカタヤイネン」。趣味は掃除。血縁にあんな人こんな人がいる。
アビリティとして超回復と「ガッツ」、加えて不運を所持する。この為、被撃墜や事故による負傷は異常に多いものの、即死級のダメージは確実に回避しそれ以外は超回復によって即座に治癒してしまう。こと生存率に関してはある意味チート級に高い。
例に漏れず人物像がハッキリしていない。今日も日本どこかで、「エイラとはアレな関係なのか」「エイラにはサーニャかニパか……」「スオミーってことは話し言葉は半角カタカナでいいの?」などの血で血を洗う争いが繰り広げられていると思われる。
502統合戦闘航空団の「クラッシャー3人組」の一人。
黒江 綾香(くろえ あやか)(中の人中に誰もいませんよ
扶桑出身・39年時17歳大尉。通称「魔王」「魔のクロエ」、あるいは「痴女」「露出狂」等。
「空では誰も見ていない」を地で行く非常に特徴のある服装を好む。

同人誌版[編集]

アフリカの魔女
砂漠の虎
スフィンクスの魔女
野上武志の同人誌。ただしバックには原作者島田フミカネ、世界観設定と軍事考証の鈴木貴昭がついてる半公式。
アニメの没設定とか入ってる。なんで没かは禁則事項ですです。
異常に燃え成分が多い。つーかオッサンばっかり。多分ウィッチより出番が多い。
ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ(Hanna-Justina Marseille)(中の人伊藤静
カールスラント空軍及び統合戦闘飛行隊「アフリカ」所属の中尉。年齢とか体重は軍事機密です。「アフリカの星」とかいわれちゃう超絶イケメンウルトラエース。
ただし撃墜数は100程度。「少なくね?」とか思った君は一人で戦車の履帯交換だ。
ウルトラエースなのになんでそんなに少ないかっていうと、アフリカに出るネウロイはデカイ、とにかくデカイ。しかも強い。大して強くもないキューブ型ネウロイで撃墜数稼いでるエーリカ・ハルトマンどっかの誰かさんとは違うのだよ。ちなみに他戦線と同様のスコアに換算すると約3倍で300機以上、ブッチギリだね。
特技はMG34の「おっぱいリロードおしりロード」。見たらアラバマの同級生に自慢出来るぜ、YEAH!
牛乳好きで人外で気まぐれな性格故か、多分ルーデルとよく合う。「みんな牛乳飲めよ」後アホ毛触覚。そして、豊満なおっぱい
アニメ二期にて誰もが予想外の出演。このときかなり粗暴で協調性に欠ける性格のように描写されていたが、速い話エーリカとゲルトに対するツンデレである。
『伝説の魔女達』と呼ばれ世界中から賞賛される501に乗り込むに当たっての勇み足とも考えられる[8]

加東 圭子(かとう けいこ)(中の人中に誰もいませんよ
二十ン歳のババア元ウィッチその1。扶桑皇国陸軍アフリカ派遣独立飛行中隊「砂隊」の隊長、大尉。色々あって一回引退したけど20歳超えて復帰した猛者。
趣味はカメラ。使い道は出歯k検閲により削除。事実マルセイユのアレとか撮ってるし、とんだヘンt……もといジャーナリストですね。
フレデリカ・ポルシェ(中の人中に誰もいませんよ
24歳のババア元ウィッチその2。下手したら作中最高齢ウィッチかも。(一応元ウィッチだけど)カールスラントアフリカ軍団(KAK)技術実験隊所属技術少佐。VI号実験陸戦型ストライカーユニット、ティーガー担当。
なんというか・・・エロイ。ひたすらエロイ。24歳という年齢を感じさせないほどの張りのある巨乳、ふくよかでむっちりとしたフトモモ、そして常に裸Yシャツズボン一丁という服装。パーフェクトだ。
モデルはかの有名な変態天才戦車設計技師、フェルディナンド・ポルシェ博士。

インターネット版 - 「世界の航空歩兵シリーズ」[編集]

アメリー・プランシャール(Amelie Planchard)(中の人矢作紗友里
自由ガリア空軍所属の軍曹。ペリーヌの相方。ペリーヌが501所属となってピンになって以降アフリカに飛ばされたり島流しにされたりとロクな目にあっていない。更にCV付きのウィッチの中でただ一人アニメ出演をハブられる。合掌。
フェルナンディア・マルヴェッツィ(Fernandia Malvezzi)(中の人森永理科
ロマーニャ公国「赤ズボン」隊隊長。階級は中尉。秘め声CDがうざいと評判に。赤ズボン隊は504統合戦闘航空団所属。
ルチアナ・マッツェイ(Luciana Mazzei)(中の人広橋涼
ロマーニャ公国「赤ズボン」隊のメンバーで、階級は少尉。通称南海キャンディーズのしずちゃん。もしくは人間山脈。リネットと同じく長距離狙撃が得意。
マルチナ・クレスピ(Martina Crespi)(中の人水橋かおり
ロマーニャ公国「赤ズボン」隊のメンバーで、階級は曹長。近接格闘戦が得意らしい。弾切れでやむを得ずネウロイをストライカーで蹴って攻撃し、ストライカーを破損させた事でこっぴどく叱られた事があるらしいが、502ではそんな事日常茶飯事なので気にする事は無い。
ハイデマリー・W・シュナウファー(Heidemarie W. Schnaufer)
巨乳メガネっ娘。これで15歳というのだからこの世界は何かがおかしい。現在明かされているナイトウィッチ3人の内の一人。サーニャとは交流があるらしい。
ハインリーケ・プリンツェシン・ツー・ザイン・ウィトゲンシュタイン(Heinrike Prinzessin zu Sayn-Wittgenstein)
名前なげぇ正真正銘の貴族。通称プリン姫。功績スタンプ集めるとあんな事やこんなことを・・・。現在明かされているナイトウィッチ3人の内の一人。「リカバーできる程度の整備ミスをして、ぐりぐり踏まれるところをローアングルで観察するだけのお仕事です。でもやり過ぎるとクビにされるので、その加減の駆け引きが俺を熱くする」byストライカーの整備士
ヴァルトルート・クルピンスキー(Waltrud Krupinski)
カールスラントのウィッチでは珍しく気楽なウィッチ。エーリカの性格は彼女の教育の賜物。しかし実力はとても高く、502の中でもトップエース。
防御を捨てれば撃墜できるという状況下では迷わず攻撃を選択する性格のせいでストライカーを破損させる事が多く、怒られてばかりいる。しかしストライカーを1機全損させる間に稼ぐ撃墜数は非常に優秀。
新人ウィッチにちょくちょく手を出しているようで、同隊のロスマン曹長にもよく怒られる。
けど今のところ下原にお株を奪われてる感あり。
502統合戦闘航空団の「クラッシャー3人組」の一人。
管野 直枝(かんの なおえ)
502ではニパに並んでストライカーを破損させている事から「菅野デストロイヤー」という異名がある。典型的な一匹狼だが、同隊のポクルイーシキン大尉、下原少尉には気を許している。
502統合戦闘航空団の「クラッシャー3人組」の一人。502の淫獣の犠牲者その2
エディータ・ロスマン(Edytha Rossmann)
502のカールスラントのウィッチ。長い軍歴を持ち、曹長でありながら尉官佐官からも厚く信頼されている。カンやセンスに頼らない堅実な戦法を取る為、多くの新人ウィッチの教育を任され、一人前に育て上げた。エーリカを教育したのも彼女。その為か「先生」という愛称で呼ばれている。断じて名前を縮めてエ○スマン先生とか、みたままロリ○ン先生などと呼んではならない。
502内では最年長の19歳でありながら、病気のせいで身体の成長が遅れている為に小柄なロリ体系。詰まる所合法ロリ。伯爵によれば3か月に1回若いウィッチの精気を吸って成長してるらしい。
自分が教えている新人をクルピンスキー中尉から守るべく奮闘している。しかし内心は信頼していて、怒るのは照れ隠しや嫉妬の可能性も。
アレクサンドラ・I・ポクルイーシキン(Aleksandra I Pokryshkin)
階級は大尉。隊長であるラル少佐に現場指揮を丸投げされており、「クラッシャー3人組」に頭を悩まされている。使い魔がホッキョクグマであることを気にしており「熊さん」と呼ばれると顔を真っ赤にして怒る。熊さん可愛いよ熊さん。
サーニャと同じ名前(サーニャはアレクサンドラの略称)であるが、こちらの愛称はサーシャ。ちなみにサーシャは本来男性の愛称(サーニャは女性)。正座の教授、という名目で下原にベッドに誘われた。
502の淫獣の犠牲者その1
下原 定子(しもはら さだこ)
宮藤ポジション。つまりは淫獣。可愛いものを見ると抱きつきたくなる抱きつき魔。502に着任した同日に気難しい菅野少尉を餌付けし、ポクルイーシキン大尉を口説き、ルマール少尉に抱きつく事で一気に3人とフラグを立てた。宮藤顔負けである。
502の基地内での部隊員管理方針が放任気味であるので、何かにつけ自身の欲望を滑り込ませる巧みさを身につけてしまう。
扶桑文化を大切にしており、正座というものを502に持ち込んだのは彼女だが、彼女の思惑を外れポクルイーシキン大尉によって懲罰に使われている。だがそれさえも彼女の策略であるかもしれない。扶桑の魔女って・・・。
魔導針は使えないけどナイトウィッチ適正(夜間視)もあり、実は結構なオールラウンダー。
ジョーゼット・ルマール(Georgette Lemare)
リーネポジション。下原少尉とよく一緒に行動している。固有魔法に治癒魔法を持つが、使うと「体が熱くなる」体質、ゴクリ・・・。
小柄な身体に似合わず大食い。502の数少ない常識人。
下原の着任当日の夜、あまりの空腹で基地内を食料を求めて徘徊していたところを、下原にキャプチャーされる。菅野よろしく美味い飯を食わせて、満腹になって油断したところに必殺の抱きつきをかまされた。しかも部隊員の面前で。既成事実の完成である。
502の淫獣の犠牲者その3

脚注[編集]

  1. ^ a b 早い話、フィギュア化。
  2. ^ まっとうな挙動のハルトマン疑惑からの推測。
  3. ^ 本国にいた時、ギャングで刺されたとも、行方不明になった際に吸血鬼の手によってを刺されたとも言われている。
  4. ^ 現在、某所の活躍振りから、[[渡辺明乃|]]の担当が噂されている。
  5. ^ 但し、下着は全員ローレグだったりする。流石である。
  6. ^ なお、プロジェクト停止と漫画の打ち切りとは関係ない。
  7. ^ 余談だが、アフリカに同じような元ウィッチがいるにはいる。
  8. ^ 現に、カールスラント3人組で唯一ミーナさんj隊長とは、やはり怖いのか、ほとんど関わっていない

関連項目[編集]

{{スタブ (漫画)}} {{DEFAULTSORT:すとらいくういつちいす めていあみつくすはん}}