利用者:間久部明人/Sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

目次

書評[編集]

幸福の科学出版㈱

新時代のメディア・ミックスを志向しており、出版映画・"説法"・「勧誘」(重要)などがやや支離滅裂に組み合わさった"独特の精神世界を垂れ流して"いる。

死んでから困らない生き方 スピリチュアル・ライフのすすめ[編集]

どんなに科学が進歩してもあの世はありません。

真の「守護霊リーディング 小澤一郎の本心に迫る」[編集]

日本のプライマリーバランスを語る。
間久部明人:小澤先生は今の日本を覆っている税制論議についてどのようにお考えでいらっしゃるのですか?
小澤一郎(の守護霊):君はそんなこともわからないのかね。危機に直面するのなら上げるに決まっている。答えはそれだけだよ。
間久部:そうですか。
小澤:ただ増税というのはやはり反感をもたれる。考えているのは税制であり税率ではない。まずは公益法人の改革だ。
間久部:すると?
小澤:まず公益法人はあまりにおかしい。そもそも税を払わないで減免されているのに何が公益法人なのかがわからない。特にひどいのが宗教法人だ。〇〇の〇〇の〇川隆〇というのはまったくどうしようもない。勝手な思い込みで僕のことを支離滅裂に書き散らしている。

編集人より:推測

間久部:・・・
小澤:日本に本物の宗教なんてのはそもそもないんだよ君。公益を標榜するならまずは納税から始めないといけない。
間久部:すばらしい政治ですね。
小澤:簡単に特例を作るのは良くない。一律に課税して怪しげな宗教がはびこるのを抑えるのが政治の仕事だ。ためらわずに突っ込むのが本来なんだよ。変なことを考えるから今のような結果になってしまった。
間久部:

編集人より:破壊屋(優れたサイトです。)

政界再編の見通しについて
間久部:今の菅直人内閣ではやはり仙谷由人(官房長官)でしょうか?
小澤一郎(の守護霊):君はどう思うか?僕はあれは”四国の狸”だと思っている。大体”四国の狸”はろくなのがいない。
間久部:これは宗教法人の改革論議とも密接に関連しているのですね。

編集人より:推測2

真実の「小澤一郎守護霊」 大いに吠える。
女性と政治
小澤一郎(の守護霊):僕は政治に国民の注目を集めたいんだ。そこで感じのいい女性を党として応援しているんだ。
間久部:「小澤ガールズ」のことでしょうか?
小澤:変な名前の付け方はやめたほうがいい。まじめだし純粋だし何とかいい方向に向けていきたいんだ。
私は間久部明人を信じている。
小澤一郎(の守護霊):君は家庭はどうなんだ。
間久部:いや・・・。
小澤:国会議員といっても家に帰ればいろいろだ。三宅(三宅雪子)君のところなど大変だ。あの子たちもいつまでも議席があるわけではない。残れるのはいくらもいないだろう。だから今のうちにしっかりと政治を学んでもらいたくて中国に連れて行ったんだ。
間久部:”小澤学園”の校長自ら引率しての修学旅行ということですね。
小澤:変な名前が好きだな。
二大政党制の真の狙い
間久部:自民党は今谷垣(谷垣禎一)総裁の下なかなか活発なメディア戦法を進めていますが。

編集人より:推測3

小澤一郎(の守護霊):谷垣さんは自転車が好きなんだ。羽田孜(第80代内閣総理大臣)さんも趣味がある。歌がうまい。
小澤:今の民主党も自民党も面白みがない。ただネット(YouTube)で悪口を言い合うなら例の(尖閣諸島中国漁船衝突事件ビデオの方がよほど価値がある。だからみんなの党に票が逃げる。喫茶店の店主(松田公太)は候補者としてはまあ正解だ。
間久部:アナウンサーから議員になった人もいますが。
小澤:丸川珠代のことか?大体かわいげがない。あれも"四国の狸"の一味だ。
間久部:面白い芸をするのは本当に難しいです。大体分かりもしない政治について相手方政党の発言を批判しなければならないのは真面目な人には負担が大きいです。
小澤:君も鋭いな。
幸福の科学に迷走する可能性
間久部:幸福実現党に入党した議員もいました。
小澤一郎(の守護霊):二大政党制というのは本当は大変なことだ。常に選択を迫られる。今の議員にはそれだけつらい時代が来たということだ。大江康弘君も悩みがあるのなら打ち明けてくれればいいのに。あれではそのうち発狂するに違いない。だからこそ公益法人に政治が入らなければいけない。
間久部:・・・
政治資金規正法上の問題について
間久部明人:東京の検察審査会では先生について起訴すべきとの議決が出されました。
小澤一郎(の守護霊):君までそんなことを聞くのかね。例の尖閣諸島のビデオと同じだよ。素人がビデオをまわしたってしょうがない。NHK(日本放送協会)でいう”視聴者投稿のマイビデオ”だよ。
間久部:するとそのままでいいということですか?
小澤:・・・


取材を終えて[編集]

「小澤一郎の守護霊」は現実の小澤先生よりも多弁で大変社交的な霊でした。よく人間世界で言われる”剛腕”さはなく、細やかな気配りをする守護霊という感じを受けました。--間久部明人 2010年11月23日 (火) 12:07 (JST)

大川きょう子 守護霊霊言 幸福の科学中川隆との結婚生活20年[編集]

人生すべてに学びあり
間久部明人:はじめまして間久部明人です。下界ではの猛暑も去りずいぶん寒くなりました。
大川きょう子(中川恭子)の"守護霊":いえいえ。
間久部:中川さんは宗教法人幸福の科学代表である中川隆氏と1988年に結婚し現在5人のお子さんをお持ちですが、代表と同じく東京大学文学部英米文学科を卒業しています。
大川:中川は法学部でしたが。卒業してすぐに結婚したので学部も何も。
大川:当時の中川は私にほれ込んでいまして、結婚当初など本当に大変でした。ちょうど仕事もやめて不安にかられた時期で毎晩のように求められていました。
間久部:しかしそれでも夫婦でなくなることはなかったのですね。
大川:同じころに卒業した女子学生は全体の2割くらいでした。家庭の話はまず聞きません。中川との結婚は東京大学の女子学生としては破格のものでした。
間久部:しかし最近では東京大学を卒業した女性が華やかな活躍をしています。
大川:自由民主党参議院議員である片山さつきさんは大変に華々しく心から尊敬しております。あの方のホームページはすごいですね。
間久部:そうですね。拝見する限りでは”❤日本をギリシャ化させない財政経済のプロ!!❤ ♡自由主義の切り札♡”とあります。私間久部のような劣悪な理解者ではその真意が・・・。 
編集人より:公式ホームページ
大川きょう子(中川恭子)の守護霊:確かに常識を豪快に覆すというのでしょうか?ああいう方は学生の時は周りに何人かいましたが。
間久部:片山議員はかつて舛添要一厚生労働大臣と結婚しておりました。
大川:豊富な男性経験をお持ちなんでしょうか。"♡さつき人生相談♡"はなかなか面白く読ませていただきました。
編集人より:さつき人生相談
間久部:東京大学卒業の女性はその人生のすべてに旺盛な意欲を誇っていらっしゃるというのでしょう。
大川:何か?
間久部:・・・
本当の自分をさがして 幸福への招待
大川きょう子(中川恭子)の守護霊:私は中川を尊敬しております。舛添議員は結局片山さんと続かなく・・・あの方は何回結婚しているのですか?
間久部:少なくとも3回でしょうか?
編集人より:舛添要一
大川:また中川の著作も舛添議員の著作も大差ありません。
間久部:確かにそのとおりです。
編集人より:幸福の科学出版
ますぞえ要一 ブックス
大川:中川の著書を「強烈に逸脱した精神世界を垂れ流すもの」と評する人もいますが、これはひとつのリハビリ作業療法でもあるのです。田代政さんのトークショウと同じです。
天使を育てる教育法 愛いっぱいの子育ての知恵
間久部明人:大川さんは5人のお子さんを持つお母さんですが。
大川きょう子(中川恭子)の守護霊:が二人いますのでよい趣味を身につけさせようとピアノ家庭教師をつけました。しかし学生のときのレッスンを思い出してしまい少し失望しました。
間久部:娘さんが厳しい先生についていけなかったのですか?
大川:同級生で優れたピアノの演奏をするという女性がいましたので、一回演奏を聴きにいきました。その演奏はいかにも大演奏家のものでして、前人未踏の高山を開拓するような強烈な印象を抱かせました。"まじめに"と指定されると「この世の終わりが今来ており、ハルマゲドンに今いるか」のような悲愴感と英雄的な脚色をするのです。
間久部:期待した”品のよい趣味”とは離れたものだったのですね。
母親の価値ある仕事 天使を育てる心構え
大川:しかし今の娘がそれとそっくりに弾くのです。
間久部:知人に野田憲太郎君という演奏家がいます。左足でピアノを弾くという荒業を難なくこなします。京都市立芸術大学からの俊英ですな。
編集人より:野田憲太郎
大川:野田さんの演奏はYouTubeで見たのですが、まさか娘があのようなことをするとなると・・・。
間久部:これは片山議員の人生とも関連が深いのでしょう。
大川:何か?
間久部:・・・

国家社会主義とは何か 公開霊言 ヒトラー・菅直人守護霊・胡錦濤守護霊・仙谷由人守護霊[編集]

書評:宗教法人を否定することです。

仙谷由人氏"守護霊"に聞く[編集]

幸福の科学宗教をどう思っているのか
間久部明人:2011年も明けました。2010年内閣官房長官としても多忙な1年でした。
仙谷由人衆議院議員の守護霊:今の日本社会は不景気が覆っています。怪しげな邪教に何で東京大学を卒業した優秀な学生が入信するのでしょうか?特に若く純粋な学生が狂っていくのは見るに堪えません。
間久部:やはり学生にしてみれば名の知れたところに就職したいのでしょう。
仙谷:私も若いころは似たような感じで弁護士の非力を味わされてきました。特に若くこれからの人というなら尚更でしょう。宗教を蔓延らせないようにするのが政治の責任なのです。

民主党幸福実現党との連立は可能なのか[編集]

仙谷由人の守護霊:何ですか?ご質問は現実に即したものにしてください。

渡邉恒雄 守護霊霊言 報道取材の自由と半世紀 日本亡国の選択[編集]

書評

渡邉恒雄読売新聞グループ本社代表取締役"守護霊"への質問[編集]

間久部明人:ようこそ下界へ♥。
渡邉恒雄代表取締役主筆の守護霊:いや近かったよ。本人に会いたくて会いたくて。
間久部:渡邉主筆は大正15年5月に東京府豊多摩郡馬橋村(現在の杉並区高円寺南)にお生まれになり、旧制開成中学校を経て東京帝国大学文学部に進み、附属新聞研究所ジャーナリズム論を研究した後読売新聞社に入社。現在では主筆として言論の第一線を担っています。また読売巨人軍の宣伝・演出をも行うなど日本大衆文化のすべてを掌握する有数の文化人でもあります。
読売新聞の未来
渡邉主筆の守護霊:僕らの頃の開成中学はだめなのばかりだった。優れた学生はみんな府立中学に進んだんだ。今は城内実君など家庭よし頭脳よしの名門になったがね。
間久部:渡邉主筆が1950年(昭和25年)に読売新聞社に入社してから60年間が経ちました。
渡邉主筆:今はインターネットが文化を支えている。格下のメディアといわれるが、入社したころの新聞週刊誌もそんなものだった。新聞を購読しない家庭が増えているのは気にかけている。
間久部:新聞は持ち運びに不便ですし読み終わった後の整理も大変です。それに複数紙を閲覧したいときにはどうしてもインターネット版の方が便利です。
渡邉主筆:しかし電子版は記者の責任があいまいなまま伝わってしまう。このウィキペディアアンサイクロペディアのようにあまりにも無責任な記事が多すぎる。取材をしないでインターネット記事から紙面を引用するとは怪しからん。
間久部:主筆が理想とされているこれからの新聞とはどのようなものなのでしょうか?
渡邉主筆:新聞とインターネットは優劣を競うものではないんだ。インターネットの記事だって新聞の取材や紙面の構成などで培った技術がそのまま応用されている。それに優れた記事を無責任なインターネット版が載せつづける図式というのはいずれ改善を求められるだろう。
間久部:主筆のお考えになる優れた記事とはどのようなものなのでしょうか?
渡邉主筆:新聞は起こった事件をただ伝えるだけではその価値がない。それなら役所の官報の方がいい。むしろ新聞はその表現に政治的な価値を乗せなければいけない。
若いときは"ワタツネ"とあだ名されていたんだが今では"ナベツネ"になってしまった。僕のことを貶すインターネット記事が多すぎるけれどこれはこれで満足している。ナベツネがこれだけ宣伝されているんだ。
間久部:読売巨人軍の選手が記者会見をする場についても主筆が演出指導をされるなど最高のプロデューサーとなっています。
渡邉主筆:僕らの若いころは娯楽が禁じられていて本当にどうしようもなかった。読売に入って目指したのは品のある文化や健全な娯楽だ。野球や読売日本交響楽団読売旅行社を手がけるのもそのためだ。

日本の政治家との親交[編集]

間久部:渡邉主筆は近年では政治的な対話を呼びかけられるなど日本政治にも大きく尽力されています。
渡邉主筆の守護霊:もう3年になるのか。”ナベツネが大連立をけしかけた”とかいっているけれど本当はそうではない。野党与党という強迫観念にとらわれすぎているのはずいぶん幼稚だ。
間久部:そうですね。
編集人より:[1]
渡邉主筆:今は小澤一郎さんのことで毎日が明け暮れている。小澤さんが仙谷由人内閣官房長官)のことをタヌキと言ったとかいわないとか・・・。これは政治報道としては不公平だ。民主党議員の"仁義なき戦い"を何回も見せ付けられるのは素材として貧弱だ。新聞は小澤さん専用のYouTubeではない。
間久部:放送法(昭和25年5月2日法律第132号)第3条の2の条文中第2・3・4各号に政治報道の指針が定められています。
渡邉主筆:放送ではそうなんだ。今は”野党”に化けてしまった自由民主党にも優れた議員が多くいるし、日本共産党社会民主党もそうだ。若いころの仙谷さんは理想に燃えていた。
間久部:憲法第41条にいう最高機関ですね。
渡邉主筆:そうなんだ。公平に論評をしなければならない。

自らの過去世について[編集]

間久部:渡邉主筆はかつては自転車新聞販売所を直接視察されていました。
渡邉主筆の守護霊:つい15年くらい前までは当時発売された電動自転車にまたがって読売や朝日新聞毎日新聞中日新聞といった新聞の販売所を訪問させてもらった。新聞は自転車で配達するから自転車がパンクしないための空気入れが店に備えてある。その空気入れを貸してくださいといって軒先から店内を見せてもらうんだ。販売促進のためにはこれも必要なんだ。
間久部:なるほど。
渡邉主筆:しかし一回事故にあってしまいこれは危険な散歩だということで電動自転車ごと家族に取り上げられてしまった。もう少し若かったら谷垣禎一さんと一緒に視察旅行に行けたのになあ。
間久部:谷垣禎一自由民主党総裁は健脚の持ち主で、専用の最高級自転車を数十台近くそろえており、余暇には競争のための訓練に励んでいます。
渡邉主筆の守護霊:あの方はもう少し政治的な色彩を出してくれればいいのにな。自転車は自動車と競争するためのものではない。自動車の車窓からの風景とは違った臨場感を楽しむためのものだ。
"まじめですから"と言うけれどあれでは◎◎だ。何もかわいい女の子丸川珠代)の肖像写真をシャツに印刷しなくてもいいじゃないか。それも「この愚か者めが」と添え書きをつけてまで。だから新聞は政治的な価値を紙面に盛り込まなければいけない。あんな商品を紙面に印刷させることは何としてもやめさせなければならん。
間久部:主筆は女性にお優しい方なんですね。
渡邉主筆の守護霊:・・・

保守正義とは何か・♡自由主義切り札[編集]

間久部:渡邉主筆のお若き時代は女性の教育もまた現在のものとは異なった制度がしかれていました。
渡邉主筆の守護霊:そうなんだ。東京の才能ある女性は女子高等師範学校日本女子大学などに進学したんだ。今のように女性がお役所に入って仕事をこなすようになったのはここ最近30年くらいなんだ。
間久部:そして現在では女性議員の参加もまた広がっています。
渡邉主筆:ちょうど僕の一級上の男たちは戦争に駆り出され多くが戦死したんだ。惨めだったんだ。残された女性が電車車掌までやらされたんだ。教育を受け高邁な志を持った女性が結婚に問題を抱えるのは今も昔も変わらない。
間久部:小澤議員はそうした女性こそが政治に参加することを企画していました。
渡邉主筆:いやその前の小泉純一郎内閣総理大臣のときからだよ。田中角栄先生のときは放送に出演した女性芸能人山東昭子)を頻繁に擁立していたけれどね。
間久部:小泉純一郎総裁のときと言えば片山さつき議員でしょうか?
渡邉主筆:あの子こそ娯楽を持ってもらいたいな。テニスの選手になるつもりなのかな。読売新聞も議員ウェブサイトの作成に協力しなければならない。
間久部:財務省当時の標語にとらわれて政治活動が理解できないということでしょうか?
渡邉主筆:周りの男がどう支えるかは難しいところだ。本当はまじめな子なのにな。
間久部:主筆は本当に女性にお優しいのですね。
渡邉主筆の守護霊:・・・

宗教イノベーションの時代 目からウロコの宗教選び(156)有名教団のトップが「公開霊言」に登場!! 宗教法人オウム真理教開祖麻原彰晃本名松本智津夫)"守護霊"がその本心を激白![編集]

編集人より:書評
間久部明人:はじめまして間久部明人です。
麻原彰晃(本名松本智津夫)の守護霊:いやあずいぶん前に死刑が確定したんだからいつこっちへくるのかと待っているんだけどなかなか来てくれない。こっちは下界と違ってインターネットも自由に使えるんだ。上祐史浩君もずいぶんおじさんになったなあ。
間久部明人:麻原彰晃開祖は昭和30年3月に熊本県八代郡金剛村に生まれ昭和62年に宗教法人オウム真理教を創業。平成7年逮捕された後は平成16年死刑判決を受け現在確定しております。
麻原:あの頃は40歳になったばかりでまだ若かった。最近の上祐君ももう50歳か、オウム神仙の会に来たときは女性にもてていてジャニーズ事務所に行くのかなと思っていたんだ。
編集人より:上祐史浩
間久部:オウム真理教は創立当初から若い年代の入信者が多くまた周囲との摩擦・修行などさまざまな議論を惹き起こしました。
麻原:でもな最初はただヨガをみんなでやろうという同好会だったんだ。ただ頭のよすぎる上祐君や村井秀夫君などが一流を求めすぎたんだろうな。

オウム真理教と2010年代の日本[編集]

間久部明人:オウム真理教には主に理科系の学部で学んだ入信者が多く、それに容姿の優れた女性信者がその勧誘や宗教活動の応援をすることで知られていました。
麻原彰晃の守護霊:そうだった。男性では村井君や上祐君の他に、遠藤誠一林郁夫豊田亨野田成人土谷正実石川公一中川智正君など一流のメンバーがそろっていた。女性ではチャコちゃん(石井久子)や飯田エリ子ちゃんなど気立てのいい子ばっかりだった。
間久部:今現在逮捕されてから15年がすでに過ぎ、開祖としてはオウム真理教に直に接することはなくなりました。
麻原:水中に潜水する修行や空中に浮揚する荒行などは本当は宣伝のための脚色だよ。でもな上祐君や青山吉伸君などはよくついてきてくれた。あの子たちも脚色だと知っていたんだ。オウム真理教にくれば気立てのいい子に会えるし何より勉強好きなんだから「ヨガを学ぶ」といえば抵抗がない。特に宣伝の本をいっぱい書いてくれたのがうれしかった。
間久部:2010年代に入り宗教法人幸福の科学はかつての麻原開祖のように国政選挙に立候補者を送り出すようになりました。
麻原:”四国たぬき”は人を化かすのがうまい。
間久部:幸福の科学にもなぜか東京大学を卒業したという入信者がいました。
麻原:あれは頭がよすぎて最後には発狂する。オウム真理教もそうだった。石川公一君は灘高等学校から東京大学医学部に進んだんだが何でオウムに入ったのかわからない。こっちもいい気になってたけど本当は迷惑だった。一番まともだったのは石井久子ちゃんだったんだ。確かに四国たぬきは最低なのばっかりだ。
間久部:土谷正実さんは化学合成の専門家でした。
麻原:こっちは冗談のつもりでサリンを作れるかといったのに本気にしたんだな。何がなんだか今でもわからない。おかげで守護霊の方が忙しくなったんだ。

インターネットと宗教[編集]

間久部:上祐史浩さんはひかりの輪を結成して今なお信者が集っています。
麻原彰晃の守護霊:あのころはインターネットがなく連絡は携帯電話か直接上九一色村まで行くかしかなかった。今の上祐君は本当に幸せだ。でも修行ができなくなっているのはオウム真理教ではない。
間久部明人:上祐史浩さんは早稲田大学理工学部時代から英語で議論することで知られていました。
麻原:そんなの誰でもできるよ。I am no guiltyだ。それにThe axis of evil,Koufuku-no-Kagaku.なんだ。あとBarak Obama is reincarnation of Shoko Asahara.というのもある。
編集人より:The Axis of evilReincarnation
間久部:すばらしい説法ですね。

宗教イノベーション[編集]

間久部明人:麻原開祖はこれからもう一度事業を興そうというおつもりはありますか?
麻原彰晃の守護霊:もう一度世界の宗教を研究して新宗教を興すというのはあるな。ただ入信する若い信者には気をつけなければいけない。特に東京大学や医者の卵にはな。妙にまじめにやられるとあっという間に死刑囚にされてしまう。人一人殺していないのにな。このアンサイクロペディアはその感覚を分かってくれるいい編集者ばかりだ。いやあ最高の取材だったよ。

公開「企画」 未来創造経済学 現代経済学の巨人による発言! どうすれば日本経済は復活できるのか!? 植草一秀先生に聞く。[編集]

書評
間久部明人:はじめまして間久部明人です。
植草一秀:いやいやこちらこそ。
間久部:植草一秀先生は昭和35年12月に東京都江戸川区にお生まれになり、東京都立両国高等学校を経て東京大学経済学部を卒業。昭和58年に㈱野村総合研究所に入社後は景気予測や企業業績研究の第一人者として研鑽を積まれ、旧大蔵省早稲田大学などでも研究者としてご活躍の後、2005年からはご自身の事務所「スリーネーションズリサーチ㈱」を設立し主に執筆活動に励まれています。
編集人より
事務所
執筆
間久部:2011年も2月に入り、菅直人内閣では与謝野馨衆議院議員を起用するなど政治的な動きもありました。景気回復税制論議など植草先生もまた第一人者として関心を深められているのでしょう。
植草:与謝野議員の起用はずいぶん思い切った任用ですね。よく民主党議員の方々は結束を守っています。
間久部:いわゆる消費税等の税率上昇させる論議が盛んな一方、名古屋市長など地方選挙では税率引き下げを標榜する候補も登場しました。
植草:税率を変えるのはともかく税収が上がる保障はありません。それにテレビ放送などで盛んに取り上げているのは放送の通信に対する焦りが原因です。
間久部:植草先生はよくいう「上げ潮」派の経済観をお持ちなのですか?
編集人より:上げ潮:用語
植草:本当はそうあってもらいたい。課税客体という"種"がないのに税収という"実"を食べようというのはありえません。
間久部:ところで植草先生と同時代の経済学者というと高橋洋一氏(元内閣府参事官)や有名な片山さつき参議院議員が印象に残っております。
編集人より
高橋洋一(嘉悦大学)
高橋洋一
植草:高橋さんは私より少し年長で、片山さんのほうが近いですね。

公共投資のあるべき姿[編集]

間久部:植草先生はかつてテレビ東京経済批評番組ワールドビジネスサテライト」に出演し時局寸評をしていました。
編集人より:テレビ東京
植草:テレビ番組は短時間でしかもテレビの画面に集中している人を対象に放映するからなかなか真意が伝わらない。しかしブログ発表も陳腐になりつつある。読んでくれる人が少なくなっているのでね。
間久部:それで”植草世代”の経済批評家は何とかインターネット通信で関心を引こうとtwitter発表などに精を出すのですが、強烈に逸脱した精神世界を露骨に”丸出し”するなど破綻している印象を受けました。
植草:優れた指摘です。高橋さんのtwitterももう少し整理してくれれば理解できますし、片山議員は演歌歌手への転進を検討されているのでしょう。高橋さんの放送出演には違和感を感じますが、これもひとつの公共投資といえます。氏の発言が受け入れられないにしても大方の昭和30年前後生まれの人には身近に感じられ、賞賛・反発いずれにせよ影響される層も出てきます。
間久部:放送による経済効果ですね。
植草:経済効果は時に”獲らぬ皮算用”といわれますが、経済学そのものが皮算用ですから片山議員の歌手活動も景気刺激策といえます。しかし東京大学に限らず女性が自ら”課税客体である事業”を興し遂げるのは難しい。
間久部:なるほど。氏らの一見逸脱した発表活動も「種を残すための試行錯誤」なのでしょう。

イノベーションの本質とは 新しい富の源泉を作り出せ[編集]

間久部:新しい富の種として関心をお持ちの分野はありますか?
植草:それは宗教しかない。私も憤慨していますが、宗教法人幸福の科学は勝手に私の著述を剽窃して中川隆霊言として値段をつけて売りつけている。著作権というものへの良心がまったく感じられません。守護霊免罪符ではありません。
間久部:いわば狂人ビジネスというものなのでしょうか?
植草:経済学が政治に翻弄される疑似科学であるだけにこうした盗作が横行するのは大変つらい。

起業家の条件とは何か(女性編)[編集]

間久部:植草先生のご出演番組であった「ワールドビジネスサテライト」はこれまで20年近く多くの女性出演者を起用しており、小池百合子衆議院議員など”政治的な党派を超えた人材”も輩出しました。
植草:それにテレビ番組で女性経済キャスターという人種が認められることになりました。結局政治と娯楽の”ない交ぜ”なのですね。
間久部:植草先生のご期待される女性経済評論家は?
植草:大体経済評論家というと信用されません。年代順にいうと荻原博子さんは家計簿パーソナリティですな。また勝間和代さんは名前のとおり勝たなければいけません。これも”勝間教”といえます。それにテレビ東京ではなくNHKで深夜に放送している経済番組もありますがこれも娯楽性に乏しい娯楽番組で失望しております。経済学の持つ"皮算用"性の難しさを痛感しました。
編集人より:NHK

木村智重幸福実現党)副党首守護霊」と読む”震災復興の道--日本復活の未来ビジョン”[編集]

書評:広告
書評:アマゾン
間久部明人:はじめまして間久部明人です。
木村智重(守護霊):この度の東北地方太平洋沖地震東日本大震災に遭われた方には心からお見舞いを申し上げます。ご家族を亡くされた方の心情は想像を絶するものでしょう。それでも絶望に陥ることなく、生かされた命を大事にしていただきたいものです。
間久部:木村副党首は昭和33年1月に大阪府に生まれ、京都大学法学部を経て旧東洋信託銀行に入り1994年から宗教法人幸福の科学に参加し、2009年より幸福実現党役員を務められています。
肖像

経済政策[編集]

バラマキの集積ではなく、大胆なビジョンと戦略性を
間久部明人:木村副党首はこの度の震災で日本国内の被害が多数多額に上る中、これからの回復をどのようにお考えなのでしょうか?
木村(守護霊):中川主宰がまた発作を起こされたんですな。私には何の予定も知らされず今初めて本の紹介を確認しました。中身はここ数年読んだこともありませんが。
間久部明人:
木村(守護霊):しかし私は主宰は必要だと思っております。間久部さんもあの狂気があるからこうして書評もできるし、私も泡沫候補ながらタブロイド紙夕刊フジコラムを連載しています。
記事
間久部:そのとおりです。ちょうど旧オウム真理教麻原彰晃開祖と"その他の幹部"に似た状態です。
「震災増税」は、さらに景気を悪化させる
間久部明人:”狂気の発作”にしては受け入れられやすい標語です。
木村(守護霊):幸福実現党政治結社ですから不利な”増税”を掲げることはできません。実は私の「本人」も一部編集に参加しているんです。天災被害からの回復に必要な資金は富裕団体や公益法人を国が速やかに接収して調達するしかありません。
間久部明人:確かに税収を待つよりは確実な方法です。
いまこそ勇気をもって「大規模な公共投資を」
木村副党首(守護霊):私としては宗教法人幸福の科学もここ数年のうちに解散するのかなと覚悟しています。教義も適当な書き換えばかりですし、まじめな信者が哀れになってきます。
間久部明人:アンサイクロペディアの世界に共感をお持ちなのですね。
木村(守護霊):震災の復興を目的に国に全てを寄付して解散してもいいのかなと。コラムの原稿料でも生活できますので。
経済活動が正常化するまで15~30兆円の無担保・無利子融資を
木村(守護霊):大川主宰もずいぶん勘定をするようになったんですね。

都市再建[編集]

コンクリートから人へ」では国土も国民も守れない
間久部明人:多くの防波堤防災対策建築津波による被害を受け自然の猛威を見せ付けられました。
木村副党首(守護霊):「コンクリートから人へ」でいいんですよ。壊れるものを作っても効果はありません。整備にも費用がかかりますし、「”ノーワーク・ノーペイ”」といいますから。
震災に強い鉄筋高層化の推進を
木村(守護霊):難しいですな。
計画的な復興は、官僚主導のほうが早く進む
木村(守護霊):これもそこに住む決意のある人が主導すべきでしょう。

原発(原子力発電所)問題[編集]

今回の事故で原子力発電をあきらめてはならない
木村副党首(守護霊):大川主宰は面白い方なんですよ。北朝鮮との関係強化を真剣にお考えなんです。
間久部明人:近隣国との関係ですからまじめにお考えなのでしょう。
木村(守護霊):北朝鮮の核開発を応援して原子力発電所を建設し、朝鮮半島対馬海峡を経て日本に配電するつもりらしいです。
間久部明人:つい先日の衆議院議員総選挙のときは「北朝鮮諸悪の根源なので世界地図から”抹殺”する」公約をお掲げになられていました。
木村(守護霊):また発作がぶり返したんですな。でも今回はとにかくまじめらしいですよ。
間久部明人:すばらしい計画ですね。ドクター中松先生にも詳しくお聞きしたいものです。
石油に頼ったエネルギー経営は国防上も危険
木村副党首(守護霊):自動車に乗らないで徒歩で生活するのは大変です。

食糧問題[編集]

放射能被害にあわない「野菜工場」や「海水魚養殖工場」をつくれ
木村副党首(守護霊):日本国内では無理でしょう。

【同時収録】地球物理学者・竹内均の霊言{れいげん}[編集]

木村副党首(守護霊):科学誌”ニュートン”(教育社刊)の読みすぎですかね?
ニュートン

週刊新潮に巣くう悪魔の研究-週刊誌正義はあるのか:小林善範(こばやしよしのり)先生"守護霊"からのご講評[編集]

見本
アマゾン
間久部明人:はじめまして間久部明人です。
小林よしのり先生(守護霊):ようこそ。
間久部:小林先生は昭和28年福岡県にお生まれになり、福岡大学在学中より漫画家としてご活躍。初期の作品「東大一直線」・「おぼっちゃまくん」など喜劇的な画風で広く知られていますが、現在では漫画家の分野を超えて時事評論「ゴーマニズム宣言」を発表されるなど日本大衆文芸文化を大きく担う一線の文筆家であります。
小林よしのり
ご肖像
間久部:新潮社発刊の週刊誌週刊新潮」を小林先生は頻繁にお読みになられるのでしょうか?
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

特別書評[編集]

島田裕巳先生守護霊を訪ねて 現代に読む”中川隆の霊言 神理百問百答 「幸福の科学」につけるクスリ 宗教キョーミなくても大丈夫! 信者も思わず笑う本![編集]

書評
間久部明人:間久部明人です。島田先生といえば2010年の名著「葬式は、いらない」(幻冬舎新書刊)でも”おなじみ”の宗教学者です。
島田裕巳(の守護霊):名著だなんて…。ほかにすることもないので書き溜めていた日記を出版社の人が拾ってくれただけです。
新書見本
間久部明人:島田裕巳先生は昭和28年東京にお生まれになり東京都立西高等学校を経て東京大学文学部宗教学科を卒業。大学院宗教学を専攻した後、放送大学学園・日本女子大学で教職に就き、現在では東京大学先端科学技術研究センター客員研究員の傍ら、専門を生かした独創的な著述を展開されています。
島田裕巳
近況
肖像
島田:学生を相手に教授するのは正直大変です。今の若い人の就職先の世話などとてもできません。
間久部:島田先生の平成3年のご著書「中川隆の霊言・・・」の中では「中川隆の著作150冊読破という偉業に挑戦し・・・84冊を超えたとき・・・突然中川の霊が憑依した・・」とお書きになられています。著書すべてをお買い求めになられたのでしょうか。
島田:それはありません。幸福の科学出版㈱の人は私の後ろをつけてきて、勝手に大川主宰(中川隆)の最新作ですと次々送ってくるのです。おかげで部屋が狭くなってどうしようもありませんでした。”贈呈島田裕巳先生 宗教法人幸福の科学主宰 大川隆法”と裏表紙に大書してあるので古本屋に行っても売れないし・・・。
間久部:そういえば日刊紙東京スポーツの記者の方も同じことを言っていました。
東京スポーツ

作業療法電子書籍[編集]

島田裕巳先生の守護霊:間久部君はこのアンサイクロペディア幸福の科学出版㈱発刊書の書評をしているけれど、やはり贈呈されるなり購読するなりしているのかな?
間久部:それはありえません。精神科医の免許はありませんし。また医療技術の実務についても経験がありません。島田先生の現代日本新宗教に対する研究はその前提に大きな誤謬があるといわざるを得ません。
島田:すると?
間久部:新宗教と狂気はその境界がないので、新宗教を研究する場合は精神医学についての知識が求められます。精神科医であっても統合失調症患者の人格世界に入り込むことは治療成績の悪化を招きます。
島田:ところが東京大学というのはいわゆる”粘着質オタク”がうごめいているんだ。私も医学知識のないままおかしな作業療法の作品に入りこんでしまった。それが女子学生には危険と見られてしまった。
間久部:今ではやや中立的なアマゾン書評から間接的に書評するのが安全だと思います。もっとも狂信的な信者はここにも出没して伝染させようとしていますが。
電子掲示板
島田:宗教学と精神医学の学際的な協力は欠かせません。「霊界サダム・フセインヒトラーの部下になっている」というのは精神機能の劣化の結果なのでしょう。

宗教学と新宗教[編集]

間久部明人:東京大学宗教学科といえば堀江貴文君など脱常識的鬼才も輩出しています。
島田裕巳先生の守護霊:あの子は卒業していないけれど一番宗教学科にいそうな感じだ。宗教は金儲けをしてはいけない。それこそ葬祭業を創業するつもりなのかな。まだこれからだ。
間久部:金銭の価値を否定することから宗教は始まるのでしょうか。
島田:しかし大川きょうこさんも文学部だけれど、何でここまでまじめなのかな。子供さんの入学試験をお母さんも一緒になって勉強するなんて。母性の鑑ですな。
間久部:不真面目になりたくても簡単になれないのは本当につらいです。本場四川省麻婆豆腐よりも日本風土に合った甘口麻婆豆腐の方が多くの人には受け入れられます。
島田:麻婆豆腐はいいなあ。

創作[編集]

北野武東京スポーツ客員編集長"守護霊"にきく。政治と報道のこれから[編集]

間久部明人:下界では2011年も明けました。今年はお弟子さんの活躍も華やかですね。
北野武客員編集長の守護霊東国原英夫君のことかね。あれも昔はまじめに芸に励んでいたんだが、結局面白くはなかった。幸せな人生だ。
間久部:北野編集長は日刊紙東京スポーツの客員編集長にご就任後、その紙面に「外部からの客観的な面白さ」をとり入れさせるなど遺憾なく健筆を揮っていらっしゃいます。
編集人より:北野編集長
間久部:編集長としての新聞に懸けるお気持ちとはどのようなものなのでしょうか?
北野:東京スポーツはこのアンサイクロペディアの原型だ。もっと敬意を払いたまえ。
間久部:そうですね。日本には放送法のような「新聞法」がなく、インターネット同様に自由なメディアとされています。
北野:だから新聞は何を書いてもいいんだが、お客に買わせるとなると逆に書くことが見つからなくなる。売れない紙面では古紙の回収屋ばかりが繁盛してしまう。東国原君に政治の道に進むように薦めたのは"売れ続ける芸能人"としては無理を感じたからなんだ。まじめな男なんだな。
間久部:そういえば蓮舫参議院議員は確かに面白い女性とはいえません。
北野:あの子はもともとは水着写真なんか仕事にしたくなかったんだ。いくらお風呂に入ったところでかわいげがない。大学(青山学院大学)を出ても売り出す道がなかったんだな。芸能人はほとんどがまじめで神経症に悩む。だから引退するのも早い。
間久部:北野編集長は長くいわゆる”お笑い演芸”の道で活躍を続けられています。
北野編集長の守護霊:まじめにやったらここまで生きていられない。タモリさんも似たようなことをいっている。真剣にやったら殺し合いだ。

政治と報道[編集]

間久部:東京スポーツの購読者は心なしか少ないように感じました。
北野武客員編集長の守護霊:君はリスペクトというものがないのかね。確かにタブロイド紙で売れているのは日刊ゲンダイだ。でもな夕刊フジよりははるかに購買層が厚い。編集長としても努力しているんだ。
新聞の政治報道というのは読売新聞ではないが、このアンサイクロペディアと変わりがない。日刊ゲンダイもいつも”小沢逮捕の日は近い”と商魂たくましくやっていた。
間久部:北野編集長は自ら公職に立候補するおつもりはお持ちではないのですね。
北野:そのとおりだ。お笑いや演芸から政治に進んだ人といえば青島幸男コロムビアトップさんらが有名だが結局早死にしている。悩みがつきないんだな。
テレビ朝日の番組でもビートたけしのTVタックルなんだ。本当は"小林興起のTVの部屋"のほうがいいんだけどな。"阿川佐和子のTVトーク"というのはどうだろう。
編集人より:TVタックル
間久部:北野編集長はいつも本当に多彩な創作に励まれていらっしゃるのですね。
新聞とインターネット(娯楽性♥)
間久部:東京スポーツは紙面の特徴的な見出しで有名ですが、最近では携帯電話でも閲覧できるようになりました。
北野:しかし内容が見劣りしている。猥褻なサイトと誤報をくっつけただけというのはだめだ。インターネットではあの”見出し商法”は死んでしまう。
君は「たけし 和田アキ子 実は  なんじゃねーの」という有名な見出しを知らないのかね。
間久部:なるほど。ウェブサイトでというよりも紙面の良さがあるのですね。
北野:そうなんだ。今は新興宗教が平気でインターネットで布教をしている。ネット社会というが内容の真偽を自ら判断するのはつらいことだ。政治家がホームページで自由に政見放送をするのはいいけれどどこまで本気かわからない。本人だって先のことは分からないんだからな。
間久部:しかし印刷や製本・配布の必要がないのはやはり優れています。
北野:難しい時代に入ったな。

放送と政治[編集]

間久部明人:北野編集長は娯楽番組だけではなくいわゆる教養番組である平成教育委員会フジテレビジョン)でも司会をしております。
編集人より:フジテレビより
北野武客員編集長の"守護霊":あれももう20年になるのか。本当は好きではない。特に最近は華やかな経歴を持った若手の芸人が多く出演するようになってまじめさを求められる。テレビの娯楽番組なんだからもう少し不真面目にしたいんだな。
逸見政孝さんは本当にかわいそうだった。最近では高島彩さんがやっているがあの子も蓮舫さんによく似ている。ずいぶん前に新宿御苑の近くで原付バイクに乗っていて事故を起こしてしまった。顔に負傷して出演できない。そのときの代役が大橋巨泉さんだったんだがあの人も政治に使われた人だった。まじめな番組はできれば止めにしたい。
間久部:芸能人としての苦労がにじみ出るお話ですね。
北野:ビートたけしのTVタックルもだんだんまじめな番組になってきているが、NHK日曜討論のようになっては困る。まじめな司会者だったんだな。本当にかわいそうだ。特に最近では○○の○え○○みたいでつらい。
編集人より:日本放送協会
間久部:・・・

細川護熙永青文庫理事長守護霊」にお会いして 日本政治日本文化[編集]

間久部明人:間久部明人です。
細川護熙理事長の守護霊:すばらしいお名前ですね。私も清和源氏末裔でして源護熙と名乗るんですがね。
間久部明人:細川理事長はいうまでもなく第79代日本国内閣総理大臣を務められた現代日本の大政治家です。昭和13年1月に東京市麹町区にお生まれになり栄光学園学習院高等科を経て上智大学法学部をご卒業になり、昭和38年朝日新聞社に入社。1971年には参議院議員1983年からは旧細川藩のあった熊本県知事に就任。
1992年からは国政に復帰し1993年に内閣総理大臣に指名され翌年まで務められた後は、神奈川県足柄下郡湯河原町の自邸不東庵(ふとうあん)で文筆と陶芸を通した内外への日本文化紹介に専念されています。
細川護熙
永青文庫
文筆
不東庵
細川(守護霊):政治は争いに明け暮れますので今の”不東庵日常”の方が幸せを感じています。若いころは”権不十年”とか”鄙の論理”とか、とても今読み返すには恥ずかしいものばかりで。息子も清和源氏末裔なのだから品のある文化に生きてもらいたいものです。
間久部:細川理事長は上智大学ご卒業の後は朝日新聞記者としてジャーナリズムの道に進まれました。
細川:・・・記者としては特に何もなく・・・・。特に辞めようというときは父(細川護貞)にひどくしかられました。
間久部:上智大学言論人といえばわがアンサイクロペディア編集人の偉大なる先駆者である㈱東京スポーツ新聞社代表取締役江幡幸伸氏が文学部新聞学科1974年に卒業されています。
東京スポーツ
上智大学
細川:江幡さんは面白い方なんです。
間久部:そうですね。

新聞と文化[編集]

間久部明人:東京スポーツは江幡社長の編集方針のとおり
  1. 常識破りの新聞を作るからこそより一層の常識を身につけ、
  2. 他紙が取材しない現場の裏側に深く切り込み、つまり’’裏を駆け’’巡り、しっかりとした真摯な取材に基づき”裏を書く”のです。

いわゆる5W1Hについては

  1. WALK
  2. WILD
  3. WAKE
  4. WIT
  5. WONDER
  6. そして最後のHは「男セン面」つまり人間が誰でも持つ大事な欲求・・・

とされています。

細川(守護霊):最後のHはともかく、日本文化を海外に伝えるというにはいささか残念ですな。私も朝日にいたときは鹿児島でして報道そのものが停滞しており、熊本にいたときも退屈な日々でした。日本新党を結成して小池百合子さんがいたときが最も華やかでした。東京はこうしたジャーナリズムができていいですね。
間久部:細川理事長は佳代子夫人を含めお二人とも上智大学卒業ですが。
細川:家内になんといわれるか・・・。江幡さんよりも猪口邦子さんをとりあげていただきたいのですが。