利用者:Amatias/Amatias専用実験場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ポケットモンスター 赤・緑(ポケットモンスター あか・みどり)は1996年任天堂より発売されたゲームボーイ用のゲームソフトである。1つの似たような内容の作品を何種類も時期をずらして発売するという"曲芸商法"の先駆けとも言える作品であり、この商法が功を奏したのか、日本国内だけで1000万本近い本数を売り上げた自称・日本で一番売れたゲームソフトである。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、オリエント急行殺人事件の犯人は容疑者全員であることや、かばんちゃんはミライさん髪の毛から生まれたヒトのフレンズだったことや、流子と皐月は姉妹であることや、エースの父親はゴール・D・ロジャーであることや、白金とディーン・メーストルと才賀貞義とフェイスレス司令が同一人物であることや、オセロットは暗示によってリキッドに乗っ取られていたふりをしていたことや、本郷猛は死んでしまうことや、阿Qが処刑されることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

発売までの経緯[編集]

20世紀前期に開発国である日本ドイツイタリアといった第二次世界大戦における枢軸国を中心に世界中に大ブレイクを起こした生態科学ペット・ポケットモンスター(以下、ポケモンと略す。)は、手軽にペットにできるという簡易さ等が受け、多くの人々(主に小学生男子を中心とした子供たち)を虜にした。(この経緯については専用に設けられた説明を参照。)

種族ごとに多様な攻撃性を持つポケモンは兵器としても有用であることが分かると、各国の軍はこぞってポケモンを用い始めた。1939年にはポケモン保有国であるヒトラー率いるドイツがポーランドに侵攻。最新鋭の兵器とポケモンを駆使した電撃的な攻勢でわずか一週間にしてポーランドを制圧するに至った。後に、連合国であるアメリカ合衆国ソビエト連邦にもポケモンが伝わることとなり戦いは激化、結果としてポケモンが本格的に使用された第二次世界大戦における死者数は6000万人以上を超すという未曾有の事態になってしまった。これに危機を抱いた世界の国々は核兵器と共にポケモンを使用することを自粛、その存在を「なかった」ことにするに至った。

それから約50年後、歴史の表舞台から姿を消したポケモンであったが、一般の民衆の間では手軽に扱える武器として未だに使われており、ポケモンを用いた犯罪も日に日に激化していった。ゲーム版の最初の作品である「赤・緑」が発売される前年の1995年には、ポケモンを用いた恐喝・暴行・テロ(同年に発生した地下鉄サリン事件もポケモン・マタドガスの所業である。)、ポケモンを捕獲し強制的に戦わせたり、交換するという動物虐待・密売行為が(阪神・淡路大震災で家を失った少年たちが心の傷を癒すためにポケモンを虐待するという光景が、被害の激しかった西宮市を中心によく見られた。)大きな社会問題として取り上げられていた。これに目をつけたのが、戦前にポケモンを開発したと言っても差し支えない企業・任天堂であった。

当時、日本のゲーム会社としてスーパーマリオブラザーズなどの大ヒットによって莫大な富を築いていた任天堂は、当時世間を騒がせていたポケモンを親しみやすいようにデフォルメし(勿論、兵器としての威力は据え置きである。)、ポケモンを恐れている人々にも好感を持てる様全力を注いだ。その一環として開発されたのが、ゲームボーイ専用ソフトである『ポケットモンスター 赤・緑』であった。

多くの人にポケモンに親しんでもらおうと、

資材置き場[編集]

当分は新作記事に使う画像置き場になりそう。

***が働く一方、**は何もせずに***の作る食事を食べる一方であった。画像は幼少期の**のイメージ。
Arcimboldo Librarian Stokholm.jpgこの利用者はUncyclopedia文学記事コンテストで優勝という栄誉を勝ち得ました。書かれた記事は名作文学の如く、多くの人々を記事の虜にします。