利用者:MINIKETSU/記事工場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ここは記事を作る専門の工場なのでそれ以外はサンドボックスで書きましょう
ここはあくまで工場であって他のサイトからの転載や引用は一切関係なく保管してありますので削除は自粛して下さい
プププランド王国
Flag of Somalia Sky Blue.svg [[File:プププランドの国章|100px]]
(国旗) (国章)
国の標語 : なし
MINIKETSU/記事工場の位置
公用語 プププ語,キャピー語
首都 デデラマバード
最大の都市 ボサソ
指導者 不明
大統領 アブドゥルラフマン・モハムード・ファロレ
副大統領
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第位
250,000平方km
人口
 - 総計(2006年
 - 人口密度
世界第位
4,150,000人
世界第xx位
16.5人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 不明
独立
 - 宣言
 - 承認
ソマリアより
1998年7月
通貨 不明 (SOS)
時間帯 UTC +3 (DST: なし)
国歌 プントランドの国歌
宗教 不明
国際電話番号 252


こてんこてんこの製造[編集]

こてんこてんこは、猥褻行為を常にする天使の子どもが闇の大魔王アグーに立ち向かうストーリー。

登場人物[編集]

  • こてんこ
    • 通常字のこてんし。
  • まてんこ
    • 天使では悪い心の方
  • ナッパ
    • ハゲたサイヤ人


週刊そーなんだ!の製造[編集]

週刊そーなんだ!」は、デアゴスティーニ・ジャパンの発行している雑誌。子供向けに漫画イラスト写真を主体として科学知識を解説している。なお、作画はストーリーごとに異なっている。 週刊で、原則として毎週火曜日に発売される。1冊あたりのページ数は少なく、バインダーにファイリングしての保存を想定したスタイルである。定価は、創刊号(2005年1月18日創刊)が100円、2号は240円、3号以降は490円(いずれも税込)。(社会編の場合、創刊号が100円、それ以降は、490円)130号までの発刊されている。また、131号が総索引収録のスペシャル号として存在する。一方、社会編は、100号まで予定されている。 姉妹編として、政治経済歴史などを扱った「そーなんだ!社会編」がある。ウィキペディアでキャラクターの事を書いたらわからずやが削除しちゃったんだ。

関連スタッフ[編集]

科学編[編集]

  • 正式名は「マンガでわかる不思議の科学 そーなんだ!」
  • 本の登場人物などは毎週違う。
  • 本は左開きである。

科学編登場人物[編集]

科学編登場人物について解説するが当雑誌には前編と後編があり、1匹 (?) のキャラクターが前後編続けて解説することが多い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

社会編[編集]

  • 正式名は「マンガでわかる世の中のしくみ そーなんだ!社会編」
  • 本は右開きである。

社会編の登場人物[編集]

  • ガイド役(先生)
  • 子供達が不思議なことに出くわしていると、どこからともなく突然現れる謎の先生6人。なお、みな、先祖に瓜二つの衣装や顔つきをしている。そーなんだ学園の教諭である。全ての先生がもの知り。生徒などのふきだしは、丸いのに、先生のふきだしは、角ばっている(担当でないときは丸い)。
    • 聖徳(しょうとく)
      • 聖徳太子の子孫という設定でしくみと決まり大辞典を担当、関西弁を喋る。ヒミコやユキチが担当の時に出演した。旅館に生徒を連れて行ったことがあり、旅館ホテルの違いを教えた。
    • ユキチ
      • 福沢諭吉の子孫という設定でお金と仕事大研究を担当、江戸っ子風に喋る。動物園の飼育員に成りすましたことがあり、漫画家にも知り合いがおり、殆どの場所に顔が利く。テレビに出たことがある。
    • ザビエル
      • フランシスコ・ザビエルの子孫という設定で世界の不思議を担当。自分の飛行機を持っているが、「ちょっとぼろいのデスガ…」と自称するほど、ポンコツである。それで世界の変わった島にイチロー、ヒカルを招待した時には、タヒチの海に墜落した。先祖は、フランシスコが洗礼名。納豆が苦手である。ヒミコが担当の時に登場。
    • 徳川常山人源朝臣光邦儀公(とくがわじょうざんじんみなもとのあそんみつくにぎこう)(黄門)
      • 水戸光圀水戸黄門)(徳川光圀)の子孫という設定でなぞとき歴史探検を担当。そーなんだ学園教諭。生徒からは「黄門先生」と呼ばれているが第91号で本名の長いことが判明した。名前の最後の二文字は諡号であるがタクヤに「もう死んでいるの?」とからかわれる。この本名は「ご先祖様の名前を参考にわしのじい様がつけてくれた」と自称している。ちなみに先祖かどうかは不明だが、徳川家康公の本名は、徳川次郎三郎源朝臣家康(とくがわ じろうさぶろう みなもとの あそん いえやす)という。しかし、自分の名前が後半に来てあまりにも長い名前を忘れている。名前が「長くて誰も覚えてくれないから、パソコンのパスワードにちょうどいいんじゃよ」と自称。帽子の下はちょんまげである。歴史には特に詳しい。名前は、こうなっている。徳川(名字) 常山人() 源() 朝臣() 光邦() 儀公(諡号)。
    • 竜馬(りょうま)
    • ヒミコ
      • 卑弥呼の子孫という設定でくらしと習慣調査隊を担当。よく生徒の家でいっしょに食事をしている(その都度差し入れを持ってくる)食事する代わりにいろいろと教えている。勉強の為にと昼飯をおごるがフランス料理店辺りで財布が底をついたのでユースケに借金する。たまに這い回る事がある。

教え子(生徒)

  • 上記の人物達に質問攻めする。
    • 鈴木イチロー(すずき-)
      • 青髪で帽子のを後ろに向けている。野球が趣味である(これは、実際する野球選手の職業でそれを趣味として設定している)。大臣知事になったら世界征服ができると思っている。大抵のスポーツは得意だが、実は水泳はあまり得意でない(特にクロールが大の苦手)。美容師や学芸員になって働きたいと思っている。元ネタは、シアトル・マリナーズイチロー(鈴木一郎)。93号の「支持率ってなに?」で野球チームのキャプテンに立候補しようとしている。そのときの一言が「おれがチームをぶっこわす!」に対しタクヤ曰く「この人はチームワークをぶっこわしかねないよ」。
    • ツヨシ
      • 茶髪で見た目から食いしん坊な奴。風邪の時でもハンバーグが食べられるほどである。しかし、を食べることは、抵抗がある。鉄道が大好きで、最近の鉄道についてはすごく詳しい。青春18切符で日本全国を旅したいと思っている。
    • ユースケ
      • 父親が会社社長の為、金持ちで紫髪。たまに威張り、皆に怒られる事がある。ヒカルに変わった髪形のことならユースケが詳しいと言われたことがある。学芸員に少し憧れる。
    • タクヤ
    • ナナコ
      • ロングヘアーな髪型でやや灰髪。気が少し強い少女。スタントマン俳優に憧れている。
    • ヒカル
      • タクヤの義姉?。赤髪で露出が多い。「料理するなら調理法は、蒸し焼きから揚げ塩茹で」など一言がある。外国の美術館に勤めたいと思っている。94号「3月のことを「弥生」というわけ」の神無月の説明のとき、神様におてんば娘と言われた。由来は、宇多田ヒカルか。
    • レイ

その他

  • 怪盗一面相(かいとういちめんそう)
    • 48号に登場。ツヨシのに、「本日午後5時に、かつて化粧品として使われた乳製品を頂戴する。」と言う予告状を突きつけた。(乳製品とは、バターのこと。)
    • 90~91号にかけて登場した怪しげなキャラクター。世界征服を企み、世界征服には まず、東京を走る鉄道を支配すれば世界を制すると思っている。ツヨシを差し置いて91号に登場し、ユキチに怪しい奴でないということを一旦認識してもらい、代わりに教えてもらっていた。ナナコ曰く「とっても怪しいと思うんだけど」。
  • アンディー・サトウ
    • 93号で登場した画家。頭はパンクヘッド(ヘビメタのような束ねた頭)顔が四色で構成されている。そーなんだ現代博物館で展示会を開く。

社会編目次[編集]

一巻につき先生は5人なので残った先生は太字で不在の意味とする。

  • 1巻
    • 1.くらしと習慣調査隊「日曜日はどうして休みなの?」
    • 2.しくみときまり大辞典「首相と大統領はどうちがうの?(前編)」
    • 3.世界の不思議「自由の女神がつくられたわけ」
    • 4.ニュースの裏側
    • 5.お金と仕事大研究「高速道路を通るとお金がかかるのはなぜ?」
    • 6.なぞとき歴史探検「忍者って本当にいたの?」
  • 2巻(オリジナルバインダー付属)
    • 1.くらしと習慣調査隊「電話の市外局番はどうして0から始まるの?」
    • 2.しくみときまり大辞典「首相と大統領はどうちがうの?(後編)」
    • 3.世界の不思議
    • 4.ニュースの裏側「サッカーのワールドカップはいつ始まったの?(前編)」
    • 5.お金と仕事大研究「どうしてお金でモノが買えるの?」
    • 6.なぞとき歴史探検「日本のことを英語でジャパンというわけ」
  • 3巻(社会に関するキーワード辞典付属)
    • 1.くらしと習慣調査隊「野菜を売る店を八百屋というのはなぜ?」
    • 2.しくみときまり大辞典
    • 3.世界の不思議「月の土地が売られているって本当?」
    • 4.ニュースの裏側「サッカーのワールドカップはいつ始まったの?(前編)」
    • 5.お金と仕事大研究「株ってお金がもうかるの?(前編)」
    • 6.なぞとき歴史探検「東京はイヤガラセでできた町?!」
  • 4巻
    • 1.くらしと習慣調査隊「お金を払って見るテレビ番組ってどんな番組?(前編)」
    • 2.しくみときまり大辞典「外国に行くときパスポートが必要なわけ」
    • 3.世界の不思議「世界でいちばん多く話されている言葉は?」
    • 4.ニュースの裏側
    • 5.お金と仕事大研究「株ってお金がもうかるの?(後編)」
    • 6.なぞとき歴史探検「相撲をとるとき塩をまくのはなぜ?」
  • 5巻
    • 1.くらしと習慣調査隊「お金を払って見るテレビ番組ってどんな番組?(後編)」
    • 2.しくみときまり大辞典
    • 3.世界の不思議「世界でいちばん長生きの国は?」
    • 4.ニュースの裏側「オリンピックはどうして4年に1回なの?」
    • 5.お金と仕事大研究「お店によって商品の値段がちがうのはなぜ?」
    • 6.なぞとき歴史探検「都道府県はどうやって決められたの?(前編)」
  • 6巻
    • 1.くらしと習慣調査隊「ごはんを1日に3回食べるのはなぜ?」
    • 2.しくみときまり大辞典「名前って変えることができるの?」
    • 3.世界の不思議
    • 4.ニュースの裏側「ノーベル賞ってどんな賞?」
    • 5.お金と仕事大研究「子どもも税金を払ってるって本当?(前編)」
    • 6.なぞとき歴史探検「都道府県はどうやって決められたの?(後編)」
  • 7巻
    • 1.くらしと習慣調査隊「食べ放題のことをバイキングというのはなぜ?」
    • 2.しくみときまり大辞典「病院に行くときどうして保険証が必要なの?(前編)」
    • 3.世界の不思議「世界でいちばん大きい国、小さい国」
    • 4.ニュースの裏側
    • 5.お金と仕事大研究「子どもも税金を払ってるって本当?(後編)」
    • 6.なぞとき歴史探検「ジャンケンのはじまり」
  • 8巻
    • 1.くらしと習慣調査隊「メールアドレスの@の意味は?」
    • 2.しくみときまり大辞典「病院に行くときどうして保険証が必要なの?(後編)」
    • 3.世界の不思議
    • 4.ニュースの裏側「大使館ってなにをするところなの?(前編)」
    • 5.お金と仕事大研究「カードでものが買えるわけ」
    • 6.なぞとき歴史探検「カレーライスはいつどこで生まれたの?」
  • 9巻
    • 1.くらしと習慣調査隊「流行はどうやって生まれるの?(前編)」
    • 2.しくみときまり大辞典「市と町と村ってどうちがうの?」
    • 3.世界の不思議「サンドイッチ誕生のヒミツ」
    • 4.ニュースの裏側「大使館ってなにをするところなの?(後編)」
    • 5.お金と仕事大研究「警察官にはどうしたらなれるの?」
    • 6.なぞとき歴史探検
  • 10巻
    • 1.くらしと習慣調査隊「流行はどうやって生まれるの?(後編)」
    • 2.しくみときまり大辞典「信号はなぜ青・黄・赤なの?」
    • 3.世界の不思議「国旗のデザインにはどんな意味があるの?」
    • 4.ニュースの裏側
    • 5.お金と仕事大研究「宇宙飛行士にはどうしたらなれるの?」
    • 6.なぞとき歴史探検「日本人の祖先はどこからやってきたの?(前編)」

評価[編集]

子供向けに製作されたが内容は非常に充実していて、大人でも思わず「そーなんだ」と言ってしまうほど詳しく記載された情報や、たまに挿入される豆知識の細かさ、そして漫画の構成力や作画には定評がある(同じキャラクターでも書く人によって絵がかわる)。また、漫画形式で進行するため作中のキャラクターが読者の視点から新たに質問をするやり取りなども人気がある。例えば「○○はどうして○○なの?」という質問などはその起源や理由を説明したあと、「じゃあ、その元となった起源はどうして行なわれていたの?」とさらに一歩踏み込んだ質問がなされ、そのあとに現在ではどうしてそう呼ばれるようになったかという名称についての説明もされるためだ。

プレゼント[編集]

各号の最後に券が付属していて、それを専用はがきに取り付けて送ると「ワールド・クロック(1~15巻付属券)」がもらえた。これは世界主要都市の時間を見る事ができ、電卓、アラーム機能がついた、普段は折りたたまれているがボタンを一つ押せば自動で開く電子辞書のようなものである。 第2弾は16~35巻の券を集めるとパズル式の立体地球儀(240ピース)がもらえた。これは一般的に市販されているが、時価2.300円をこえる代物なため景品としては非常に高価である。240ピースというパーツの細かさに加えて立体地球儀なので大人でも組み立てに苦労するが、組み立ての目安として平面の世界地図と、立体に対応した特殊な円形状の平面世界地図、そして北極、南極の底となる部分が5ピースほど組み立てられた状態で入っている。完成までには困難を極めるが、完成したときの達成感は絶大であり、台座も付属していて自分で組み立てながら世界を学べると大変好評であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


noframe

ウィキトラベルウィキに基づき旅行ガイドブックを作るプロジェクト。 世界中のウィキトラベラーの協力で、コピーレフトで包括的な、最新で信頼のおける世界規模の旅行ガイドブックの製作を目指す。ウィキトラベルは旅行者が情報を簡易に共有する精神により成立する。コピーレフト・ライセンスによって、内容がより広くフリーに使われる事を保障する。

創設までに[編集]

この斉藤ウィキペディアの旅行版である。サイクルの長い出版物の旅行ガイドよりタイムリー情報が必要な旅行者のために、2人の創始者EvanMajによって2003年7月から開始された。

運営[編集]

ウィキペディアなどと同一のメディアウィキソフトウェアを利用するが、ウィキペディアを管轄するウィキメディア財団のプロジェクトではない。また、著作権の扱いも、ウィキペディアと若干異なり、クリエイティブ・コモンズ-帰属-同様に共有(CC-by-sa-1.0)とする。尚、ライセンスの違いにより原則としてウィキペディアからの転記は認められない。

歴史[編集]

  • 1800年頃、冒険家のコロンブスがアメリカ大陸を発見したきっかけに書籍化しコロンビア社を設立する。
  • 1912年頃に第一次世界大戦により会社は壊滅されるがジミー・ウェールズの先祖が復活させ、ウェールズ書籍を設立
  • 1968年ウェールズ書籍が火事になり全焼。しかしタモリとナポレオンが復活させる。
  • 2008年の三年前、6月18日に日本語版が完成する
  • 2006年10月1日に秋葉原版が完成する。内容はヲタク系が多い。
  • 2006年12月12日EDEN版(月)が完成するが検閲があるため地球の事は触れられていない。

外部リンク[編集]

警告: 既定のソートキー「ういきとらへる」が、その前に書かれている既定のソートキー「しゆうかんそうなんた」を上書きしています。

Bird hand.png アジフライフラフラお刺身食え食え食えええ。
ドボドボドボアジフライラ、お刺身食え。アジドボドドド
アジアジ、アジフラアジフライラアジアジドドボドボドボ?
ドボドド
アジフライドボドボお刺身食え食え
アジフライドボドボドボボアジアジお刺身刺身食え食え!アジフライフラドボドボ、ドボドボ刺身刺身お刺身食え食え食え食え。アジアジドボドボ、刺身食え食ええドボドボアジアジアアア!!! ドボ、ドボボボボドボドボアジフラフライ、刺身食え食え、アジアフラフライ。

「アジアジアジフライフラフラ!!」

~ アジフライ お刺身刺身ドボドボドボアジアジ

アジアジアジフアアアアアアアジジアジア!!


  アジフライドボフライラドボドボドボお刺身刺身刺身食え食え。お?刺身アジアジアジアアアアア!アジアジドボドボドボ!!!アジアジア・・・・・・・。食え食え食えええええええ!!!アジアジドボドボドドドド刺身。刺身刺身食え食え食え食え食え食え。刺身刺身

食え食え。お?刺身アジアジアジアアアアア!アジアジドボドボドボ!!!アジア。 ドボドボドボ !!アジアジア・・・・・・・。食え食え食えええええええ!!!アジアジドボドボドドドド刺身。刺身刺身食え食え食え食え食え食え。刺身刺身

食え食え。お?刺身アジアジアジアアアアア! え食え。お?刺身アジアジアジアアアアア!アジアジドボドボドボ!!!アジア。 ドボドボドボ !!アジアジア・・・・・・・。食え食え食えええええええ!!!アジアジドボドボドドドド刺身。刺身刺身食え食え食え食え食!

アジフライ[編集]

フライアジアジアジアジフライアジアジアジフラフフフフライイイフ。ア、ジ。フライラライライラ。

ジアジフラジアジフラ

フライラアジフフライフライフラ?―フライフライラララララフ!・・・・フライライフフフフ

アジアジアアジフラライジフジジジジジアジア。

アジフライ食 お刺身刺身刺身刺身アジ。 アジアジアジ食え食え食え。食え!アジ刺身ドボドボ。!mark.gif「ドボド、アジ刺身 ジ刺身刺身食え!食ぇ・・・」。フラァァイ!フラァァァイ!ドボ。

ア、ジフ、ラ、イ。フラフラフラアアアアアアアアアアアイ!!!!!!!!フラフラ。

お刺身[編集]

刺身.jpg

 刺身刺身お刺身?食え食えぇぇぇぇ。 食え食えぇぇぇ?刺し刺し身ぃぃぃ。

お刺身刺身食えぇぇぇぇ。食え??食え!?食えぇぇぇぇぇ!!!!!!!!' 刺身刺身おおおお刺刺し身。刺身?食え食え。刺?刺身。刺刺刺刺身身身身!!!!!!食え食え食え。刺刺身。食え、食え食えぇぇぇぇぇぇぇ・・・・・・・・・・。

ドボドボドボ[編集]

ボドボドボドボドボドボドボドボ、ボボボボドドド!! 。

ドボドボドボドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボドボドボ。ドボドボドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボ、ドボドボ ドボドボドボドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボド┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ ボドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボドボドボ。ドボドボドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボ、ドボドボ

ドボドボドボドボ ドボドボ ドボドボ……


ドボドボドボドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボド┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ ・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ドドドドドドドドド・・・・・ボボボボボボボボボボボボボ・・・・・ ボドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボドボドボドボドボ。ドボドボドボドボドボドボドボドボ、ドボドボドボドボ、ドボドボド。

ボボトボ[編集]

ウィキペディア無し.png
アジフラフライドボドボボドボドドボ「MINIKETSU/記事工場」アジフラフラドドドボお刺身刺身食え刺身。ドボドボドドドボボドボドボお刺身刺身、アジフラフライ。

警告: 既定のソートキー「あしふらい」が、その前に書かれている既定のソートキー「ういきとらへる」を上書きしています。

週刊そーなんだ!」は、デアゴスティーニ・ジャパンの発行している雑誌。子供向けに漫画イラスト写真を主体として科学知識を解説している。なお、作画はストーリーごとに異なっている。

週刊で、原則として毎週火曜日に発売される。1冊あたりのページ数は32ページと少なく、バインダーにファイリングしての保存を想定したスタイルである。定価は税込で、創刊号(2005年1月18日創刊、2008年9月22日新装)が100円、2号は240円、3号以降は490円。130号まで発刊されている。また、131号が総索引収録のスペシャル号として存在する。

姉妹編として、政治経済歴史などを扱った「そーなんだ!社会編」がある。定価は創刊号が100円、それ以降は490円。100号まで発刊されている。また、科学編と同じく、101号が総索引収録のスペシャル号として存在する。

概要[編集]

科学編[編集]

  • 正式名は「マンガでわかる不思議の科学 そーなんだ!」
  • 本の登場人物などは毎週異なるが前後編仕切るキャラや登場してしばらく経って再登場するキャラクターもいる。ガリレオとガリレイが前後編分けて登場することもある。
  • 本は左開きである。

社会編[編集]

  • 正式名は「マンガでわかる世の中のしくみ そーなんだ!社会編」
  • 本は右開きである。
  • 登場人物は、文化人のコスプレをした先生4人と生徒4人

評価[編集]

子供向けに製作されたが、内容は非常に充実している。大人でも思わず「そーなんだ」と言ってしまうほど詳しく記載された情報や、たまに挿入される豆知識の細かさ、そして漫画の構成力や作画には定評がある。ただし同じキャラクターでも、描く人によって絵がかわる。

また、漫画形式で進行するため作中のキャラクターが読者の視点から新たに質問をするやり取りなども人気がある。例えば「○○はどうして○○なの?」という質問などはその起源や理由を説明したあと、「じゃあ、その元となった起源はどうして行なわれていたの?」とさらに一歩踏み込んだ質問がなされ、そのあとに現在ではどうしてそう呼ばれるようになったかという名称についての説明もされる。

プレゼント[編集]

各号の最後に券が付属していて、それを専用はがきに取り付けて送るとプレゼントがもらえた。1~15巻付属券の景品は「ワールド・クロック」。これは世界主要都市の時間を見る事ができ、電卓、アラーム機能がついた、普段は折りたたまれているがボタンを一つ押せば自動で開く電子辞書のようなものである。

第2弾は16~35巻の券を集めるとパズル式の立体地球儀(240ピース)がもらえた。これは一般的に市販されているが、時価2,300円をこえる代物で、景品としては非常に高価である。組み立ての目安として平面の世界地図と、立体に対応した特殊な円形状の平面世界地図、そして北極、南極の底となる部分が5ピースほど組み立てられた状態で入っている。台座も付属している。240ピースというパーツの細かさに加えて立体地球儀なので大人でも組み立てに苦労する。それゆえに完成したときの達成感は絶大で、「自分で組み立てながら世界を学べる」と好評だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

主要人物[編集]

  • 鈴木一郎(すずきいちろう)
  • 古村拓也(こむらたくや)
  • 倉凪剛史(くらなぎつよし)
  • 飯妻優助(いいづまゆうすけ)

サポーター[編集]

  • 聖徳大志(しょうとくたいし)
  • 福沢ユキチ(ふくざわゆきち)
  • 坂本竜馬(さかもとりょうま)
  • ザビエル

敵キャラ[編集]

  • 130という膨大すぎる数がいます。
  • ナナコ
  • ヒカルーナ
  • LEY

ボス[編集]

  • Stage 1
    • HIMIKO
      • 費労女や母(1800~2000)色々投げてきます。
  • Stage 2
  • Stage 3
  • Stage 4
  • Stage 5
  • Stage 6
    • 怪盗百面相(かいとうひゃくめんそう)

各ステージ[編集]

  • Stage 1
    • 都心住宅街からよど号をジャックして朝鮮半島を経て香港、マカオへ
  • Stage 2
    • シンガポール、マレー半島
  • Stage 3
    • インド、ネパール
  • Stage 4
    • シルクロード
  • Stage 5
    • トルコ、地中海、ギリシャ
  • Stage 6
    • 南ヨーロッパ、ロンドン

科学編[編集]

  • 正式名は「マンガでわかる不思議の科学 そーなんだ!」
  • 本の登場人物などは毎週違う。
  • 本は左開きである。

科学編登場人物[編集]

科学編登場人物について解説するが当雑誌には前編と後編があり、1匹 (?) のキャラクターが前後編続けて解説することが多い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

社会編[編集]

  • 正式名は「マンガでわかる世の中のしくみ そーなんだ!社会編」
  • 本は右開きである。

社会編の登場人物[編集]

  • ガイド役(先生)
  • 子供達が不思議なことに出くわしていると、どこからともなく突然現れる謎の先生6人。なお、みな、先祖に瓜二つの衣装や顔つきをしている。そーなんだ学園の教諭である。全ての先生がもの知り。生徒などのふきだしは、丸いのに、先生のふきだしは、角ばっている(担当でないときは丸い)。
    • 聖徳(しょうとく)
      • 聖徳太子の子孫という設定でしくみと決まり大辞典を担当、関西弁を喋る。ヒミコやユキチが担当の時に出演した。旅館に生徒を連れて行ったことがあり、旅館ホテルの違いを教えた。
    • ユキチ
      • 福沢諭吉の子孫という設定でお金と仕事大研究を担当、江戸っ子風に喋る。動物園の飼育員に成りすましたことがあり、漫画家にも知り合いがおり、殆どの場所に顔が利く。テレビに出たことがある。
    • ザビエル
      • フランシスコ・ザビエルの子孫という設定で世界の不思議を担当。自分の飛行機を持っているが、「ちょっとぼろいのデスガ…」と自称するほど、ポンコツである。それで世界の変わった島にイチロー、ヒカルを招待した時には、タヒチの海に墜落した。先祖は、フランシスコが洗礼名。納豆が苦手ヒミコが担当の時に登場。
    • 徳川常山人源朝臣光邦儀公(とくがわじょうざんじんみなもとのあそんみつくにぎこう)(黄門)
      • 水戸光圀水戸黄門)(徳川光圀)の子孫という設定でなぞとき歴史探検を担当。そーなんだ学園教諭。生徒からは「黄門先生」と呼ばれているが第91号で本名の長いことが判明した。名前の最後の二文字は諡号であるがタクヤに「もう死んでいるの?」とからかわれる。この本名は「ご先祖様の名前を参考にわしのじい様がつけてくれた」と自称している。ちなみに先祖かどうかは不明だが、徳川家康公の本名は、徳川次郎三郎源朝臣家康(とくがわ じろうさぶろう みなもとの あそん いえやす)という。しかし、自分の名前が後半に来てあまりにも長い名前を忘れている。名前が「長くて誰も覚えてくれないから、パソコンのパスワードにちょうどいいんじゃよ」と自称。帽子の下はちょんまげである。歴史には特に詳しい。名前は、こうなっている。徳川(名字) 常山人() 源() 朝臣() 光邦() 儀公(諡号)。
    • 竜馬(りょうま)
    • ヒミコ
      • 卑弥呼の子孫という設定でくらしと習慣調査隊を担当。よく生徒の家でいっしょに食事をしている(その都度差し入れを持ってくる)食事する代わりにいろいろと教えている。勉強の為にと昼飯をおごるがフランス料理店辺りで財布が底をついたのでユースケに借金する。たまに這い回る事がある。

教え子(生徒)

  • 上記の人物達に質問攻めする。
    • 鈴木イチロー(すずき-)
      • 青髪で帽子のを後ろに向けている。野球が趣味である(これは、実際する野球選手の職業でそれを趣味として設定している)。大臣知事になったら世界征服ができると思っている。大抵のスポーツは得意だが、実は水泳はあまり得意でない(特にクロールが大の苦手)。美容師や学芸員になって働きたいと思っている。元ネタは、シアトル・マリナーズイチロー(鈴木一郎)。93号の「支持率ってなに?」で野球チームのキャプテンに立候補しようとしている。そのときの一言が「おれがチームをぶっこわす!」に対しタクヤ曰く「この人はチームワークをぶっこわしかねないよ」。
    • ツヨシ
      • 茶髪で見た目から食いしん坊な奴。風邪の時でもハンバーグが食べられるほどである。しかし、を食べることは、抵抗がある。鉄道が大好きで、最近の鉄道についてはすごく詳しい。青春18切符で日本全国を旅したいと思っている。
    • ユースケ
      • 父親が会社社長の為、金持ちで紫髪。たまに威張り、皆に怒られる事がある。ヒカルに変わった髪形のことならユースケが詳しいと言われたことがある。学芸員に少し憧れる。
    • タクヤ
    • ナナコ
      • ロングヘアーな髪型でやや灰髪。気が少し強い少女。スタントマン俳優に憧れている。
    • ヒカル
      • タクヤの義姉?。赤髪で露出が多い。「料理するなら調理法は、蒸し焼きから揚げ塩茹で」など一言がある。外国の美術館に勤めたいと思っている。94号「3月のことを「弥生」というわけ」の神無月の説明のとき、神様におてんば娘と言われた。由来は、宇多田ヒカルか。
    • レイ

その他

  • 怪盗一面相(かいとういちめんそう)
    • 48号に登場。ツヨシのに、「本日午後5時に、かつて化粧品として使われた乳製品を頂戴する。」と言う予告状を突きつけた。(乳製品とは、バターのこと。)
    • 90~91号にかけて登場した怪しげなキャラクター。世界征服を企み、世界征服には まず、東京を走る鉄道を支配すれば世界を制すると思っている。ツヨシを差し置いて91号に登場し、ユキチに怪しい奴でないということを一旦認識してもらい、代わりに教えてもらっていた。ナナコ曰く「とっても怪しいと思うんだけど」。
  • アンディー・サトウ
    • 93号で登場した画家。頭はパンクヘッド(ヘビメタのような束ねた頭)顔が四色で構成されている。そーなんだ現代博物館で展示会を開く。