利用者:MetaNest/SandBox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

実験中とか

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「利用者:MetaNest/SandBox」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されかけています
この項目はコンピュータゲームについて記述されたものですが、アンサイクロペディアは極めて不正確な攻略・裏技サイトでもあります。当然ながら不正的な記述・表現が含まれている可能性がありますのでご注意ください。事実の確認を切り捨ててでも光よりも早く編集し、アンサイクロペディアに自らの筆跡を残す栄誉を手に入れてください。

以下、下書き

小松左京[編集]

小松左京(こまつさきょう)は、日本が世界に誇る建築重機メーカのKOMATSUこと小松製作所が製作した、汎用決戦人型執筆ブルドーザーである。1931年試作竣工、2011年動作停止確認。

概要[編集]

押川春浪海野十三らが憂慮・予見していた大日本帝国の来たるべき決戦に向け、小松製作所は極秘裡に人型ブルドーザーの研究・開発を進めていた。試作は終了したものの、実稼働させるのに手間どり、本格的な稼働は戦後となった。手塚治虫の影響によりミノル名義で漫画星系に派遣されたが、近隣のSF惑星の小説大陸で活躍した。

(略)

1987年、SF惑星から5.38光年離れた場所に突如として現れた巨大な茶筒に非常な関心を示し、当時最新鋭のマイコンに自身の機体の制御を委ね、知能本体は茶筒の調査に向かったとされる。残されたメッセージは『石原博士(注: SF惑星初代通信局長)の「ブラックホール茶漬け」よりあっちのお茶漬けの味のほうが旨いかもしれん』とのことであった。ブルドーザー本体はその後SF惑星を襲った大震災に巻き込まれるなど不運もあったが、2007年の星系サミットにも無事出席し、2011年に動作を停止した。茶筒に向かった知能主体からの連絡は以降途絶えている。