利用者:Micch/作成記事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ここは利用者:Micchが今まで新規に作ってきた記事などの一覧です。筆者のスタイル上UnNewsの方が執筆数が多くなっていくと思われますので、UnNews→標準(新規)→それ以外の新規→加筆ネタの順で紹介していきます。

新規作成(UnNews長文)[編集]

自己採点は「■」が多いほど高いです(5段階評価)。反響はとりあえずはてブ(ja.uncylopedia.orgドメイン分)だけ。ほぼあの記事に集中してるけど。

記事名 反響 自己採点 コメント
バードカフェ元社長らが被災地で炊き出し はてブ ■■■□□ UnNews処女作。おせち騒動以来バードカフェウォッチャーを続け、実際にいくつかの系列店舗の入り口まで足を運んでいた人として「リアルタイムでこのネタに気づけなかった」悔しさから作成。記事自体はほとんど事実ベースの普通の記事。その後のUnNews連発の始まり。
民主党、バードカフェ再建支援に乗り出す はてブ ■■■□□ バードカフェ特集2作目。まあなんというかこれも普通。
名取市役所でバードカフェ復活祭 はてブ ■■■■□ バードカフェ特集3作目。事前に「名取市役所で炊き出し」という情報を仕入れていて、前々から書くことを決めていた記事。但し記事執筆はイベント終了後で事前に下書きはしていない。この頃から自投稿UnNewsのバイト数が肥大化しだす。自分が書いた割にはよくまとまっていてお気に入りの記事。
バードカフェ再建の超党派議連結成 はてブ ■■■□□ バードカフェ特集4作目。前作で特集をやめようと思っていたけど、元ネタとなった動画を見た瞬間に記事を思いついてしまい作成。特筆すべきポイントはなし。
【独占インタビュー】バードカフェおせちの真相をグルーポンに直撃! はてブ ■■■□□ バードカフェ特集の締めくくり。某ローカルネットメディアの水口憲治インタビューのアンサーネタ。サンドボックスで下書きしてた頃はもっと内容がエグかった。
ツイッター日本語版、7月から全面有料化 はてブ ■■■□□ ツイッターで「一般人のフリをした宣伝用アカウント」が多数跋扈しているのを見て「なんだかなあ…こういう連中から金取ればいいのに」と思ったのが執筆のきっかけ。
そして6/21執筆→6/23くらいに最初のはてブ→6/26 16:00くらいからツイッターで大騒動。ツイッターの爆発力を身を持って体験しました。めちゃくちゃ気を使って書いたけど、アンサイが荒らされないかどうかだけは不安でした(思ってたよりはるかに平和に済んだとは言うものの)。
ただし記事の出来にはやや不満。これが自分の代表作にならないように願うばかり。
また、騒動時にノートなどでフォローしてくださった方々に感謝いたします。ありがとうございました。
西山審議官更迭にアデランスが抗議 はてブ ■■□□□ 着眼点は良いけどネタとしてイマイチになってしまった好例。「前作であれだけ騒がした次がこの駄記事かよ!」というサイレントマジョリティの声が聞こえてきます。
ツイッターに「悪質なデマサイト」警告機能が追加 はてブ ■■■■■ 有料化騒動→その直後に出来た「悪質なデマサイト」に対するフォローとして書いた記事。これを通じて「長い長文ニュース」という自分の執筆スタイルがほぼ確立。我ながら完成度が高いと思えるお気に入りでもあります。
山本太郎・松田美由紀/共著 「放射能で稼ぐ」9/11発売 はてブ ■■■□□ 元々自分が得意としている「強い皮肉系」の記事。
オカメ八目さんが執筆されたこちらの書籍ネタのスタイルを活用させて頂きました。
フェイスブック、ユーザーの性別確認を極秘実施 はてブ ■■□□□ 「ツイッターばかり揶揄してたら不公平だよな、たまにはフェイスブックもネタにしよう」と思って書いた記事。が、全体的にイマイチ。「関係者コメント枠」に頼りすぎた感がある。
ツイッター、「バカ発見器」に名称変更へ はてブ ■■■■□ 記事中の一覧表にあるNo.8の事象をリアルタイムで見て「ジェットストリームアチャー」となり、その直後に思いついた記事。ネタまとめてたらリアルで頭痛がした。その苦労が報われて?なんとついっぷる公式で紹介される。
松田直樹、天界フットボールクラブに電撃移籍 はてブ (不採点) 松田大先生が「安らかに眠る」わけはないじゃないですか。そして続報を書くつもりだったけど予想以上に好評だったので封印。これ以上多くは語りません。
「平均株価2万円を達成してから辞任」 菅首相 はてブ ■■■□□ 虚構新聞の「辞任時期=プルトニウム半減期」ネタの二番煎じ。「二番煎じはこうやってやるんだ」というのを見せたかった。記事の出来としてはそこそこだったけど「虚構新聞に比べてバカバカしさが足りない」という感想ツイートを見つけてしまいプチへこむ。
バーベキューに免許制導入へ はてブ ■■□□□ 思いついた時は「これは!」と思ったけど、いざ公開してみると「細か過ぎてハズした」感がありあり。実は私自身は「ネット免許制」賛成論者であり、普段から思ってることがネタに結びついた一例でもあります。
グルーポン、AKB48総選挙投票券付おせちを販売 はてブ ■■■□□ 業務提携を発表した2011/07下旬の時点で思いついたけど書くのが1ヶ月遅れた。まあ普通。
食料品の全量検査実施へ はてブ ■■□□□ タイトルを「全粉検査」にすれば良かったと1週間後に後悔。もう遅いけど。
野田氏首相就任でジョークサイト困惑 はてブ ■■■■□ ネタが無いのなら「無いことをネタにすればいいじゃない」という思いつきから作成。記事公開時点で虚構新聞が記事をリリースしていない事が絶対条件だったので、虚構新聞トップページと睨めっこしながら作成してました。結果的に虚構新聞は野田就任ネタをスルーしたので急いで作る必要はなかったけど。
「カレログ」効果でWindows Phone売り切れ続出 はてブ ■■■■□ カレログ騒動で一番美味しい思いをしたのはMSだと思うのですよリアルに。
早野宏史氏、「川澄のかわす身」で流行語大賞を狙う はてブ ■■■■□ 早野乙。この人は日産レディース監督時代からあんな感じだったのだろうかとつくづく思う。はてブはansaikuropediaドメインの方に集中。
AKB48、なでしこリーグに参戦表明 はてブ ■■□□□ 7月から温めていたネタなんだけど、うーん、あと3割ぐらい文章を削りたかった。
ミッキーマウスとミニーマウスが離婚 はてブ ■■■□□ 入籍ネタ挙式ネタの存在と、この2記事を書いた方が長期アンサイクロブレイク中だったことを知って「回収しておくか」と思って作った記事。まあ、こんなもの。
各テレビ局が願う「INAC早く敗退して」 はてブ ■■■□□ あの監督はどうも好きになれないのですよ。なんか致命的なことが起きる前に某9番様は早く逃げたほうがいいんじゃないかと。
紅白歌合戦、今年は「NHKのど自慢4時間拡大版」に変更へ はてブ ■■■□□ 「まあ、こんなもの」その2。2010年末のボレロはひどかった。大変な曲だけど。
ネットサービス等各社が虚構新聞に熱い視線 はてブ ■■□□□ ややユーモア不足か。最後にネタにした某4人組が「Ustreamで生放送します~」と嬉々としている姿を執筆2日前に見た時は寂しい気持ちになりました。(そっちかよ)
「ちゃん」と呼んで! Jリーガーが悲鳴 はてブ ■■□□□ うん、ちょっとニッチ過ぎたか。
ベガッ太が略奪婚 はてブ ■■■■□ 関連ツイートが200件超え。インパクトの勝利。この手の世界観がぼくのかんがえたもうそうにならないドメサカマスコット業界は地味に凄いと思う。
なでしこ佐々木監督勇退へ、後任は牧内辰也氏 はてブ ■■■□□ 公開時期が1ヶ月ほど早かったか。
「はたごや」通販おせち、バードカフェの再来か はてブ ■■□□□ セクションごとのつながりが弱い。駄作。
DeNAベイスターズ、出会い系イベント続々企画へ はてブ ■■■□□ これも公開タイミングがイマイチ。
ウィキペディアの人物記事がジミー・ウェールズに乗っ取られる はてブ ■■■□□ JAWPをネタにしてみた。あの人のドヤ顔はどうにかならんのでしょうか。
バードカフェ、横浜F・マリノスのユニフォームスポンサーに はてブ ■■■■□ JTrim(フォトレタッチツール)でチマチマ遊んでたらたまたま画像合成に成功したので作ってみた記事。「アヒル」は素で間違えてた(正解はカモメ)けどそっちのほうが脱力感が出て面白そうだったので敢えてそのままに。
ダルビッシュ、年俸1億2000万・20年契約を要求 はてブ ■■■□□ よくあるお前じゃないネタ。まあこんなもの。
リッジレーサー、炎上マーケティングに成功 はてブ ■■□□□ 埋め込んでたようつべ動画が記事公開直後に無くなってしまったのが痛い。
Jリーグ、来季はJ1とJ2を総入れ替え はてブ ■■■□□ ええ、宣言通り行きましたよ元旦に国立まで。チケ持ってたし(泣)
【コラム】日本企業も欧州サッカー式給与システムの導入を はてブ ■■■□□ 初めてのコラム形式。色々な物事に対する皮肉を詰め込んでみたら読んでて寒気がする記事になった。
<センバツ>21世紀枠から栄村大震災が除外される はてブ ■■■□□ 「長文アンニュース1日3投稿」の1作目。「ダミアン栄村」の意味が分かる人はOver35です。
AKB下位メンバーが「男」で知名度アップ はてブ ■■□□□ 「長文アンニュース1日3投稿」の2作目。誰でも思いつくような内容。
ツイッター日本語版、日本語入力を一律規制 はてブ ■■■□□ 「長文アンニュース1日3投稿」の3作目。よーこんな文章書いたなあ。出来はノーマル。
hyde氏、身長測定時に1cmの長さを0.3ミリ縮めていた はてブ ■■■□□ 最初は「~3.1%縮めていた」というタイトルだったけどごちゃごちゃ感があったのでタイトル替えしたもの。いろいろ無理がある内容。
スマホアプリを活用した「Webサイト潰し」が流行の兆し はてブ ■■■□□ 虚構新聞の中の人がセキュリティクラスタの人達から訳の分からない攻撃を食らって怯えてしまい、さらにその人達の中心的人物が「この件をボーガスニュースがネタにして外す」と言い出していたのを見て、それを思いっきり皮肉ってみたもの。その手の知識がプロ級ではない一般人を怖がらせる技術者は単なるヤクザと同類であって、本来の技術者とは言えないと思うのです。
【女子サッカー】丸山桂里奈がロンドン五輪代表に内定 はてブ ■■■□□ なんとなくこの人は五輪本番に大人の事情でねじ込まれてきそう。なぜか4月の親善試合のポスターにも出てきてるし。
フォーライフ、川澄奈穂美に会社再建を託す はてブ ■■■□□ 一昔前はこのジャンルは得意分野だったんだけど、今(2012年)の傾向はさっぱり分からなかったのでいろいろ調べました。その苦労があまり報われていない記事。
全国空気解読選手権が開催 はてブ ■■□□□ 虚構新聞で昔作成されていたネタのスタイルを模倣したもの。バカバカしさが本家と比べて50%以上足りない。

新規作成(標準空間)[編集]

はてブは雀の涙くらいしかないのでリンク貼りません。

記事名 新着 自己採点 コメント
(多重派遣) - ■■□□□ IP時代に執筆。エクストリームスポーツの記事執筆から入るという初心者丸出しの行動。
家本政明 - ■□□□□ 「ネタがうまく馴染んでいない」という理由でNRVを貼られ、加筆→自分で剥がすという今思えば強行手段に出たもの。今見返してみるとあまり面白くない。。
エクストリーム・偽乳 - ■■■□□ エロ系はある程度整っていれば生き残れるという見本。
チケット詐欺 - ■■■□□ またもエクストリームスポーツ記事。自分の中では代表作扱い。めちゃくちゃ黒くて長いネタ。
ヴィッセル神戸 - ■■□□□ 初の国内サッカーネタ。2010年以降の事例増やさないと・・・。
モンテディオ山形 - ■■■□□ 「レンタル事業者」として書いてみた。事業方向が逆だけど。
フラッシュマーケティング ■■■■□ 記念すべき最初の新着記事選出。おせち騒動を見て、会社の同僚と「フラッシュの意味って”炎上”なのか?」と話していたのがきっかけ。Wikipediaの同項目ライクな体裁と、エクストリーム・謝罪との差別化で苦心した。
島袋寛子 - ■■□□□ 俺の(永遠に予定)記事。「シルバーコレクター」という事実に基づく当たり障りの無い内容。
もし2000年代前半にアンサイがあったら、この人については自分が執筆する前に平野綾クラスのアンチ記事が蹂躙跋扈していたと思うんだけど、現状その気配ゼロ。時代の流れですかねえ・・・。
兄貴 (女) ■■■■□ 澤兄貴の活躍に感化されて作成。自分にとっては珍しい「ほぼ皮肉レスのユーモアで構成」された記事。やや糞記事化しやすいので定期メンテ必須。
バカ発見器 ■■■■□ 世の中のあらゆるものはバカ発見器になり得るわけで。こんな記事作ってる自分が一番バカな気がする。記事の中で「バカ」という単語を繰り返し使っているので、執筆中にゲシュタルト崩壊を起こしかけた。2011年流行記事大賞銅賞。
バードカフェ (比喩) ■■■□□ 普通の記事。画像の大きさに合うように多少強引に文章を水増し。
この記事が自分の砂場で3ヶ月寝ていたのは「水増し文」がなかなか思いつかなかったため。
エクストリーム・ソーシャルメディア ■■■□□ 執筆1ヶ月前くらいにエクストリーム・ツイッターという至極中途半端な記事が投稿されてNRVを貼りつけた(のち削除)時に「エクストリームにするのなら最低でもここまで練りこめ」と思いついて書いた記事。エクストリームスポーツ記事としては標準的かな。
川澄奈穂美 ■■■■□ 筆者がW杯スウェーデン戦のループシュートとインタビューでバキューンされて以来ずっと作りたかった人物記事。作成の過程でRotoryu氏から素晴らしいネタ画像を頂いた。今後変な加筆を食らう可能性が非常に高いため当分監視対象。自信作・・・と思ってたけどだんだんそうなくなってきてる。陳腐化防止が今後の課題。
鮫島彩 ■■■■□ 架空の逸話を組み込んだ「お買い物ドリブル物語」として記述。この手の記事は定義文でミスると妄想記事に転落してしまうので定義文が一番迷った。そして「この後も続く物語」なので今後定期メンテが必要なことを見事に見落としてたorz
宮間あや ■■■□□ 初版は正直ユーモア不足。その後ダチョウ倶楽部ネタを思いついてユーモア不足は何とか解消できたか。この人の場合湯郷ベルネタを中心にしたほうが良いかも知れない。
上尾野辺めぐみ ■■■□□ 序盤が思いっきり妄想なので如何にもっともらしくするか苦心した。もっと頑張って欲しい選手の1人。
永里優季 ■■■□□ 書いてる途中でお蔵入りも考えたけどこんなことがあったので意地で仕上げた記事。完成度はあまり高くないです。
伊秩弘将 ■■■□□ 「この人のサウンドは少しぼやけていて何が言いたいのか分からない部分がある」という自己言及をちょっとだけ交えた記事だったりします。
岩清水梓 ■■■■□ 対象人物のブログにジャニオタの皆さんが突撃していたのを見て思いついた記事。女の人は怖いです><
柏木陽介 ■■■□□ 初めてのクソ記事投稿。
愛媛FC ■■■■□ 3つ目のJクラブ記事。構想自体は執筆3ヶ月前からありました。
チャリティー ■■□□□ 記事の流れにややデコボコ感があったのでとうとう新着記事連続選出止まるかなあ、と思ってたけどそうならなかった。

新規作成(その他の空間)[編集]

UnBooks[編集]

記事名 自己採点 コメント
バカ発見器使用マニュアル ■■■□□ アンブックス処女作はバカ発見器の連動記事。
冒頭文と「故障かな?」の節は、昔自分のHPで某サッカー選手の取説を書いた時のノウハウを転用したもの。
川澄奈穂美取扱説明書 ■■■□□ コンテスト出展記事。「ページを保存」ボタンを押した瞬間「やっちまった感」が体中に溢れたけど、予想に反して割と高評価を頂けた。「どんな人でも笑ってくれる記事を書きたい」という持論があるので、採点者間で点数にほとんど差がなかったのは良かったです。そしてこの取説が実際に注目を浴びる機会(移籍または戦力外通告の発生)はあるんだろか。

UnTunes[編集]

記事名 自己採点 コメント
今夜はブギーバック (nice hair) 採点不能 竹中直人がこれをカバーした時に思いついたネタを思いっきり拡張してみたもの。我ながら中学生レベルの内容。

大幅加筆[編集]

ほぼNTRと見なせるものを記載。

記事名 加筆前の状況 コメント
共同購入型クーポン 内容がやや短い 1行しかなかった「消費者のメリット・デメリット」以降をほとんど加筆。サービスの実態に対する風刺は加筆前の何倍にもなったはず。実ははてブが50件もある。(1/15版に対するものだが)
横浜国際総合競技場 {{NRV}}(ただの説明) 「トレーニング施設」として全面改稿したら新着記事選出まで果たす。写真に対する評判が良いらしい。
UnNews:市橋達也被告控訴——無期懲役に不服 {{ICU/encyclopedic}}→その後NRV級 ICU貼付け時の要約で「市橋ファンクラブを活用してみたら」と書いたら裏目に出てしまったので、責任持って記事後半を改稿。UnNewsだから出来た芸当かなあ。
東京個別指導学院 {{NRV}} IPさんが「卵かけご飯である」という定義文で投稿→当然のごとくNRV→「卵かけご飯」路線で強引にNTRに挑戦して成功。出発点が妄想こじつけでもきっちり整理すれば「ぼくのかんがえたもうそう」からは脱出できるのです。多分。
ステルスマーケティング {{Expansion}} 初版は2012年内に賞味期限が切れる内容だったのでExpansionを自分で貼り付け、しばらく様子を見て改善されなかったのを確認してから強引にNTRしたもの。今の方向性なら5年後でも賞味期限切れにならないはず。