劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカーとは、2009年夏に行われた夏だ一番!ライダー祭り!!のメインとなった劇場用作品である。

オールライダーの名に相応しく一号先輩から総出演するがほぼモブで、活躍するのはほぼもやしとその愉快な仲間たちとなっている。

あと何故かGACKTも出てきて活躍するというカオスすぎる内容であり、同時上映されたシンケンジャーは完全に付録扱いであった。

ストーリー[編集]

流離の無職、門矢士は勝手気ままに光写真館に居候しニート生活を満喫していた。
が、アクシデントで実家に帰ったのを機に有限会社大ショッカーへと就職を果たす。
先輩たちをフルボッコにし「最強のライダー」という肩書きを手にして無事CEOになった士だったが、妹の性処理道具兼執事だった月影のぶひこに裏切られてクビになってしまう。
自暴自棄になって暴れていた所をGACKTにしばかれて目を覚まし「俺をクビにした会社なんか潰してやる!!」と海東や先輩を引き連れお礼参りに。
途中で番宣しにきた私立探偵の手を借りたりJを乗っ取ったりしつつ大ショッカーを壊滅させた士は、再び「通りすがりの無職」になって自分探しの旅に戻るのだった…。

主な登場人物[編集]

光写真館一行[編集]

門矢士/仮面ライダーディケイド
毎度おなじみ世界一の無職。自称カメラマンだが無職。まぁ平成ライダーは無職多いから気にするな。
今回就職したと思ったら追い出され、妹は執事に寝取られ、夏海かんにも蹴り出されるしで散々だがほぼ自業自得。
先輩たちをフルボッコにしまくったのに許されるあたり、一応は主人公補正を持っているらしい。
この作品で初めてアッー!される悦びを知ってしまい、興奮して大きくなった
海東大樹(げいとうほもき)/仮面ライダーディエンド
士のケツを狙い続ける自称怪盗。でもジャーク将軍にはコソ泥呼ばわりだった。
もやしが就職して遊んでくれなくなったので、暇つぶしにショッカー戦闘員のコスプレとかしてたけど即飽きてしまった。その後は鳴滝や夏海かんをからかって遊んでいた。
仕事をクビになってお礼参りに行くもやしと共に大暴れし、念願かなってアッー!することに性交もとい成功。
「僕はシードなんだよ」と言って途中から入ってきた癖に透明化で逃げちゃうオチャメな一面も見せてくれた。
小野寺ユウスケ/仮面ライダークウガ
皆の笑顔を守りきれてるか微妙なクウガ亜種。今回はもやしの帰郷に付き合ってくれたいい人。
のぶひこのせいで急にライジングアルティメットになったり妹に乗っ取られたり散々な目にあう。全部ディケイドのせいだ、おのれディケイド!!
活躍はした。したんだけど…。
光夏海
もやしが居候している写真館の看板娘。必殺技は笑いのツボ。
たぶん今回一番苦労した人。居候は金も出さずにいなくなるしじいちゃんはコスプレに目覚めるし、コソ泥には夏メロンとか言われるし。

有限会社「大ショッカー[編集]

大ショッカーには、人間に味方する正義の怪人もいる(画像矢印)
門矢小夜/大神官ビシュム
もやしのリアル妹。病弱属性。
あっちこっち遊び歩いて帰ってこない兄貴をずっと待っていたが、ついにブチ切れて大神官となってお説教に及んだ。
執事の月影のぶひこで遊ぶのが趣味らしく、ディレクターズカット版では…。
途中でクウガ究極モードを乗っ取ったりもしたが、台詞だけこの子で動きがクウガなのでややキモい。
月影ノブヒコ/シャドームーン
もやしハウスの自称執事。実際は妹の性処理用具にすぎない。
ちょっと寝すぎたのか、大事なホモ達であるはずのてつをの事を綺麗さっぱり忘れていた。Wを見て「黒いライダーだと!?」とビックリしていたし、本当に忘れてしまったらしい。
有限会社大ショッカーを乗っ取るが、番宣でチートモードのWにボコられた上私怨に燃えるもやし&先輩達のオールライダーキックで酷い目にあう。
Wに関しては「絶対に許さないよ」と思っており、後日でたお祭りゲーでもW戦専用の激おこぷんぷん丸なセリフが用意されている。マジで。
光栄次郎/死神博士/イカデビル
夏海かんのおじいちゃん。写真館経営一筋の好々爺、だったはずが歳とって一気にブレイクしてしまった。
コスプレだけならいざしらず「改造人間作りの天才、死神博士!!」とイタい肩書きを名乗って大暴れ、ボケたのかそうでないのかは神のみぞ知る。
あたりめを肴にビールを飲むのが大好き。でも飲みすぎると怪物化する。
お酒って怖い、とみんなに教えてくれる存在。
田中一郎/地獄大使/ガラガランダ
光じいちゃんの後輩。またの名を大杉蓮
じいちゃんに付き合ってコスプレするうちに、自分もハマッてしまい「大ショッカーの偉大なる大幹部、地獄大使」を名乗るようになった。
どんなに忙しくてもウガイは欠かさない、健康志向の中年。
身体が資本、とみんなに教えてくれる存在。

その他の仮面ライダーとその協力者[編集]

鳴滝
もやしのストーカー。
今回「ほら、全部ディケイドの仕業だったじゃないか!!」とドヤ顔がウザい。凄く。
戦闘力ではショッカー戦闘員にも勝てないらしい。
でも次回作以降では大ショッカーやスーパーショッカーに入ってたりもする。
GACKT
日本で最も美しい顔を持つ超絶イケメン。またの名を上杉謙信
ファンが押しかけてくるのを防ぐため、結城丈二という偽名を使っていた。
無職になってガックリきていたもやしをブッ飛ばし、仮面ライダーに戻した功労者。
でも何で一番地味なライダーマンになったのかは不明。
仮面ライダーJ
海東が持ってるポケモン。別名ダイダラボッチ。
キングダークにワンパンでやられ、罰として宇宙一格好悪い最強フォームことディケイド遺影フォームにカメンライドさせされてしまう。
この辱めに耐えるため心を捨て去り、結果としてもやしのアバターになった。
巨大化は最後の切り札だったはずだとか言ってはいけない。
仮面ライダーW
さぁ、お前の罪を数えろ!! 誰だか知らんけど!!
番宣で別の世界からのぶひこをシバきに来た私立探偵。
新番組の視聴率稼ぎのため、人知を超えたチート状態になっており異常に強い。スペックとかそういうのはアレだ、考えるな。
急にきてフルボッコにして急に帰る、という以後のパターンを完成させた人。
シルエットが似ているシャドームーンを目障りに思っているのかもしれない。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

用語[編集]

有限会社大ショッカー
ライダー界の悪の組織が大同団結して生まれた悪の有限会社。
上記のとおりつぶれたが、有限会社は自ら解散・清算の登記をしない限り法的には永久に存続するため消えてはいない。
その後社名を「スーパーショッカー」「大ショッカー(二代目)」「スペースショッカー」と改めて継続していく。
キングダーク
呪博士が乗っているか不明(漫画版では月影が搭乗)な巨大ロボ。
J先輩のかませ犬になるはずが、逆に返り討ちにしてしまい、遺影フォームで爆砕した。
ショッカー戦闘員
日々の雑用から事業拡大までなんでもこなす万能社員。
今回は「ショッカーミサイル」という無茶な技も編み出した。合言葉は「イーッ!!」

残したもの[編集]

本作は確かに、映画としてはマジカオスでありリイマジネーションとしても滅茶苦茶だとよく言われてしまう。が、それはこの際問題ではない。

本作は「特に理由もなくいろんな世界のいろんな人たちが雑多に出ても構わない」という価値観を完成させるためのものだからである。実際その後のシリーズでは、何の脈絡もなくメタルヒーローやスーパー戦隊が助っ人にくるようになり、作る側も「何やってもいいんだ、全部ディケイドのせいだ!!」と鳴滝化して自由奔放に作成するようになった。

言うなれば「区切られた特撮の世界」を破壊したわけである。

関連項目[編集]


崩壊753.jpg 待て!貴様が今見ているこの項目『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目だ。それが分かったら、その命、神に返せ! ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)