加藤シゲアキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
加藤シゲアキ
KATOKINEI.jpeg
加藤 シゲアキ(Shigeaki KATO)
基本資料
本名 加藤 成亮 (読み同じ) 
通り名 シゲ,シゲちゃん,先生,ジョイフル野郎 
生没年 1987年昭和62年)7月11日
身体情報 身長175cm,体重60kg 
職業 アイドル小説家 
好物 釣り 
嫌物 あんこ 
出身地 次のいずれか:広島県大阪府豊中市神奈川県横浜市 
出没場所 本屋 
所属 NEWS
じゃない」
NEWS について、加藤シゲアキ
「あ゛ぁん?」
加藤シゲアキ「 じゃない」 について、数学者
「ない! メンバー最高!!」
メンバーの悪い所 について、加藤シゲアキ
「1人でも僕を応援してくれる人がいれば、僕はその人の為に、NEWSの加藤成亮を続けていきます」
自身 について、加藤シゲアキ
「大好きな人を守る為なら、どんな相手だって喧嘩する覚悟ができてるよ。それが悪なら、俺は最悪でいい」
自身 について、加藤シゲアキ
未来とは、見るものではなく、創るものだ」
未来 について、加藤シゲアキ
「やだよも〜う、ちゃんとしてよ!」
小山素直なコメント について、加藤シゲアキ
「ただいま東京ドーム!」
東京ドーム について、加藤シゲアキ(幸福魂)
「今日はNEWSの10周年の記念日、俺らと皆の記念日だぜ!」
パーナ について、加藤シゲアキ(幸福魂)
「ここに来ちゃったってことは、皆NEWSのこと好きなんだよね? 愛してるんだよね?」
パーナ について、加藤シゲアキ(幸福魂)
「馬鹿野郎、俺の方が愛してるよ!」
上の問に肯定するパーナ について、加藤シゲアキ(幸福魂)
「未来シアターは終わっても、革新者の歴史は終わらない。次の革新者はあなた達です」
未来の革新者 について、加藤シゲアキ
「貴様が世界だ」
世界(FANTASTICS from EXILE TRIBE) について、加藤シゲアキ
「フランス映画のようなシュールさ」
変ラボ「運動音痴でも一位はとれるのか?」でずりパン競争に参加する前に並べられた便器 について、加藤シゲアキ
「アイドルとは、つまり、スパークリング・ウォーター。」
二度目の24時間テレビ について、加藤シゲアキ

加藤 シゲアキ(加藤 成亮(漢字表記)、かとう しげあき、1987年7月11日 - )とは、ジャニーズにおける正真正銘の革新者である。

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・NEWSのメンバーであり、メンバーカラーは

この項では、正式名称を述べる方が自然である場合を除き、文中で「NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome」「NEWSファン」と表記するべき部分を「幸福魂」「パーナ」と略記する。

基本情報[編集]

苦手なものの1つ

愛称[編集]

シゲアキ先生は時を止める術を心得ていらっしゃる

メンバーにはほとんど確実に「シゲ」と呼ばれる.

  • シゲ:コヤシゲの下の句
  • シゲちゃん:プライベートで小山と会うときは、彼にこう呼ばれていると思われる。加藤のソロ曲「Dreamcatcher」にも出て来る
  • (シゲアキ)先生:「小説家」の意味合いが強い。略して「先生」ともいわれる。ただし彼自身はあまり先生とは呼ばれたくないらしい
  • ガリ勉:頭が良いというのが由来だと考えられるが、陰気な感じがするのは否めない
  • ナリフィス:名付け親は大学時代の友人
  • シゲじい:彼は56歳32歳とまだまだ若いが年寄り臭い為、愛称内に斯くもストレートにジジイの片鱗が垣間見える。またこの模様は“NEWS”ライブツアーの特典で見られる。
  • ウメアキ:「を漬けている加藤シゲアキ」の略
  • ジョイフル野郎:NEWS のページの「§. 特色ある曲たち」の Strawberry のところを参照

「シゲ」か「シゲアキ先生」が主流である。なお後者につき、シゲアキ先生は次のように仰っている。

「先生は投げキッスなんかしないでしょ!」
ライブでの「先生投げキッスして」と書かれた団扇 について、シゲアキ先生

名前の表記[編集]

元々は「加藤成亮」と表記していたが、山下・錦戸の脱退後にカタカナ表記に変更した。「成亮」は結構難読である為、読み間違えを回避する目的もあったのだろう。なお、本名は当然漢字表記である為、彼の運転免許証には「加藤成亮」と書いてある(はず)。また、小説家デビューは「加藤シゲアキ」の名の下に行った。

出身地[編集]

公式サイトには大阪出身とあるが、生まれは広島である。また、幼少時に広島→大阪→横浜と2度に亘り引っ越している為、実質横浜育ちともいえる。故に出身地を出生地と見れば広島、育った場所と見れば大阪または横浜となる。彼の出身地を広島・大阪・横浜のどれとするかは意見が分かれる所である。

人物[編集]

容姿[編集]

実現不能発言

見ても分かるようにイケメンである.なお筆者はそもそもNEWS自体がイケメンの集団だと思うのだが,ここでは加藤について取り上げることにする.

この世には人の顔の整い具合を100点満点で評価するという大変愚かな機械があるのだが,これに彼を判定させるとそれはもう高い数値が弾き出されると思われる.参考までにこの機械によるとSexy Zone佐藤勝利は94点,バイきんぐの小峠は9点である.

イケメン過ぎるせいでカッコ悪くなるということが起きない.その辺の男がやれば大層カッコ悪い真似も彼がやれば画になってしまうのである.例えば彼は運動神経があまり良くないのだが,球を捕り損ねるような通常カッコ悪いとされるミスも彼がするとカッコ悪く見えないのである.これはやはりイケメンが得であることを暗に証明する事象といえる.従って右の発言を実現するのは彼には不可能である.

性格[編集]

ナルシスト人見知り[編集]

ナルシストであるようだが、その度合はピンからキリまで多種多様な意見があり、一定していない。山下は「救いようのないナルシスト」と評しているが、その多くはプライベートでの話に起因する為、彼らNEWSと密接な付き合いのない大多数の一般人には知る由もない。ナルシストといわれると、常に鏡を見ているなどのいわゆる誰もが引いてしまう習慣を連想しがちだが、彼はそこまで酷いナルシストではないと思われる。

メディアでの発言から察するに、いわゆる能天気なナルシストではなく、自意識を拗らせたネガティブなナルシスト。「NEWSのファンです」と言われても、怖くて特にどのメンバーのファンかは訊けない。「どうせ自分のファンではないだろう。しかし実際に誰のファンか訊いて自分じゃなかったら、分かっていても傷つく」という心理らしい。複雑。 その自意識過剰さのせいか、人見知りも酷い。2013年には「人見知りの彼が頑張ってピザ屋にデリバリーの電話をする」というだけの企画が小山のラジオで行われた。具体的なエピソードとして、

  • ショップで店員に話し掛けることができない
  • ジムでトレーナーに器具の使い方が訊けない
  • 同じ事務所の人間が多く集まるカウントダウンライブの楽屋では、話し掛けられるのが怖くてずっと本を読んでいる
  • 相手が10歳以下の子供であっても、向こうからのアプローチがないと話し掛けられない
  • 出前の電話が掛けられない
  • 頑張って掛けても、料理を受け取る際に配達員と会いたくない

などが本人、メンバーの口から披露されている。

彼の人見知りについて、親友は「それが彼っぽい」と語る。

涙脆い[編集]

根暗だが熱血。普段から泣く可能性が高い為、泣き上戸であることが分かる。加えて他メンバーが迂闊にもいい話熱い話をバンバン話す為、それを聴いた彼は心を打たれ号泣してしまう。彼があまりに泣くので、他メンバーまで釣られて泣くこともある。自分のみならず他者まで巻き込んで泣かすというタマネギのような男なのである。NEWSの中で涙の排出量が最も多いのは間違いなく彼である。特に2012年のツアー中は、泣きすぎて涙腺がバカになったという。

また、小山と加藤は互いの感情の変化を察知することがある。この能力を用いて、小山が凹んでいたときに彼に電話し、「凹んでるんだろ? ウチへ来いよ」などとまるで彼女を家へ呼ぶような口調で小山が凹んでいたことを言い当てた。なお、加藤の家で酒を呑みながら2人で話した結果、凹んでいた小山より先に加藤が泣くというミイラ取りがミイラな状態になったという。

なお、酒が入ると小山もよく泣く。

頭脳派[編集]

まず青山学院大学法学部卒の高学歴なので、普通に頭が良い。知識も豊富で、ジャニーズ初の小説家デビューまでしている。

また先輩に対しても、不用意な発言をして波風を立てるなど馬鹿な真似はせず、模範的な対応をし、渡世が上手いことが分かる。これらのことから、多方面に頭の回転が良いことが分かる。

ただし大学入学時、「この大学にNEWSの人がいるらしいけど知ってる?」とクラスメイトに訊かれ、気まずい思いをしている。しかも2回も。

小説家としての活動[編集]

前節で述べたように「ジャニーズ初の小説家」であり、この意味で「革新者」だがどういう訳か革新者という認識は意外とない。「加藤シゲアキ=小説家」という等式が自然に成り立つ証拠ともいえるのだが、「ジャニーズ初の」まで含めて定着して欲しい所である。

2019年9月現在、書籍化されている彼の作品は次である(日付は発売日)。このページでボロクソに書いているのだから、著書の宣伝くらいしなくては申し訳ない。

  • 『ピンクとグレー』 2012.1.28
  • 『閃光スクランブル』 2013.3.1
  • 『Burn.-バーン-』 2014.3.24
  • 『傘をもたない蟻たちは』 2015.6.1
  • 『チュベローズで待ってる Age 22, 32』 2017.12.12

なお彼自身は「年に1冊ずつ出す」と言っていたが,2016年には出していない。これは24時間テレビなどで忙しかった為であると推測されている。しかし2017年に同時に2冊(Age 22 と Age 32)出版したので,2年かけて2冊書いたと思えばノープロブレムである。

なお,彼の著作には普段の彼からは想像のしようもないようなエロい描写が書かれていることがある。また何故かタバコに関する描写が妙にリアルである。

メンバーの反応

彼の処女作である『ピンクとグレー』が映画化されることが決定している。監督は行定勲、主演は加藤の後輩・Hey!Say!JUMP 中島裕翔であり、2016年に公開される予定。加藤は「行定監督の作品は好きでよく観ていたので、自分の世界観が行定監督の手で表現されるのはとても光栄で、心から楽しみです」と述べている。また主演の中島について、「中島くんならできると信じています」とも言っている。

趣味・嗜好[編集]

趣味としては、写真釣りのような一般的なものから、あまり実用的でない浮世絵まで、波平並に幅広く手を出している。なお、釣りのし過ぎで肌が日焼けし、ドラマ撮影に支障を来すとして事務所から釣り禁止令を発令されたことで有名な大野とも交流がある。過去には大野と共に24時間釣りなる娯楽の域を出たとんでもない行為を決行し、疲労と先輩への気遣いで途中から記憶を失うという洒落にならない症状を起こしている。因みに疑似餌を見ると「チョー可愛い!」を女子高生並みに連発する。そして魚が釣れるとはしゃぐ。

2010年からはとうとう自宅で梅干を漬け始めた。当初増田からは「タレントとしてどうなの?」と思われていた。最近では慣れてファンやメンバー間では普通のことのようになっているが、やはり若い男性が梅干を漬けているのは珍しい。

金魚を飼っていて、名前は「デニー」と「シャー」。名付け親は小山。因みに実家で飼っている犬はKis-My-Ft2の横尾の家で生まれたダックスフントである。

関ジャニ∞の丸山と新世紀エヴァンゲリオントークを通じて仲良くなったり魔法少女まどか☆マギカにはまったりと、サブカル方面にも明るい様子。しかし某インスタントメッセンジャーアプリで魔法少女まどか☆マギカのスタンプを買うのには抵抗がある。

パンストの厚さに拘りがあり、「40デニールが最も興奮する」などと全くキャラにないことを言い、ファンを騒然とさせた。金魚の名前(上述の「デニー」)をパンストの厚さの指標である「デニール」から取っている為、拘りは予想以上に強いと考えられる。

イジられキャラ[編集]

各グループに1人は居るイジられキャラであるが、NEWSでは彼がその座に就いている。なお、グループ外の者からもイジられる手越と違い、加藤は内輪でイジられている。ただし彼の他に、極度の天然(小山)・極度の虫嫌い(増田)・アイドルの権化(手越)がいるので、端的にいえば全員イジられキャラである。ライブではほぼ毎回イジられるが、彼自身が発端であることも多い。楽屋でも、たこ焼き9個を口の中に詰め込まれた後、カウントダウンと共に全て飲み込むよう強要されるなどの目に遭っているのがDVDで確認できる。が、最近はそこまででもない様子。

また、「年寄り臭い」とイジられることがあり、「シゲじい」などと呼ばれるほどである。まあ、梅干を漬けていればそのようなイジられ方をされても仕方あるまい。増田からは「56歳」とイジられている。

メンバーからの要請[編集]

手元の緩さ朝のテンションの低さの改善をメンバーから要請されている。まず手元の緩さに関しては、

  • ライブでマイクを飛ばして破損
  • 「KAGUYA」で使用する番傘を10回ほど壊す

などが理由になっている。この2つから、彼はやや不器用であることが推測される。小山は前者について「歌手がマイク放すってどういう感覚なの?」と述べている。

朝のテンションの低さに関しては、メンバーの「(加藤が)楽屋にいないと思っていたら実はいた」という主張から分かるように、声をあまり出さないということが考えられる。楽屋に入るときにメンバーに声を掛けない為に気付かれないということだ。解決策の1つに「名前を呼んで挨拶」というルールを設定することが提案されたが、加藤は照れ臭さからか即座に却下している。他の解決策として、手越から運動を推奨されている。曰く「運動を沢山すれば朝一からギアを入れ易くなる」という理論によるものであり、彼自身も実行しており「寝ているとき以外ずっと元気」であると言っている。

声質[編集]

声が低く、更に一部の曲では声が嗄れているように聴こえる。増田がその声を誇張した物真似をし、加藤が「おい!」とツッコむのは最早鉄板。

また早口であり、話している内に徐々に加速するという謎の特性がある。初めは彼の話を聞いていたメンバーが終いには誰1人聞いていないことからも、終端速度の高さの異常さが明らかだろう。酒が入っているときは初速度から既に高い。

NEWSの曲では、小山・増田・手越が比較的高音を出す為、彼の低音の声が美しいコントラストを成す。

シゲア菌[編集]

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
シゲア菌放出中の姿を捉えた貴重な資料

シゲア菌 () なる病原菌を放出していることで知られる。これに感染すると、 の確率で彼に惹かれて離れられなくなる。「シゲア菌」は菌の名称であるが、病名扱いされることが多く、感染者は「シゲア菌患者」といわれる。治療法が存在しない為、1度罹ると基本的に治らない。

この菌は空気感染はしないが、彼に関する映像・楽曲・話などによって彼に惹かれることで発症する。経路はメディアに留まらず、友人にライブDVDを観せられたり、曲を聴かせられたりしても同様である。この為、たとえ彼が目の前にいたとしても、惹かれさえしなければ感染しない。しかし彼を目の前にしても感染しないことは、この病気を治す以上に難しいとされる。

感染率は極めて高く、インフルエンザノロウイルスの比ではない。上に挙げた経路で彼に惹かれると、あれよあれよという間にシゲア菌に感染する。家族や友人にシゲア菌患者がいる場合は、ただでさえ高い感染率が青天井になり、遅かれ早かれ感染する。

感染率 は次の式で算出できる: ここで はこれまでに彼の曲を聴いた回数, はこれまでに彼の映像を観た回数, はこれまでに彼に関する話を聞いた回数, は彼の年齢, のうち大きくない方を表す.例えば のとき, なので である.一般に曲を聴いた回数と映像を観た回数と話を聞いた回数の積が彼の年齢を超えると100%発症することが知られている.

「シゲア菌」に感染して起こる症状は、「加藤シゲアキのファンになってしまう」ことの唯1つである。一般に時間経過に比例して症状が強くなり、「加藤シゲアキ中毒」の状態になる。なお、同様に「小山慶一郎中毒」「増田貴久中毒」「手越祐也中毒」も存在するはずだが、何故か「シゲア菌」以外は特に名称が付いていない。

シャ乱プー事件[編集]

1番右と1番左がこの事件の当事者である.

シャ乱プー事件 () の名で知られる加藤増田ハチミツ事件 () とは, 2019年に行われた WORLDISTA のツアー中に加藤と増田が起こした事件である.事件中の増田の発言からシゲいたの?事件とも呼ばれる.

事件の概要[編集]

増田は楽屋で休憩中に,ハチミツを舐めながらシャ乱Qの曲「いいわけ」を大声で歌っていた.一方加藤は,WORLDISTA のパーカーを着てフードを被り,楽屋のソファで目をつぶっていた (寝ていたわけではない).これらの行為は実は同じ楽屋で行われ,両者は丁度部屋の対角線上に位置していた.しかし加藤が寝ていたソファが柔らかく,加藤がソファに埋まった状態でいた為,増田は加藤の存在に気づいていなかった (加藤は増田がいることも歌っていることも分かっていた).

上記の設定の下で加藤が身体を起こしたときにシャ乱プー事件は発生した.増田は加藤の存在に気づいていなかった為,身体を起こしただけの加藤に対して青天の霹靂のような顔をして「シゲいたの?」と呼びかけた.加藤は何故増田が驚いているのか全く分からず,増田の顔をガン見していると,増田は加藤に「シゲもハチミツ食べる?」と返した.この話は後にライブの MC で話され, 会場の爆笑を誘った.

これがシャ乱プー事件と呼ばれる所以は,もちろんシャ乱Qの曲を歌っていたことと,ハチミツを食べている姿がくまのプーさんに重なる為である.プーチンとは関係ないので注意するように.

事件後[編集]

  • 「シゲいたの?」に対して,シゲは「いたよ! 30分前からいたよ!」と語っている.
  • 好評配信中の恋愛ゲーム「NEWS に恋して」にハチミツを持った増田のイラストがあればいいな,と小山が言った為,そのようなイラストが出現したら皆さん慶ちゃんに感謝しましょう.

その他[編集]

この件に関して,「加藤の影が薄いことが原因である」などと思った者は重罪にあたるので注意しよう.

ソロ曲一覧[編集]

括弧内は収録アルバムまたはシングルを表す.

  • HAPPY MUSIC (NEWS BEST)
  • カカオ (同上)
  • シャララタンバリン (同上)
  • ヴァンパイアはかく語りき (チャンカパーナ)
  • Dreamcatcher (NEWS)
  • ESCORT (White)
  • 星の王子さま (QUARTETTO)
  • あやめ (NEVERLAND)
  • 氷温 (EPCOTIA)
  • 世界 (WORLDISTA)

出演[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

  • 冒頭にあるように「」という数式を考案しており、NEWSファンにとってはと並ぶ重要な数式である。「」はNEWSのメンバーの人数に関係があるといわれている。小説家を副業とするだけあって、簡潔かつ深い意味がある表現を作り出すのに長けているといえる。
  • 「(∵)」という記号で加藤が表現されることが(特にファンの間で)見受けられる。「∵」は数学をやっている人間には馴染み深い、根拠を表す記号であり「なぜならば」と読む。しかし真に特筆すべきは彼が専攻した法学においても同じ意味で使われる記号であるという点である。最初に用いた人物がここまで計算していたのなら凄い。
新宿2丁目潜入時
  • 幸か不幸か、オネエにはモテない。このことは、彼が新宿2丁目へ潜入したことで明らかになった。オネエの方は「可愛いから」モテないのだと分析している。一方で、「(彼は)絶対ドS」であるとも言っている。
「悪い気はしないです」
「可愛い」との意見 について、加藤シゲアキ
「やべぇ見抜かれるのか…」
「絶対ドS」との意見 について、加藤シゲアキ

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「加藤シゲアキ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「加藤シゲアキ」の項目を執筆してくれています。


Hito.png この項目「加藤シゲアキ」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)