動物虐待

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

動物虐待(どうぶつぎゃくたい)は、動物を不適切に扱う行為である。

この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「動物虐待」の項目を執筆しています。

概要[編集]

動物虐待では、動物に対して、その本能にそぐわない形で扱う行為である。これらの行為では動物の主体性を侵害し、健康で文化的な生活を妨害している…と主張する者もいる。警察に捕まる犯罪行為に類される行為もある。とある山寺で僧侶がネコを紙袋に押し込んで、鞠代わりに蹴り飛ばすといった行為が大昔はあったらしい。

種類[編集]

以下のような種類に分けられる。

良い動物虐待[編集]

汚い仔猫を見つけたので虐待することにした。
他人の目に触れるとまずいので家に連れ帰る事にする。
嫌がる猫を風呂場に連れ込みお湯攻め。
充分お湯をかけた後は薬品を体中に塗りたくりゴシゴシする。
薬品で体中が汚染された事を確認し、再びお湯攻め。
お湯攻めの後は布でゴシゴシと体をこする。
風呂場での攻めの後は、全身にくまなく熱風をかける。

その後に、乾燥した不味そうな塊を食わせる事にする。
そして俺はとてもじゃないが飲めない白い飲み物を買ってきて飲ませる。
もちろん、温めた後にわざと冷やしてぬるくなったものをだ。

その後は棒の先端に無数の針状の突起が付いた物体を左右に振り回して
猫の闘争本能を著しく刺激させ、体力を消耗させる。
ぐったりとした猫をダンボールの中にタオルをしいただけの質素な入れ物に放り込み
寝るまで監視した後に就寝。
by名無しコピペ

悪い動物虐待[編集]

普通の動物虐待[編集]

  • 自分のペットに餌を与えない
  • 自分のペットじゃない動物に餌を与える
  • 自分をペットに餌として与える
    • しかも自分は肥満だったりする
    • きちんと調理してない自分を与える
    • 濃い味付けで調理した自分を与える
    • 焼き過ぎて焦げてる自分を与える
  • 飽きた・手におえないからといって動物を捨てる
  • その前に飼い主自身が人生を捨てている

関連項目[編集]