募金活動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「募金活動」は何故か「募金」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

募金活動(ぼきんかつどう)とは、お小遣いを稼ぐ方法の一種である。

概要[編集]

漢字を訳すと「金を募る」であり、その名の通り見知らぬ人からお金を貰うというお小遣いの稼ぎ方である。この方法は、たまに道端に鈴みたいなものを鳴らして立っているお坊さんっぽい人を元に考え出された。それと同時にどうすれば道行く人の心を掴むことが出来るか、研究が進められている。

一見、立っていればいいだけで楽そうに見えるが、実際は炎天下の中立ち続けたり声を張り上げたりしなければならないので、エクストリームスポーツにも劣らない程の過酷なものである。

方法[編集]

  1. とりあえずお金を入れる箱を持って、駅付近など人通りの多いところに立つ。
  2. 大声で金を要求する。「岩手・宮城内陸地震の災害義援金寄付にご協力お願いします!」、「私たちは四川の人々を救いたいんです!」等、それっぽいことを言うとかなり効果的である。
  3. 同時に、それっぽい団体名を名乗ることも忘れてはならない。「みくるちゃんを救う会」とかそんなのがいいだろう。
  4. お金が集まったら撤収。みんなで山分け。

効率よく稼ぐ方法[編集]

  • よりそれっぽい名前を名乗る。「日本ボランティア緊急支援クループ」とかそんな感じに。
  • 通行人に根気よく声をかける。金が欲しいなら積極性も必要である。
  • ついでに名前の名簿への記入を求める。署名を真面目にやっているということで好感度アップ。
  • 声を大きく恥ずかしがらずに。どれだけ偽善者いい人を装うことができるかが収入に大きく関係します。
  • 十円入れてくれた人には小声で「ありがとうございます」と言って千円入れてくれた人には大きな声で「ありがとうございます!!」と言う。
  • こどもと一緒にやると同情心でお金を入れてくれる人がいます。主におばちゃん
    • 子どもの場合、男の子よりも女の子がやった方がお金を入れてくれる。特におっさん
  • ただし大阪のおばちゃんは非常にケチなので大阪での募金活動はあまり儲からない。大阪付近は避けたほうが良い。

注意点[編集]

このように簡単にお金を手に入れることができるが、最近ではその手軽さゆえにゆとりを初め多くの人が行っており、モラルの低下が叫ばれている。この方法でお金を手に入れたのならば、その一部を人道的な何かに使う(地震被災地に金を送ったりアフリカに予防接種の薬を送ったり)のが古来からのマナーである。ただ突っ立って声を張り上げていただけでお金をもらえるのは筋に合っていないことぐらい、猿でもわかることである。だから困っている人たちにわけてあげましょう。ただし自分たちも借金などで困っていたら全部貰ってもいいかもしれません。ですがせめてコンビニに行って1円くらいは募金箱に入れましょう。

葉書などによる募金活動[編集]

外で立っているのが面倒という場合には、口座番号とそれっぽい団体名を記述した封筒を各家庭に送りつけるという方法がある。この方法ならば銀行に行く以外には外に出なくてよい。ただし、葉書代や印刷代がかかる上にどれだけ集まるかは文の内容にかかっている。アンサイクロペディアンの大半は文を書くことに慣れているがアンディクショナリー利用者は慣れていないので、少し難しいかもしれない。

インターネットによる募金活動[編集]

最近ではインターネットの普及に伴い、これを使った募金活動も現れている。やはりそれっぽい団体名を名乗り、口座番号を載せるという方法である。パソコン関係に精通したオタクNEETにはうってつけの方法である。なお、クリック募金という画期的な募金もある。全く自腹を切らずに一日一善をなすことができるとして人気を集めているが、本当に慈善活動をしているのはクリック募金に参加している企業である。

関連項目[編集]


Money wash 01.jpg この募金活動団体「募金活動」は、当の本人こそ声を張り上げて頑張っているものの今はまだ一円玉の山です。 もっと募金して下さる善意ある人を求めています。さぁ、これを見てるあなたも、恥ずかしがらずに募金しよう! (Portal:スタブ)