勿論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
勿論これはやばい状況である。

勿論(もちろん)とは、勿論、勿論の事であり、勿論、モロチンと書き間違えてはいけない。勿論性的な意味になってしまう。また、勿論、勿論というのは、勿論ということであり、勿論なのである。勿論日本人はこの言葉を愛し続けている。

概要[編集]

勿論は、勿論モロチン星から伝わってきた言葉で、勿論漢字は日本で考えられたのである。勿論の話だが、勿論を使いすぎると、他人をいらだたせる言う事がある。まあ、これは勿論の話とでも言っておこう。勿論を使う例はいろいろある。なので勿論使う時もいろいろ勿論あるが、勿論流行語大賞にはならない。また、これらは全て勿論の事であり、勿論覚えておかなければ、勿論やばいので、勿論きちんと覚えようとしたりしよう。勿論覚えなくてもいいが、勿論これらが知らなければ勿論いじめとかにあっても勿論知らない。

歴史[編集]

概要の最初に、勿論、勿論は、勿論モロチン星から来たと書いたが、勿論モロチン星と日本は勿論仲のいいであり、勿論言葉が伝わってきたのも勿論このおかげである。勿論この言葉は、勿論紀元前1000年に生まれた事は勿論である。勿論、勿論を作った人は、勿論モロチン星のモロチン大王であり、なぜ「もちろん」と言う言葉にしたのかは、勿論理由は「勿論の発音をどうしようか考えてる途中、餅を食べながら討論してた事」と言われている。まぁ、これは勿論の話であり、勿論誰でも知っているだろう。

モロチン星[編集]

ここでも勿論の話をしていこう。

勿論、モロチン星は、勿論勿論を作った国として日本では有名だが、勿論モロチン星は、勿論と言う言葉しか作ったことがないので、勿論以外の言葉を発明しようとしている。だが、勿論以外の言葉が見つからないため、勿論迷っているのである。勿論大変なのである。が、それは勿論の話。これは勿論の話だが、最近勿論モロチン星住民(勿論、モロチン人)は、勿論、モロチンではない。また、モロチン星の住民は、勿論日本ごで喋るのである(勿論の話だが…)。モロチン星では、漢字は使用されないため、勿論「カタカナ」が使用される。勿論、モロチン星でよく言われる言葉は、「勿論」であり、モロチン星でも流行語大賞にはならない、なぜかはわからないが、実際にモロチン星の住民に聞くと、「勿論」と答えられた。勿論結果は「勿論」と言うことがわかった。勿論ね。

勿論と当たり前[編集]

勿論、勿論に似た言葉は「当たり前」であり、勿論此方の言葉は日本人が考えた。「当たり前」は、「和風勿論」とも言われたりするのは勿論の話である。勿論、当たり前と勿論は多分ちょっと違う。だが、勿論まだ「当たり前」と「勿論」の違いを解明した科学者はいないため、勿論気になるのである。勿論科学者は、「勿論」と言う言葉でこの問題をかたずけ、この謎は勿論証明されないであろう。

関連項目[編集]